ひもろぎ逍遥

lunabura.exblog.jp ブログトップ

志式神社 (Ⅳ) 磯良神・七不思議・お潮井とり


志式神社 (Ⅳ)
ししきじんじゃ
福岡県東区大字奈多字宮山1236
安曇族(あずみぞく)と奈多の浜
磯良神・七不思議・お潮井とり

いそら舞の神さま
c0222861_16051.jpg


さて、いそら舞の白髪の神さま、インパクトがありましたねえ。
宇美神楽座の方の話によると、
「磯良神は大和で40万年、常陸で40万年、
勝馬(かつま、志賀島)で40万年過ごされた神という事で、御年120万歳。」
これはいったい何の暗号?

これは安曇の磯良神は大和と、常陸と、福岡の志賀島と
3か所で祀られていて、みんな同じ神の事をさすというニュアンスのようです。

 筑前国では  鹿島(しかのしま)大明神  
 常陸国では  鹿島(かしま)大明神、
 大和国では  春日(かすが)大明神    
     
と呼ばれています。

  (ルナはそれを知らなかったので、
   わざわざ常陸国の鹿島神宮までお参りに行った…。
   いえ、それはそれとして、とても良い所でしたが…。
   あとで、志賀島が元宮と知ってショックでした…。)

安曇族を辞書で引くと、 
 上つ綿津見の神の子孫。
 朝廷に仕えて、各地の海人(あま)を支配して、天皇の食事の事を司った。
とあります。

いそら神は安曇族の先祖であり、綿津見の神である訳です。
ですから、とても長生きなのですね。ナルホド。


豊姫は神功皇后の妹だそうです。  

神功皇后が新羅へ行く前に、干珠満珠を手に入れた伝説が、
いろいろ変形して、あちこちで舞われていたのですね。
そして、このお話は昔の日本人の常識だったようです。

ふうっ。
頭がだんだん混乱して来ました。浜で一服しましょ。


c0222861_160564.jpg


この浜を昔は吹上浜と言って、有名だったんですねぇ。
左に見える島が志賀島です。
   
奈多の海 清きなぎさの 浜千鳥 踏み置く後を 波やたつらん   伊  勢
 
波風を おさめて海の 中ばまで 道ある国や 又も来て見ん    宗  祇
         
名にしおう 龍の都の 跡とめて 波をわけゆく 海の中道     幽  斎
 
                     
見て下さい。
古典の教科書に出てくる、そうそうたるメンバーが
この吹上浜で、鳴き砂や海の中道を歌ってます。

奈多の七不思議

「天神尋ね」でなぜか、いきなり雀が…登場した…
尋ねあぐんでいると、一羽の雀が飛んできて、
「筑奈、筑奈(ちくな)」と鳴いて教えてくれた。
筑前、奈の里だろうかと、尋ねて来ると、やっぱりこの吹上の地に鎮まられていたよ。
さあ、参拝してご神徳を頂こう。」

これは乙太夫のセリフです。

ここには「奈多の七不思議」のうちの二つが込められていました。
「雀が歩く」「砂が鳴く」
というのがその不思議です。

雀の足跡がくっきりと残る砂浜だという点と鳴き砂で有名だったのですね。
その七不思議の二つが神楽に込められていました。
ナルホド。

あとの五つの不思議は? 


奈多に火事がない。
盗難がない。
難産がない。
神社では波の音が聞こえない。
穴蜂がいない。

ということだそうです。

盗難の話を『お宮の由来』から 

天正14年8月、島津の軍、立花城を囲み、やがて退くとき、志志岐の社の阿弥陀仏を盗み去ったが、神罰のため、その兵は、途中で手足がしびれ、軍旅に従う事ができず、これを助けて薩摩に帰った者も、奇異な事ばかり起こるので、大いに恐れおののき、心から神に謝ったという。

これを書きながらルナはクスクス笑ってしまいました。

同じ話をこの前、伊野天照皇大神宮で書いたぞ。
島津軍はあちこちで御神体を盗んでは、さんざんな目に遭って帰ってるんだ。
それを何百年経っても、福岡でささやかれているんですねえ。
悪い事は出来ません。ハイ。

赤い岩がありました。 
c0222861_162298.jpg


さて、この松林の奥にさっきまで居た、志式神社があります。
入り口が分かりますか?

浜から見ると、入り口が全く分かりません。

神社への入り口は竹の塀より少し手前の所です。
外敵から見えない、安全な地形です。。

  (松林は江戸時代に植林されたので、当時はただの砂丘だった思われますが。)

ここは安曇族の本拠地の一部なのです。

ずっと砂浜が続く中で、海から船で戻って来る時、
この赤岩が目印だったのかもしれないなと思いました。

こんなに低い岩ですが、
この浜の反対側の三苫浜にも同じような赤岩があります。
興味深い事に、そこの赤岩の近くにも神社があります。

その赤岩が30年前には3メートル以上の巨岩だった頃の
写真を拝見しました。
その前は島だったそうです。
それを見て、この奈多の浜の赤岩もかつて巨岩だったんだろう
と思いました。

この重要拠点を安曇族は神功皇后に提供しました。 

新羅攻めに全面協力する安曇族は彼らなりに、
なんらかのメリットがあったのでしょうね。

船と言うのは、海岸があれば、どこでも上陸できるものではないそうです。
でも、ここはすぐ近くには漁港があり、当時も今も変わらず船が泊まれます。

大きな頃の「赤岩と鳴き砂」を紹介しているサイトがあります。
見たい方はコチラ ⇒ 『海辺の散歩』⇒「がんばれ、赤岩」
            ⇒「ぶろぐ 海辺の散歩」⇒「奈多の鳴き砂」
                             「三苫の鳴き砂」


 お潮井とりは、昔の天気予報だったよ。 
お潮井取りのルーツが分かりました。

真鍋大覚氏の本に由来が書いてありました。
『灘の国の星 拾遺』から抜き書きします。

「梅雨時になると、祖先は干潟の砂が濡れ潤うことを知っていた。
そして、土用が近づくと乾くことを心得ていた。
干潟の砂を掌にのせて海の風に吹かせ、もってその渇きを見る儀式が、
今に残る筥崎宮のお汐井とりであった。」

「今は『おしよい』は、門の柱に『テボ』を掛け、これに一年分を入れ、
外に出歩くごとに振って無事を祈る。
昔は手にした砂が乾いていたら、掌から風にふかれて、散っていた。
これが大水の事無きを告げる神の託宣と心得ていた。」


この神託をするのが、巫女や神官でした。

ですから、これをマネして、人々も自宅で出かける時に砂を取って、
手に残った砂のようすで、「今日は一日晴れるぞ。」
とか、判断したのですね。
いつのまにか、これが忘れられて、
今では、払い清めだけに使われるようになったようです。

北部九州では、いろんな神社にこのお潮井が置いてあります。

なるほど、確かにこの志式神社の拝殿前の板に砂を乗せた時、
曇った日には盛り砂がきれいに出来て、晴れた日には崩れました。

c0222861_1644973.jpg


写真の中央の分は昨日のもの。(くもり)
左端のは、今朝、私が置いたもの。(快晴)
置かれた盛り砂の状態も大事な天気予報でした。


この日は二羽の千鳥が遊んでました。
千鳥 「ルナさん。まだ浜辺にいるの?」
るな 「うん。もうちょっとね。
    ここの御祭神の事をお話しないとね。」

と言う訳で、いよいよこの神社の荒ぶる神の話に挑戦です。

                         (Ⅴ)につづく

[PR]
by lunabura | 2009-11-20 00:00 | 志式神社・ししき・福岡市 | Trackback(1) | Comments(0)
トラックバックURL : http://lunabura.exblog.jp/tb/13088217
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 邪馬台国 下関 at 2013-11-29 20:21
タイトル : 古賀市あたりは美濃国
古賀市 市長室 ttp://www.city.koga.fukuoka.jp/blog/item/1614 福岡なるほどフシギ発見~番外編~ 馬具一式国宝級! http://blog.goo.ne.jp/taul_nakataney/e/8e2a72adfae350246936df377d77662b... more
line

綾杉るなのブログ 神社伝承を求めてぶらぶら歩き 『神功皇后伝承を歩く』『ガイアの森』   Since2009.10.25


by lunabura
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー