ひもろぎ逍遥

lunabura.exblog.jp ブログトップ

弓頭神社(1)景行天皇の皇子・国乳別皇子を祀る宮


弓頭神社(1)
ゆみがしらじんじゃ
福岡県久留米市三瀦町高三瀦521
景行天皇の皇子・国乳別皇子を祀る神社

大善寺玉垂宮から2キロほど南下して行きました。
楽勝と思ったのですが、道を何度も曲がるので、地図から目が離せません。
弓頭神社とは一本道で繋がっているだろうという思い込みが
心の隅にあったのでしょう。
両者にはどんな繋がりがあるのか、果たして分かるのでしょうか。

c0222861_235543100.jpg

田んぼの向こう、右の方に杜が見えだしたので、あれだろうと、ようやく安心。
「高三瀦」と「高」がついているので、
政治的にも中心地ではなかったかと思ったのですが、
田んぼばかりだし、神社は高台にあるような様子でもないし、
川が氾濫したら大丈夫だろうかと、都としての地形に疑問。

c0222861_2356343.jpg

しかし平地ながらも、この立派な石垣を見ると歴史の重さを感じました。

c0222861_23563119.jpg

参道がなく、路地に入って左手にいきなり鳥居がありました。
左右の建物は倉庫に見えますが、廻廊です。

c0222861_23565171.jpg

境内に入ると、瀟洒な隋神門が迎えます。

c0222861_2357780.jpg

龍の彫り物があります。格式の高い宮です。

c0222861_23575052.jpg

景行天皇の皇子が祀られていると知っていたのですが、
ここまで豪華な神社だとは思ってもいませんでした。
唐破風の向拝に、重ねられた千鳥破風には菊の御紋が金色に。

c0222861_2358973.jpg

神殿を見ると色彩はさらに豊かに残っています。
このような豪奢な神社があるとは…。
これまでの田んぼののどかな風景と違和感…。

ちょうど氏子さん方がいらっしゃって、拝殿に上がって参拝する事が出来ました。

c0222861_23582756.jpg

天井の曲線が見事です。

境内に書かれていた石碑を読んでみます。(古文は現代語に変えます)
弓頭神社(旧郷社)
本社は水沼別(みぬまわけ)の始祖、国乳別(くにちわけ)皇子を主祭神とする。
成務天皇紀で「吾が国造(くにのみやつこ)を任命する時には必ず楯矛を授けてあかしとする。」とあって、

第12代景行天皇の皇子、国乳別皇子が「古式にのっとり、弓矢楯矛をいただいて下向し、高三瀦の地に在所を定めて、久しく筑紫地方を治められた」と書かれた部分に由来するものと思われる。

この高三瀦は水沼の君累代の政治の地であり、古代の行政と文化の中心として繁栄した所である。

古伝説には「神功皇后韓攻撃の時、弓大将だったために、弓頭大明神と称えられた」と言い伝えたとの説もある。

国乳別皇子のお墓は烏帽子塚(弓頭神社御廟塚ともいう)と称し、本社の西北3町(約300m)ばかりの所にある。
明治6年6月、郷社に定められる。

なお、神社が所属する銅剣、石包丁、石戈、耳環は町の文化財に指定されている。
平成10年3月 三瀦町教育委員会

出ました!神功皇后と主祭神の国乳別皇子には接点がありました。
景行天皇の皇子なので、仲哀天皇から見たら叔父に当たるんですね。
それなら、絶対的な味方です。

日本書紀に書かれた記事そのものが現存すると言う貴重な宮です。
水沼の君の累代の政治の地という事で、大善寺玉垂宮ともやはり関わりがあります。
皇子の墓まで残っている。

幸運にも郷土史家による弓頭神社の資料集が作られていて、
氏子さんから頂戴しました。
次回はその資料集を紐解きます。
(つづく)
地図 弓頭神社










気が向いたら、ポチっと応援してくださいね。
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村
c0222861_15184581.gif


[PR]
by lunabura | 2011-09-08 00:04 | 弓頭神社・ゆみがしら・久留米市 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://lunabura.exblog.jp/tb/16817136
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
line

綾杉るなのブログ 神社伝承を求めてぶらぶら歩き 『神功皇后伝承を歩く』『ガイアの森』   Since2009.10.25


by lunabura
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー