ひもろぎ逍遥

lunabura.exblog.jp ブログトップ

王塚古墳(1)感動の装飾壁画を知らなかったよ


王塚古墳(1)
福岡県嘉穂郡桂川町寿命
感動の装飾壁画を知らなかったよ

さて、今日は王塚古墳に行きましょう。日本で一番華やかな装飾古墳です。
飯塚市の県道200号線の裏側に回り込むと、緑濃い美しい里に出ます。

c0222861_1782056.jpg

川沿いに進むと、左の方にキラキラとUFOのような丸い建物が見えてきて、
目指す王塚装飾古墳館だとすぐに分かります。
最近は、古墳周囲の景観の観察も大切な事が分かったので、
ちょっと手前から車を降りて歩いて行きました。
古墳の手前に橋があって、そこで驚きました。
上流を見ると二本の川が合流していました。
それって、風水上のイヤシロ地じゃない?期待が高まります。
橋を渡るとすぐに古墳館があって、その奥に丸い墳丘が見えてきます。
c0222861_179369.jpg

王塚古墳は前方後円墳でした。
円墳の中は完全密封保存されていて、年に2度だけ見る事が出来ます。
方墳の方には上がれるように階段が付いています。
それを上ってまた驚き。四方にぴたりと高い山が配置されているのです。
いや配置するのは不可能ですね。
聖なる山をつないで焦点となるポイントがここだという事です。
イヤシロ地です。とても気持ちがいい所です。

この古墳は珍しく平地にあります。
これまでは台地や山の斜面ばかり見たので印象的です。
この古墳を降りると、王塚装飾古墳館が待ってます。

c0222861_17101243.jpg

装飾古墳館は撮影禁止ですが、今回は撮影許可がおりました!
書類手続きを済ませていざ中へ。

c0222861_17105498.jpg

これはまたアートな入口。気分が高まります。
そして、わっ赤い!
石室が実物大で復元されていました。中に入る事が出来ます。
c0222861_17112995.jpg

これが石室の入り口です。迫力満点。落ち付いて見ると、沢山の壁画があります。
右下の岩に二頭の馬が描かれていますが、これが前々回「蕨手文」で紹介した絵です。
左側にも馬が三頭います。全体で合わせて5頭の馬が描かれています。
その周りにも蕨手がいっぱい。
門のように渡してある頭上の岩も蕨手のアレンジがいっぱいです。
なんだか興奮します。では、中に入りましょう。

c0222861_17123551.jpg

これが玄室です。正面には三角文が全面に描かれています。
色があふれています。
棚になった所が遺体のためのベッドで、左の方には石の枕があります。
二人分の広さです。その下の基台の絵を見ると蕨手文がいっぱい。
そして、手前の左右にある直方体の岩を見てください。
蕨手(ゆぎ)が大きく描かれています。

c0222861_17134398.jpg

右の壁を見てください。大きな靫が並んでいます。
まるで人が控えているように見えます。

c0222861_17143042.jpg

左の壁には盾(たて)が三段になって並んでいます。
写真を見直して気づいたのは、右は靫(ゆぎ)だけ、左は盾だけです。
これは?もしかして。
「蕨手文」の所で、文様は氏族のシンボルではないかという説を紹介しました。
ルナ的にはこの説をかなり気に入っています。
その氏族説でこの壁画の解読が出来るんじゃないかな…。
と言う事で、今回はその説を元に解読にチャレンジしてみます。

右の壁にある大きな靫は靫負(ゆげい)氏です。
左の盾より大きく描かれているので、身分が上か、被葬者に近い関係です。
左の盾族もきちんと描かれていて、数が多いので、靫族に準じた存在です。
その重々しさと統制からは、被葬者への礼節が伝わって来ます。
被葬者の家臣たちに見えて来ました。

死床の奥を見てください。小さな靫がずらりと控えています。
それは、まるで家族が亡き人を見守っているかのように見えます。
その数は5人。それに写真には見えませんが白っぽい靫
もう一つ上の方に描かれています。母と五人の子供のように見えます。

小さな靫がそばについている事から、被葬者は靫負氏の一員ではないかと思いました。
しかも、床には蕨手がある事から蕨手族の血を引いている事を示唆しています。

蕨手族については「蕨手文」の所で考察しましたが、
伽耶の王族で、倭へ渡来したのではないかと推測しました。
これを組み合わせた全体のストーリーとしては、
蕨手の王族がここの靫負氏の娘と結婚して、五人の子供を残して亡くなりました。
右壁にはその靫負氏の親族たちが被葬者を見送っています。
そして、左壁には王とともに戦ってきた武人たちが控えています。

いかがでしょうか。我ながら、なんとまあ大胆な推理だこと。

これは6世紀の古墳です。
と言う事は、前回紹介した高句麗の集安古墳と同じ時代です。
同じ時代の壁画でも、ずいぶん感じが違いますね。

                                         (つづく)


気が向いたら、ポチっと応援してくださいね。
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村
c0222861_15184581.gif


[PR]
by lunabura | 2010-09-08 17:21 | <古墳>手光は宮地嶽へ | Trackback | Comments(10)
トラックバックURL : http://lunabura.exblog.jp/tb/15066125
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by jumgon at 2010-09-04 23:01
オー、これはすごい!勿論これは復元されたものですね。
何てユニークな壁画でしょう~。この力強さ、美意識。縄文的エネルギーをを感じます。(弥生時代ということですが)近畿とはまるで異質のものですね。
奈良では壁画が書かれた古墳は高松塚ぐらいです。石器時代から各地では違った文化がぐくまれてきたのでしょうね。、
Commented by jumgon at 2010-09-04 23:09
あっ。いい忘れてました!この熱帯みたいな暑い時期にいったんですか?
わたしは家で涼しくパソコン散歩してました。
そういえば、直径4~50センチの鏡が出てきたのはどこからでしたか?復元したのをユーチューブみせてもらったんですけど、、、、るなさんのブロをあちこち見てるうちに出会ったと思うのですがですが、どの場所だったか見つかりません。教えてください。
Commented by lunabura at 2010-09-05 00:46
王塚古墳は6世紀。古墳時代ですよ。でも、迫力がすごいでしょ。
46.5センチの鏡は「平原遺跡」です。じゅんじゅんさんがブログで投稿したばかりの遺跡の事ですよ。 (^-^)
Commented by lunabura at 2010-09-05 00:50
こんな暑い時にも、資料館って冷房が効いているので、お勧めです!映画に行くより安いし、結構知的興奮で楽しめます。
9月も暑いから、九州のみなさん、王塚古墳に行きましょう。
Commented by 蕨手 at 2010-09-07 17:54 x
 装飾古墳で特集して頂いてうれしい限りです。迷わずポチッとクリック致しました。
 ここのレプリカは建造当初に近い形で復元してありますので極彩色です。詳細は私のブログで取り扱っていますが、保存室の褪色進んだ実物との落差は大きいものがありますので落胆しないように。
 発見当時の姿に復元したレプリカは今は熊本県の装飾古墳館に置いてあります。
Commented by jumgon at 2010-09-07 18:03
るなさんにお尋ねします。エキサイト以外のブログ、
欄外に<マイリンク>として登録れてますが、いくら説明読んでも出来ないのです。
お忙しいとは思いますが、教えていただけますか?もしかして、アドバンスの有料のものしか使えないのかしら?
Commented by lunabura at 2010-09-07 20:29
蕨手さん、応援ありがとうございます。レプリカは発見当時と、現在のと二回作られた訳ですね。さすが、国指定の分だけあって、手厚い保護です。
実物の写真は、公式HPで見る事ができますが、現在の公開の状態は、蕨手さんのブログで拝見しました。壁画の褪色はブログを拝見していて、哀しくなります。その中で、なんとか記録を残されているようすに、頭が下がります。今回、副葬品と同様、壁画の持つメッセージ性を強く感じました。私家版、楽しみにしています。あとで、またお邪魔します。
Commented by lunabura at 2010-09-07 20:31
じゅんじゅんさん、私もさっき悪戦苦闘したので、コピペを書きますね。サイドバーのマイリンクという事でOKですか?これは装飾古墳館へのリンクの具体例です。

<a href=" http://www.town.keisen.fukuoka.jp/ouzuka/index.html " target="_blank">王塚装飾古墳館公式HP</a>

これをコピペして、アドレスとタイトルをそっと書き換えて下さい。
文法は
<a href=" http://アドレス " target="_blank">リンク先のタイトル </a>
です。これでうまく行かない時は「“」とアドレスの間に半角の空白があったりします。よく見てください。http:が重なっているのもNGです。
また投稿記事のリンクは、やり方が違います。こちらが分からない時には、またコメントして下さい。
アドバンスでなくて大丈夫です。
Commented at 2010-09-08 18:48 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by lunabura at 2010-09-08 19:05
今からそちらにお邪魔します。
line

綾杉るなのブログ 神社伝承を求めてぶらぶら歩き 『神功皇后伝承を歩く』『ガイアの森』   Since2009.10.25


by lunabura
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31