ひもろぎ逍遥

lunabura.exblog.jp ブログトップ

奥の宮不動神社(3)筑紫の舞と韓国のムーダンの舞

宮地嶽神社(7)
奥の宮不動神社(3)
奉納された筑紫の舞と韓国のムーダンの舞

光さんがこの巨大古墳に奉納された二つの舞の話をしてくれました。

ちくしの舞
「昭和5年頃だったね。菊邑検校(きくむらけんぎょう)が筑紫(ちくし)の舞を奉納していた。棺(かん)の舞と言ってね、棺(ひつぎ)の舞のことで、大王が亡くなって、『大王蘇ってくれ。』と言って、宮地嶽のぐるりを踊って廻った。」

「すみません。筑紫の舞って知らないんですが。」
「菊邑検校は明治天皇のご落胤などとも噂される人で、福岡県の桂川(けいせん)の王塚の所に住んでいたと。ちくしの舞を伝承していた。これはもともとサンカの人たちが伝授していた舞だったとか。

口頭では伝えないために、最初の弟子は水銀を飲んで、声帯を焼き切った。二代目は入水自殺をした。
ちくしの舞は元々、棺(かん)の舞だった。

西山村さんが筑紫の舞を新しくしたと。西山村さんは「かんの舞」を「神の舞」と解釈して、宮地嶽古墳に奉納した。本来の「棺の舞」を変えてしまったので、私は証言を止めたとたい。」

光さんはちくしの舞の証言者でした。
光さんの所には、古田武彦氏や鳥取大の先生など、いろんな人が聴きにきたそうです。
河原崎長一郎氏も映画化するために、来られたけど、
たけち監督が亡くなってしまって、沙汰やみになったという事です。
盲目の菊邑検校を河原崎氏が演じたら、相当のものだったでしょう。

次の写真は手光の古墳近くから、宮地岳方面を撮ったものです。
c0222861_1558571.jpg

ここからは、宮地岳は烏帽子山に見えます。古墳にまっすぐ行く道は今はありません。

サンカを辞書で引きました。
山窩(さんか)
村里に定住せずに山中や河原などで家族単位で野営しながら漂白の生活を送っていたとされる人々。主として川漁・箕作り・竹細工・しゃもじ作りなどを生業とし、村人と交易した。山家。
なんとも不思議な話です。
古代から連綿と、この大王への奉納の舞を伝えていた人たちがいたと言うのです。
口外禁止だったなら、誰も知らないはずです。

これほどの豪族の末裔が語れないとすると、まつろわぬ者として激しい戦争で負けて、
歴史に埋没して行ったのかも知れません。
実際、古事記や日本書紀を読んで行くと、当時は国内でも、韓半島などとも戦争だらけでした。

大王が生きている間は独立を保てたのでしょうが、
亡くなったあとは、他国に支配されて行ったのでしょう。
戦いがあった事は、周りの古墳から、鉄器、木の甲冑、鉄の甲冑などが出ていることからも容易に伺えます。

そんな流れで、歴史に名を残せなかったのかもしれません。
それでも、この太刀を見て下さい。持ち手はバレーボールぐらいはあった印象です。
c0222861_1605395.jpg

これが「頭椎」と書いて、「かぶつち」と読ませる太刀です。

古田武彦氏のサイトに、西山村さんが「最後の筑紫の舞」を見た話が詳しく載って来ます。
道のない所をよじ登って行ったそうです。
その時は13人が奉納舞をしたとか。それが歴史上、最後の奉納になったようです。
13人も入れた大きさから、この古墳だと特定されました。
c0222861_1612847.jpg

写真の右下に長方形の穴が彫ってあるのが見えますか?
左右対称に彫られています。花崗岩にこれだけの加工を加えて、石組にしています。
(正面の床は現代のコンクリート加工です。)
これだけの技術者集団を抱えていたのです。すごい被葬者だったのが分かります。

光さんはもう一つ、異国からの舞の奉納の話をしてくれました。

韓国の巫堂(ムーダン)の奉納の舞
「宮地岳はカラクニ岳て言うとった。カラサキ山とも。
海から入って来る時、この宮地岳が大事な目標やったと。

新羅や百済からも舞人が来ていたね。
昭和の始めごろ、韓国の人が毎年、塚まで来ていた。
総勢6、70人で、うち男が4、5人。チョゴリを着ていた。
ムーダンの一行は宮地嶽古墳から名島神社に移動して、
そこで海岸で一週間ほどキャンプをしていた。
この踊りの奉納をして、名取になれると言ってたね。

大勢で神社の前を通って行くので、当時の宮司が塀を作って通れなくしとったね。
大正頃までは、宮地嶽神社と古墳は別物だった。昭和になって管理するようになったと。」

光さんは当時の光景を思い出しながら話してくれました。
韓国の人が何故この古墳で舞うのか、向こうの伝承が聞きたいものです。
(ムーダンの舞については、名島神社でも書いています。)
光さんは日韓シンポジウムにまで行ったそうです
「倭人は百済を通して中国へ行っていた。日韓のシンポジウムに行ったけど、
韓国では、三韓は存在しない、神功皇后も来ていないと言っていたね。
百済が滅亡した時、10万人の避難民が日本に逃げて来た。当時の日本人の人口が10万人。」

「文化は中国から朝鮮から日本へ向かって行った。日本から朝鮮に流れる事なはい。
古代から貿易をして、ここは移民地になっていた。」

双方向から、このように古代社会を研究できる時代になったんですね。
歴史の研究はどんどん進化していて、昔、教科書で習った世界観は、常に訂正をよぎなくされます。
頭を柔らかくして、おかなくっちゃ。

調べて行くと、この辺りは、古代鉄によって栄えた所だと見えて来ました。
また、詳細は後日報告したいと思います。

さあ、そろそろ、ぶらりと山を越えますか。




気が向いたら、ポチっと応援してくださいね。
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村
[PR]
by lunabura | 2010-06-08 16:11 | 宮地嶽神社と古墳・福津市 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://lunabura.exblog.jp/tb/14592489
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by jumgon at 2010-08-18 00:17
るなさん、宮地嶽神社、順次読んでいます。勿論九州の神社は全く知らないので、興味深く読んでいます。(装飾古墳の存在は知ってますが、、、、)
<サンカ>に関して~もう、45年ぐらい前、ふとしたはずみで、サンカについて書かれた本を読んだ覚えがあります。「えっ!日本にそんな人達が存在してるの?戸籍とかどうなってるの?」と不思議でした。思いだせば子どもの頃、年に数回「お鍋、釜の修繕」に周ってきた人がいましたが、「サンカ」の人達はそういう仕事をしていると、その本には書いてあったと記憶しています。鍛治の民の末裔でしょうか?
また、「出産も川の近くで自分ひとりでして、その後あまり時間かたたないのに又歩き続ける、、、、、」と書いてあったと思います。その本が書かれたのが、40年~50年前だとすると、今はそういう人達は日本という法治国家のなかに紛れてしまって自分達の祖先の記憶も次第に失ってしまうのではないか、、、、などと余計なことを考えています。
じゅんじゅんより
Commented by lunabura at 2010-08-18 10:06
すごい話ですね。古典でや「やまびと」と出てくるのがこの人たちではないかとも思っています。私も鍛冶の民の末裔と思いますし、日本の基盤作りにかかわった人たちだと思っています。この方たちは、きちんと自分たちの系図を持っていると思います。普通に暮らしながら、今でも、山の遺跡に刻印された文字を彫りなおしています。それで、数千年前の刻印が明瞭に保たれていたりします。
しかし、じゅんじゅんさんの言われるように、その記憶も急激に失われているのかも知れませんね。
line

綾杉るなのブログ 神社伝承を求めてぶらぶら歩き 『神功皇后伝承を歩く』『ガイアの森』   Since2009.10.25


by lunabura
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー