ひもろぎ逍遥

lunabura.exblog.jp ブログトップ

ひめちゃご38 朝日山宮地嶽神社



ひめちゃご38

朝日山宮地嶽神社
 




さて、昨日は天気に恵まれて、冬至に近い太陽の位置を感じながら、
東から西へと動いて行った。

今日は、その時訪れた朝日山の宮地嶽神社について書いておこう。
「ひめちゃご36」の続きだ。


12月8日。11時頃、鳥栖市の朝日山に着いた。
中腹までは車で登ることができる。
駐車場があり、公園化されているが、そこから先は徒歩だ。







c0222861_23551315.jpg

長い石段をいくつも上っていくと、山頂に出る。







すぐに社殿が目に飛び込んできた。








c0222861_23553669.jpg

その前に立つと太陽が背中にあった。

つまり、宮地嶽神社は南面していたのだ。
すなわち、参拝者は北に向かって祈ることになる。
そのはるか向こうに宮地嶽神社の総本山が控えていた。


「宮地の星」が北極星を指すなら、
日が暮れても安曇の氏人(うじびと)は北極星を見つければ
その長の居城が分かることになる。

朝日山と宮地岳には祈りのレイラインが存在した。









ここからは唐津も筑後も、宝満も、また嘉穂アルプスも見渡せる。




c0222861_235682.jpg


この日もPM2.5のガスが掛かっているが、
ぼんやりと嘉穂アルプスの稜線が見えた。

夏至の日にはそこから太陽が昇るのだ。ワクワクしてくる。

地名と山の名が分かると、自由になった思いがした。
自分が何を見ているのかが分かるのは新しい体験だった。

さて、この朝日山にこだわるのは思いがけない伝承があるからだ。


「筑後國御原郡東郷山隈原」というブログに、
「花立山と朝日山」という記事があった。
http://blog.goo.ne.jp/garyu704/e/de6448ebe0932c1f60f6997a23a4a806


「朝日山」の名称の由来について、思いがけない話が書かれていた。
磐井の君に関する話だった。

<「昔、筑紫何某、此山に城郭を構へ、軍をしけるに、敵寄せ来る度毎に、
朝日の光に湧出して、此山眩しく見えければ、敵怖れてかかる事なし。
古は丸山と伝ひしを、夫れより朝日の城山と云ひ伝る也。」と、
江戸時代に書かれた『肥前古跡縁起』にある。>

この「筑紫何某」について「筑紫氏」説があるが、別説に
この戦いは磐井の乱の時で、「筑紫何某」は筑紫火君で、
すなわち葛子あるいは近親者である、という説があることが紹介されていた。

この説に従えば、朝日山に磐井の一族は城を構えたが、
攻めてくる敵は朝日に輝く山に恐れをなしたというのだ。


つまり、敵は西から攻め込んだことになる。
敵とは、大伴金村軍あるいは物部麁鹿火軍となる。


金村に頭を押さえつけられている麁鹿火の軍勢が中心で戦うのだが、
ここは佐賀。西には大伴氏の拠点があった。

その敵を迎え撃つ山に宮地嶽神社が奉斎されているのだ。
磐井の一族は宮地嶽神社の祭神を仰いだことになる。

今の所、祭神の具体的名前が分からないのが残念だ。

ところが、このブログ記事には

<宮地嶽神社に合祀される勝村大神と勝頼大神は、
筑紫君磐井の死後、筑紫君を継承した筑紫君葛子の一族、または末裔とする説があり、
筑紫君葛子については、筑紫火君と同一人物、または近親者とする説がある。>

と書かれていた。

勝村・勝頼の二神が葛子の子だという話は宮地嶽神社だけでしか採取できておらず、
まさか佐賀で傍証を得られるとは思ってもいなかった。

祭神に関しては磐井の時代なら「神功皇后と阿倍高麿・助麿」の可能性が高い。
あるいは「阿倍丞相・阿倍高麿・助麿」も有りだ。

高麿・助麿は神功皇后と仲哀天皇を守って戦死した。

合祀された勝村・勝頼は磐井の孫に当たるので、
当然ながら磐井の時代には祀られないのだ。


近くの地名に「安良」「安楽寺」という、安曇族を思わせる地名もあり。
筑紫君―安曇族―宮地嶽神社の可能性を裏付けるものとなった。

このような独立峰が戦いの時にどうして重要なのか。
考えれば烽火(のろし)という通信網の争奪戦であったかとも思われた。
それは226事件に通じるものがある。

朝日山で烽火を上げれば宝満―宮地岳へと瞬時に情報が届く。
そんな話を現地でしていたら、やはり非公開でも同様なコメントが入った。

先述のブログにも
<古代、山頂に烽台と城塞が築かれていたという記録が『肥前国風土記』にあり、
山麓にはいくつかの古墳がある。>

あいにく『肥前国風土記』から烽台の記事は見つけられなかった。
どこかに記述があるのだろう。

朝日山の西に物部神社が、
また東には福童神社(火明尊=ニギハヤヒ)があるということは、
安曇族は物部氏に東西を挟まれていたことになる。
友好的な時代には理想的な配置でも、戦いとなると不利な配置になる。

そして、
筑後国造からは、さらに真南に宮地嶽神社があるとコメントが入った。
それは十連寺という古墳の上に鎮座するという。

展望台があるということなので、そこも烽火の通信網の一つだったのか、
現地の様子を確認したいものだ。



神社を祭ることができるのはその氏族だけだ。
宮地嶽神社の子午線(南北ライン)は安曇のこだわりの祭祀が並んでいることになる。






いつもポチっと応援ありがとう。
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村
c0222861_15184581.gif


[PR]
# by lunabura | 2016-12-09 23:58 | ひめちゃご | Trackback | Comments(0)

ひめちゃご37 ヒメコソ三社参り



ひめちゃご37

ヒメコソ三社参り
 



今日はヒメコソ神を祀る三社に参拝した。
ウメとタケが同行してくれた。

エリアは小郡市から鳥栖市、みやき町にかけて。

特に鳥栖市とみやき町には同じ地名「姫方」があるが、
それは物部とイチキシマ姫祭祀によるものと考えられた。

二つの姫方を結ぶ夏至日の出冬至日没ラインを柱にして東から西へと回った。

この行程の計画をしているうちに、
朝日山がそのラインに乗っていることが分かったのだ。

今日は写真整理をしているが、なんと10か所も回っていた。


本日は備忘録として、リストを書いておきたい。

1 媛社神社 小郡市
2 福童神社 小郡市
3 大中臣神社 小郡市
4 姫古曽神社 鳥栖市 姫方
5 朝日山宮地嶽神社 鳥栖市
6 千栗神社 三養基郡 
7 物部神社 三養基郡
8 若宮八幡神社 三養基郡 中原
9 北浦天神 三養基郡
10 雌塚 三養基郡 姫方

このうち、ヒメコソ神三社とは次の三社を指す。

1 媛社神社 小郡市
4 姫古曽神社 鳥栖市 姫方
8 若宮八幡神社 三養基郡 中原

9時から3時ごろまで、ゆっくりと昼食を取ったので実質5時間の行程だった。
皆さんの参拝の参考までに。







c0222861_23125032.jpg

4 姫古曽神社にて







                     <2016年12月8日>



いつもポチっと応援ありがとう。
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村
c0222861_15184581.gif


[PR]
# by lunabura | 2016-12-08 23:16 | ひめちゃご | Trackback | Comments(3)

ひめちゃご36 朝日山の宮地嶽神社の北に福津の宮地岳があった



ひめちゃご36

朝日山の宮地嶽神社の北に

福津の宮地岳があった
 


朝日山を挟む市杵島姫祭祀が夏至ラインと冬至ラインに重なるので慌てたが、
よく考えると、
夏至の日の出と冬至の日没が同じライン上に存在することは、
すぐ近くの吉野ヶ里遺跡の資料で学んだことがある。



c0222861_21112263.jpg





すぐ近くに平行してヒメコソラインが存在するということは、
別の祭祀集団が棲み分けをしていたのだろう。

そして、姫古曽神社から冬至の日没が見られるという朝日山には
宮地嶽神社が鎮座する。

チェリーに確認すると、
なんと、朝日山の宮地嶽神社は福津市の宮地岳の真南に鎮座することが分かった。




c0222861_22454199.jpg


言い換えると、朝日山から北を見ると、
遥か46キロに宮地嶽神社が仰ぎ見られるというのだ。
もちろん、目視はできない。


「宮地の星」という星がある。
これは「北極星」を指すという。

朝日山に立って北極星を探せばその下に宮地岳があることが確認できるのだ。
ここには重要な伝承があった。



朝日山に行ってみようと思う。







いつもポチっと応援ありがとう。
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村
c0222861_15184581.gif


[PR]
# by lunabura | 2016-12-07 22:48 | ひめちゃご | Trackback | Comments(8)

ひめちゃご35 祭神の書き換え


ひめちゃご35
祭神の書き換え
 


原点に戻ろう。
このシリーズは「ヒメコソ」という言葉から始まった。

直後に訪れたみやき町の若宮八幡神社には「仁徳天皇」が祀られていた。
「若宮」といえば、仁徳天皇を指す所が多く、ここもそうだった。

この天皇が佐賀に祀られている点も驚きだったが、
もとは「姫古曽神社」と同じ神が祀られていたという話が琴線に触れた。

「ヒメコソ」社といえば、鳥栖と小郡に二社鎮座していて、
わずか2キロ半の距離だった。
が、二つは県が違っていて、佐賀県と福岡県に分かれていた。


稀有な事に『肥前風土記』に
その「荒ぶる神」についての記述があるので、
過去記事を整理しようと手順を考えていたのだが、
立て続けに八女やみやまの神社を参拝することになった。


が、ついに歴史カフェのテーマとして、
「物部とヒメコソ神」が浮かんだことから
11月に徹底的に伝承を並べて比較することにした。

その結果、鳥栖の「姫古曽神社」で起きていた「祭神の書き換え」が、
みやき町の「若宮八幡神社」でも起きたと考えられることが分かった。

こういうことだ。
鳥栖(とす)の「姫古曽神社」では、本来の祭神は「市杵島姫」だったが、
八幡神が勧請されると、本来の祭神は隅においやられてしまった。

「市杵島姫」は「たなばた屋敷」に留められた。
ところが、明治の維新の時に調査が入り、本来の神を前面に出すこととなり、
「市杵島姫」が主祭神に返り咲き、社号も「姫古曽」となったという。

この「ヒメコソ」は地名の「姫方」の語源ともなった。


「ヒメコソ」とはどういう意味か。
「こそ」とは貴人に使う敬称である。
だから「ヒメコソ」とは「姫さま」という意味となる。
「姫方」も同意だ。

「ヒメコソ」とは貴(あて)なる姫神を指すことばで、「普通名詞」と考えてよい。
だから、各地に「ヒメコソ」神は鎮座していることになる。

無理に同一神に習合させる必要はない。


鳥栖の「姫古曽神社」の祭神が書き換えられた事情が明らかになったことから、
みやきの「若宮八幡神社」も同様な書き換えがあったことが推測できる。

しかし、「若宮八幡神社」には調査が入らなかったのだろう、
上書きされた祭神の名のみが伝わることになったと考えられる。

しかし、奇しくも口碑に「ヒメコソ神」の存在が残されていた。

姫神さまが祀られていた証しは
その北部に展開する「姫方遺跡」という地名にも残されている。


さて、同じ市杵島姫を祭る二つの宮だが、やや離れている。
地図に落として眺めていると、二つの間に朝日山が乗って来た。



c0222861_17572716.jpg


つまり、
若宮八幡神社―朝日山―姫古曽神社 (市杵島姫―朝日山―市杵島姫)
というラインが存在するのだ。

驚いてチェリーに確認してもらうと、ドンピシャと重なったという。
それどころか、
「姫古曽神社」から見た冬至の日没ラインと重なることが分かった。








c0222861_2059525.jpg


冬至の日に朝日山に夕陽が沈む画像をチェリーが作成してくれた。

これはどう解釈したらいいのだろうか。

両社にはライン上も深い関わりがある。
しかも、夏至ラインと冬至ラインが別々の神社から観測されていた。

かなり興味深い。


 
                   <2016年12月6日>











いつもポチっと応援ありがとう。
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村
c0222861_15184581.gif


[PR]
# by lunabura | 2016-12-06 21:00 | ひめちゃご | Trackback | Comments(0)

試し撮り


新しいカメラの試し撮り。


c0222861_231297.jpg


庭のつつじ。(冬から咲き始める)

めしべとおしべは不思議な形。

花を見ていると宇宙を感じる。

拡大した世界は知らない世界。
いつもそばにある世界なのにね。

で、撮った画像を見て思った。
私は写真によるアートを求めていないって。

創造の表現は人によって違うんだね。

納得。







いつもポチっと応援ありがとう。
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村
c0222861_15184581.gif


[PR]
# by lunabura | 2016-12-05 23:02 | にっき | Trackback | Comments(0)

北九州の豊かな自然を楽しんだ



北九州の豊かな自然を楽しんだ



12月2日の洞海湾沿いのバスハイクは天気に恵まれました。

かつて参拝した神社でも、アプローチの方角が違うと全く違う顔を見せます。

取材の時には縁ごと、バラバラに探査するので全体像はよく見えないのですが、
今回のように洞海湾に絞って回ってみると、
遠賀水軍の長である熊鰐一族がどのように洞ノ海(くきのうみ)を
掌握したのか、かなり体感することができました。


今回、心に残ったのは北九州の自然の豊かさ。
特に、山沿いの神社の杜は深く、植物相が豊かに残されています。









c0222861_2062911.jpg

最初に行った一宮神社(上巻2)の磐境神籬は神秘的な世界。

朝という時間帯は格別で、異次元への祈りの場として、
聖地のパワーを今なお留めていました。

ここに神武天皇が立ち、神功皇后も立った。

そんな場所がそのままの地形で残されています。
福岡はこんな聖地が自由に参拝できて、素晴らしいなとよく思います。

太陽の方角から、この天円地方は南に向いている印象を受けました。








c0222861_2065762.jpg

勝山勝田神社(上巻3)は深い森が、参拝者の心を癒します。










c0222861_2071598.jpg

飛幡八幡宮(上巻6)は前日、戸畑祇園大山笠が世界遺産に登録されたばかり。
晴れの日に参拝です。











c0222861_2073273.jpg

お昼ご飯は高塔山。
熊鰐一族がここから出入りする船を見張っていたのが良く分かりました。











c0222861_2075771.jpg

若松恵比須神社(上巻7)は、おえべっさんの縁日!
くじに当たった人もいましたね^^




魚鳥池神社(上巻8)や貴船神社(上巻9)では標高から
古代の海の地形を想像。







芦屋歴史民俗資料館で縄文のシャーマンを見学して、
近くの洞山(どうのやま)で磯歩きをしてきました。









c0222861_2083312.jpg


「足場が悪いから、不安な人は待っていてください」
というと、
「そう言われたら(じっとしておれん)」
とワンパク時代の心が蘇り、
全員が凸凹の荒磯を歩いて大きな穴を見学。







c0222861_2085368.jpg

ここにも神功皇后の伝承がありました。


山あり、海あり、の北九州!
その魅力を満喫するバスハイクでした。




私の新しいカメラは知らないうちに動画になって、
足ばかり写っていて、びっくらこん。(;’∀’)

動画ボタンがすぐ横にあった(´・ω・`)

少しずつ親しんで行こうと思います。








いつもポチっと応援ありがとう。
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村
c0222861_15184581.gif


[PR]
# by lunabura | 2016-12-04 20:10 | バスハイク | Trackback | Comments(0)
line

綾杉るなのブログ 神社伝承を求めてぶらぶら歩き 『神功皇后伝承を歩く』『ガイアの森』   Since2009.10.25


by lunabura
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31