ひもろぎ逍遥

lunabura.exblog.jp ブログトップ

裂田神社(1)日本書紀に書かれた裂田溝は現存していた


裂田神社(1)
さくたじんじゃ
福岡県筑紫郡那珂川町安徳
日本書紀に書かれた裂田溝は現存していた

日本書紀を現代語していく内に出て来た「裂田溝」(さくたのうなで)。
遠い過去の話かと思っていたら、今でもそれが残っているという。
しかもこの神社は古代祭祀線の南北線に乗っかってくる…。

c0222861_2184428.jpg

車で移動すると、いかにも神社らしい杜が見えて来ました。
右側の手前の杜が「裂田神社」。その左奥の森は「安徳台」です。

c0222861_2110068.jpg

車を駐車場に止めて、正面に廻りました。
田園風景の中に流れるせせらぎの横に立つ神社でした。
なんと心地よい。

c0222861_21102017.jpg

川が下の方を流れていて、そこにせり出すような場所に神社はあります。

c0222861_21104353.jpg

拝殿の彫刻は雅(みやび)な装いで、姫宮らしい雰囲気です。
そう、ここもまた神功皇后のゆかりの宮でした。
参拝を済ませて、案内板を読みました。
裂田神社安徳、宇竜頭にある。裂田の溝を記念して神功皇后を祀ってある。朱塗りの拝殿は間三間、入二間、絵馬がところせましと奉納され、その奥に神殿がある。

神殿の扉には菊花の紋章がある。境内には明治39年の鳥居をはじめ、こまいぬ、注連掛石などが、杉の老木や古株と並び、裂田の溝が周りをめぐっている。
例祭は11月28日で、針口の人たちが集まって火たき ごもりをする。
(社)つくし青年会議所

安徳と言えば安徳天皇を思い出しますが、その名の通り、
この地には安徳天皇を迎えた伝承も残っていました。
御祭神には神功皇后だけが書かれています。
どうして、ここに彼女の名が残るのか、日本書紀を抜き出しましょう。
(神功皇后は佐賀県の松浦郡に行って、ウケイをした。
西の方を討たねばならなかったのだ。
ウケイは裳の糸に針をつけ飯粒で釣りをするという方法だった。
「もしそれが成就するなら、魚よ、かかれ。」
みごと川魚がかかって、吉と出た。)

皇后はこうして神の教えの霊験がある事を確信して、さらに天つ神、国つ神を祭って祈り、西の方を討とうと思いました。そこで神田を定めました。その時、儺の川の水を引かせて、神田を潤そうと思って、溝(うなで)を掘りました。とどろきの岡に至ると、大岩がふさがって、溝を通す事が出来ません。

皇后は武内宿禰を召して、剣、鏡を捧げて天地の神に祈らせて、溝を通そうとしました。すると雷が急に鳴り出して、その岩を踏み裂いて水を通しました。そこで人々はその溝を裂田溝(さくたのうなで)と言いました。

神功皇后は夫の天皇が亡くなっても、戦争への流れを止めることが出来ず、
行き先々でウケイをしています。不安で仕方がなかったはずです。
天皇の死を隠しているために、作戦通りに着々と軍備は整えられて行きました。

佐賀県の松浦郡は朝鮮に向かう港がある所です。
この那珂川町は距離的にも近く、古くから栄えていて、重要拠点だったようです。
後の時代にも、斉明天皇中大兄皇子たちが新羅との戦争のために、
この那珂川町の行宮を目指してやって来ています。

日本書紀によると、神功皇后たちは本格的な祭祀をするために
この地で神田を作ることにしたようです。
すぐ近くまで海が迫っていて、だんだん干潟になっていく時代です。
しかし地形を見ると、田を潤す川がありません。
そこで那珂川から導水する工事を行った訳です。
それが裂田溝(さくたのうなで)です。

これらは、いくつかの伝承を組み合わせたものではないかとも思いますが
まさしく1800年前の工事の現場が残されていました。


水路をまっすぐ掘っていく途中で、神社の下の岩盤にぶつかってしまいました。
「武内宿禰に剣と鏡で祈らせると、雷が落ちて岩盤が砕かれた。」
となっていますが、横の安徳台からは紀元前の製鉄跡が見つかっていることから、
現実には、その鉄器の援助を竹内宿禰らが融通してくれたのではないかと思いました。

地元の真鍋大覚氏は隕石が落ちた可能性を述べてあります。
隕石が落ちたら植えるという椋の木の古木が近くにあるようです。

隕石がそんなに都合よく落ちるのかなと疑問を持ったのですが、昨夜、韓国ドラマの「トンイ」を見てびっくり。
李王朝時代には宮殿の中に隕石が落ちているのですね。
その当時はよく隕石が落ちたというセリフもありました。
(もちろん史実かどうかは分からず、そんな記事をモチーフにして、ドラマが出来たのかなと想像。)
この岩盤が砕かれたのは隕石の跡なのか、鉄器で穿(うが)った跡なのか、
自分の目で確かめてみたい。

c0222861_21135742.jpg

神社の裏に行くと本当に岩盤が露出していました。
まっすぐ掘られてきた水路は、これにぶつかったため、迂回させています。
この下流に開削した岩盤があるはず。

c0222861_2115452.jpg
c0222861_21152783.jpg



現場に写真があるので読んでみると、文面からはこのコンクリートの下らしい。
見ることが出来なくなって残念です。


c0222861_21233954.jpg

                              (つづく)

地図 裂田神社 





気が向いたら、ポチっと応援してくださいね。
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村
c0222861_15184581.gif


[PR]
by lunabura | 2011-05-11 21:25 | 裂田神社とさくたのうなで | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://lunabura.exblog.jp/tb/16305772
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by jumgon at 2011-05-10 16:48
裂田溝が現存してるなんてスゴイ事ですね。
それにしても「神功皇后」はどれだけ九州にいたんでしょう。
Commented by lunabura at 2011-05-10 17:02
裂田溝は今も現役で使われているそうです。昔の人の技術ってすごいですね。
そうそう、神功皇后は私の行き先々に既に来てますね~。
大体2~3年ぐらいだと思います。仲哀天皇と二人の期間。天皇の死後の妊娠期間と軍備。出産後の子育てと移動。神社の伝承をつなぐと、こんな感じです。
ここは、軍備の頃の話のようですね。
Commented by kyoko at 2014-10-19 20:33 x
いつも、ありがたく読ませて頂いてます。
リンク貼らせて頂きました。
ありがとうございます。
天気も良く、気持ちの良い神社でした。
Commented by lunabura at 2014-10-19 22:19
kyokoさん、はじめまして。
スマホで調べながらの逍遥ですか?
お役に立てて幸です^^
私も、もう一度歩きたいです。
line

綾杉るなのブログ 神社伝承を求めてぶらぶら歩き 『神功皇后伝承を歩く』『ガイアの森』   Since2009.10.25


by lunabura
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー