ひもろぎ逍遥

lunabura.exblog.jp ブログトップ

太宰府政庁跡・速報・出土した大量の鉄器を見て来ました・ここは最強の風水地だよ~


太宰府政庁跡
福岡県太宰府市観世音寺4丁目
速報・出土した大量の鉄器を見て来ました
ここは最強の風水地だよ~。

「太宰府跡から大量鉄製武器―矢尻、刀など26キロ分」
12月3日付の西日本新聞にこんな記事が載っていて、
気分はそわそわ。さっそく行って来ました。

まずは、鉄器を展示してある「太宰府展示館」へ。
太宰府政庁跡」の名称は地元では「都府楼跡」の方が通りがいいです。
無料駐車場もあり、展示館はすぐ横に隣接していました。
館内は撮影禁止だったので、新聞記事からその鉄器の写真を。
c0222861_12502829.jpg

展示の量はこれの倍ぐらいで、約20点ほどでした。
写真の左が小札(こざね)で、3~4センチ。鎧の材料です。
右の細長いのが鉄の矢じり。その切っ先の部分です。
折れたものもあります。古墳時代よりも、現代の矢に近いですね。
右2列は矢じりが束になって固まっています。
単にくっついたのと、溶解したのがあります。
他にベルトの一部、刀など。そして、15㎝ほどの鉄滓(てっさい)。
7世紀後半から8世紀中ごろとの事です。
斉明天皇が来た時かなと期待したけど、その後だそうです。

そう、ルナが気になったのは新聞の写真にはない、鉄滓。(かなくそ)
(現地には行ってみるもんじゃ)解説ボランティアの方に尋ねました。

「これは、鉄滓ではないですか。」
「そうです。」
「それって、ここで鉄を作ったんじゃないですか。」
「そうですね。これが出土したのは、政庁跡のすぐ隣の蔵司(くらつかさー地名)ですが、そのまた隣の来木(らいきー地名)では、瓦や鉄を作っていました。」
「ここで、作ってたのですか。」
「はい。来木で作って、蔵司が倉庫です。倉庫は四王寺山の頂上にもありました。」
「倉庫…。その蔵司って、ここから近いのですか?」
「はい、すぐそこです。」
と場所を教えて貰いました。

(鉄滓については「武器や武具を溶かして再利用する溶解炉があったのではないか。」との説もあります。)

という事で、すぐ横の政庁跡へ。正面から行きましょう。

c0222861_12521371.jpg

じゃ~ん。何もない?いやあ、何もないのが一番好きなルナです。
c0222861_125341.jpg

(太宰府展示館 リーフレットより)
でも、こんなのが建ってましたよ!

c0222861_12535536.jpg

これは右側の建物の跡。柱が巨大ですねえ。
正面が四王寺山(大野城)です。
そして、この左に出土した蔵司の森があります。

歩いて正面にまわりましょう。
c0222861_12544936.jpg

この森の中です。ここにかつては倉庫群がありました。
当時の税金である租庸調(絹や綿.他)はいったんここに集められて、
一部を残して、朝廷に運ばれました。
c0222861_12561727.jpg

ここから大量の鉄の武器が出土したという訳です。
8割が鉄の矢じりで、およそ2000本前後分があったと考えられるそうです。

出土状況
どれも高熱を受けて、半分溶けかかった状態である。
瓦も熱を受けている。
被熱した瓦に半分溶けかかった鉄の矢じりの束がくっついていた。
被熱瓦の外面には縄目の圧痕が確認される。
被熱した鉄の矢じりの破片が混ざった粘土でつくられた瓦がある。
瓦が割れた断面に鉄の矢じりが付着したものもある。この瓦の外面には格子目の圧痕や指でなでた痕跡がある。
これらから高熱を受けた時期は8世紀後半~9世紀前半の可能性がある。
高熱を受けた原因は調査中。

さあ、どんな状況で鉄が溶けたのか、瓦に矢じりが付着したのか・
これからの研究の発表が楽しみです。

藤原純友もこの倉庫に火を付けたとか。でもずっと後の事だそうです。

兵器製造は許可制になっていた
西海道(九州)の諸国では761年にはじめて兵器の製造が認可されたそうです。
そうか、いつのまにか自由に造れなくなってたんだ。
      

ここはイヤシロ地だよ。
さて、この大宰府政庁は風水で選びぬかれた場所に建てられています。
これまで案内した中でも、風水上ではトップクラス。
その気を浴びて、散策するのにもってこいの地です。
桜や紅葉や梅やアジサイ。これは季節ごとにも楽しめるゾ。

c0222861_12584555.jpg

横の疎水に並木がありました。

太宰府展示館では発掘された当時の溝をそのまま見る事ができます。
これは本物の迫力がありました。お勧めです。
予約すると、古都の案内もしてもらえます。詳しくはHPで。


太宰府展示館
〒818-0101 福岡県太宰府市観世音寺4丁目6番1号
092(922)7811
開館時間 9:00~16:30(無料)
休館 月曜日(ただし祝祭日の場合はその翌日)
年末年始 (12月28日~1月4日)

古都大宰府保存協会公式HP
http://www.kotodazaifu.net/
 

鉄器の展示は2011年1月30日までです。
Yさん、ありがとうございました。
地図 太宰府政庁跡




気が向いたら、ポチっと応援してくださいね。
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村
c0222861_15184581.gif


[PR]
by lunabura | 2010-12-06 13:12 | 太宰府政庁跡・水城周辺 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://lunabura.exblog.jp/tb/15569107
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by jumgon at 2010-12-06 22:12
太宰府は永い歴史があるので、立派な展示館があるのですね!
「太宰府政庁跡」は雑草もなく美しく保たれているのに感嘆しています。
この間行った竜田川沿いは有名なのに、距離が長くて、民家や道路が近いせいか、イマイチって感じでした。
Commented by lunabura at 2010-12-07 17:37
そういえば、ここはいつも綺麗に保たれています。思えば、市やボランティアの方々が常に手入れしてあるのですね。
この通り沿いには鑑真の戒壇院があったりして、とてもいい所です。奈良地方の風情とよく似ていました。大人になって再訪して、その素晴らしさに気づきます。またいつかこの付近はブログでも逍遥したいと思います。
line

綾杉るなのブログ 神社伝承を求めてぶらぶら歩き 『神功皇后伝承を歩く』『ガイアの森』   Since2009.10.25


by lunabura
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー