ひもろぎ逍遥

lunabura.exblog.jp ブログトップ

烏帽子塚古墳・国乳別皇子の墓所と伝える前方後円墳・とすると、日本で最古になってしまうが…。


烏帽子塚古墳
えぼしづかこふん
福岡県久留米市三瀦町高三瀦字北小路
国乳別皇子の墓所と伝える前方後円墳
とすると、日本で最古になってしまうが…。


弓頭神社横の通りから民家の密集した所に入って行きました。
何度か狭い路地を曲がって行くと、
ぽっかりと空地があって、チシャの木が一本。
その足元はコンクリートで固めてあって、碑があることから
ここが古墳だという事が分かりました。

c0222861_1815051.jpg

烏帽子塚古墳
景行天皇第三皇子の国乳別命水沼の君として当地を治められ、後に大和朝廷の三韓出兵の折、弓の頭(かしら=大将)に任命された。帰国後亡くなられ、御遺体を埋葬した御廟と伝えられ、別名「弓頭神社御廟塚」という。

「御陵墓調」に東西258m、南北100m、周囲712mと記され、ことに周囲周溝は大善寺の御塚古墳周溝の約2倍である。しかし昔から次第に開かれたために当時の面影はないが、烏帽子塚の名称から前方後円墳であったと推定される。

「国乳別皇子が大和朝廷に、三韓出兵の時の弓の大将として任命された」
となっていますね。
これは神功皇后の時の話ですから、朝廷は「大和」でなく、
福岡市の「香椎」にあった時代の話になります。

私はこの国乳別命自身が、仲哀帝に熊襲の動向を知らせた人ではないかと
仮説を持つようになりました。(弓頭神社にて詳述)

c0222861_1832570.jpg

さて、この古墳のサイズですが、258m×100mという事ですから、
前方後円墳の可能性は高いし、
実際にその姿が伺えるような形で空地がありました。
一部は畑などになっています。

c0222861_1834385.jpg

写真は前方部の頂上とおぼしき所から後円部を撮影。

九州最大の岩戸山古墳が135m×60mなので、これより大きく、
日本最古と言われる奈良県の箸墓が278m×150mなので、
この烏帽子塚古墳はそれに次ぐような大きな古墳だという事になります。

c0222861_1841794.jpg

後円部の向こう側の石段を降りて撮影してみました。
墳丘の高みが少し残っています。

さて、問題がいくつも出て来ました。
前方後円墳というのは古墳時代に出来たそうなので、
国乳別皇子の時代よりずっと後の事になります。
神社の資料によると、
「国乳別皇子の誕生は景行18年(西暦88年)」なので、
弥生中~後期の人になります。

前方後円墳で日本最古は奈良の箸墓古墳とwikiに書いてあります。
箸墓については3世紀~4世紀と説が分かれているようですが、
国乳別皇子はそれより確実に古い時代の人なので、
日本で一番古い前方後円墳になってしまいます。(・.・;)
超ヤバイ…。

いったい日本書紀がおかしいのか。
前方後円墳の定説がおかしいのか。
はたまた、伝承と関係ない古墳なのか。

このあたりの問題は専門家に聞かないと分からない。
言えるのは、何だか、とんでもないものが密かに眠ってるってこと。

ここから出土したものについて、
「まが玉、金銀、斉瓮、銅矛など種々の古器を掘り出した。
今神宝として本社の神庫に収めている。」という事なので、
弓頭神社に残存している宝物の写真を、さらに撮影して、
それを九歴に持参して、時代を教えてもらいました。
それを書きます。「時代」以外は、るなの感想です。


c0222861_1854092.jpg
銅剣 弥生中期
これはかなり細い!実用的だ。
三つの穴の所に柄(つか)を付けて使用する。



c0222861_1855939.jpg
石戈 弥生中期
石を削って作っている。直角に長い柄を付けて戦う。



c0222861_1863480.jpg
石包丁 弥生後期
穴に紐を通して指を入れ、稲の穂を刈りとる。
農作業中などに見つかったものが神社に預けられたものではないかと言う事。



c0222861_1872116.jpg
耳輪 6世紀後半
イアリングだが、この細い隙間で、どうやって耳に装着するかはよく分かっていない。
るなも若かりし頃、耳につけようとしたが余りの痛さにあきらめた事あり。
金メッキが剥げたものはアレルギーになるし、緑青を噴いたものなどは危険なものになっただろうな、とも思う。これらも周囲で出土したものが神社に寄せられたものらしい。

と言う事で、銅剣銅戈は国乳別皇子の時代のものだという事が分かりました。
全部日本製です。

この烏帽子塚古墳は神社に伝承があり、
被葬者は日本書紀に出てくる天皇の皇子という文献資料がある点で、
また岩戸山古墳より大きいという点で、大変興味深い古墳でした。

もうちょっとスポットライトが当たっても良さそうですね。

船曳鉄門の資料によると、
ここには「高三瀦廟院という厳然しき殿宇ありし」という事で、
大きな廟殿が建っていたらしく、
竹内宿禰との会談もここらであった事になります。
当時は掘立の宮殿でもあったのでしょうね。
(神社の伝承は弓頭神社(1~3)に書いています。)
http://lunabura.exblog.jp/16817136/

地図 烏帽子塚古墳



さてっと、次に行こうっと。




気が向いたら、ポチっと応援してくださいね。
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村
c0222861_15184581.gif


[PR]
by lunabura | 2011-09-10 18:15 | <古墳>手光は宮地嶽へ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://lunabura.exblog.jp/tb/16835462
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
line

綾杉るなのブログ 神社伝承を求めてぶらぶら歩き 『神功皇后伝承を歩く』『ガイアの森』   Since2009.10.25


by lunabura
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー