ひもろぎ逍遥

lunabura.exblog.jp ブログトップ

美奈宜神社(林田)(1)出雲の三神が神功皇后軍を助けてくれた


美奈宜神社(林田)(1)
みなぎじんじゃ
福岡県朝倉市三奈木4933
出雲の三神が神功皇后軍を助けてくれた

美奈宜神社は二つあります。今回は筑後川近くの美奈宜神社です。

c0222861_21573264.jpg

広い筑後平野の中です。西日が低い角度で射しこんでいます。

c0222861_2157542.jpg

赤くて瀟洒な山門が迎えてくれました。

c0222861_21581624.jpg

屋根のラインがシャープでかつふくらみがある、美しい形をしています。
屋根の色と赤い柵のコントラストもここちよいです。

c0222861_21584249.jpg

彫刻もまた素晴らしい。

c0222861_21592652.jpg

神前にお神輿がありました。そろそろお祭りでしょうか。

c0222861_220525.jpg

神殿の裏に廻ると巨大なクスノキ。境内が広いので、さほど大きく感じないほど。
さて、この神社の由緒書きを読んでみましょう。
式内大社 美奈宜神社 略記
御祭神(出雲三神)大国主命(大国様) 
素盞鳴尊(すさのお・祇園様)
事代主命(ことしろぬし・恵比須様)
縁起 今から1800年前、父君景行天皇の教えにそって、仲哀天皇は皇后と熊襲を征伐されたが、不幸にも病にかかり崩御された。皇后はこの事を秘し、その根幹新羅を討つべく、出師(軍隊を出す事)の計画を立て、兵員を集め、兵船、軍器の準備を整え、神々を祭って本邦最初の外征に肥前名護屋から出征して行った。

この神社は出雲の三神が祀ってありました。
この由緒書きには少し独自の伝承が見られます。
仲哀天皇の父を景行天皇としている点。(日本書紀では父は日本武尊)
仲哀天皇は熊襲を討ったあと病死。(日本書紀では熊襲征伐前に崩御)
(これらについてはよく分かりません。)

「韓半島への出港地は肥前名護屋だった。」
これについては、久留米市の赤司八幡宮でも同様の伝承があり、
この筑後川流域の船団は佐賀県の唐津市の玄海灘側に集結したと考えられます。

 皇后は航海中船中で大己貴命素盞鳴尊事代主命の三神に戦勝を祈願された。海上つつがなく船は新羅の港に投錨し、上陸して戦端は開かれた。戦いは連勝し、三カ条をもって降伏し、大勝利を収め、高句麗、百済も来貢し、肥前、高橋の津に凱旋された。そのあと戦争に勝利を祈られた三神を祭られた。その神が美奈宜神社の三神である。

主な祭礼 1月1日(歳旦祭) 4月29日(春祭)7月30日(夏越、茅の輪)
 10月17日(神課祭)10月21日(おくんち)御神幸 
11月最終日曜日(新嘗祭)
県指定無形文化財(蜷城の獅子舞)おくんちに奉仕
弘化4年(1847)1650年祭執行
白鷺塚 三神奉賛の地は白鷺が羽を休めた所で、竹の叢生する片延字鷺塚一番地、白鷺塚である。  (一部分かりやすく改変)

神功皇后は航海中にこの出雲三神に戦勝を祈願して勝利を得たので
白鷺の止まった竹の生えていた所にこの三神を祭りました。
それがこの美奈宜神社の始まりです。

皇軍の帰港地が肥前高橋の津になっています。
(この場所ごご存知の方教えてくださいませ。)

話によると、唐津から有明海は船で往来が出来るとか。
モーターボートでそのまま通る事が出来るそうです。
大川市の風浪宮では外海を通って帰るルートを推定したのですが、
多島海の時代は、けっこう大きな船も通ったのかな。
(これも詳しいルートが分かる方教えてください。)

さて、神功皇后が出雲三神に祈った話ですが、「福岡県神社誌」を見ていたら、
また少し違う伝承が出ていました。
神功皇后が新羅を討征する時、船の中で大己貴命、素盞鳴尊、事代主命の三神に将軍の治要を祈られ、異賊を討ち平らげ、肥前国杵島郡高橋の津に上陸した時、素盞鳴尊などの神助により、山の中に薬湯を見つけ、軍兵の創傷を治療し疲れを癒したので、皇后は「あな嬉しや」と言ったので、ここを嬉野村(うれしの)と呼んだ。

皇后は凱旋の途中、三神の垂迹の地を定めようと白鷺が降りた所で祈ろうと放つと、下座郡の大沼の竹が生えた所に鷺が宿ったので、皇后は摂政として治世した時にここに宮を作った。

(治要とは国を治める最も大切な事柄という意味。)
「嬉野(うれしの)」といえば「嬉野温泉」で有名ですが、その始まりは帰国後の
兵たちの傷を治すために出雲の三神の神託で温泉を見つけたという事なんですね。
(意外な所から意外な語源が出て来ました。地元ではどう伝えているのでしょうか。)
ここでは出雲の神々は病を治す神としての働きでした。

で?
神社に書かれていた由緒は羽白熊鷲攻略とは関係ありませんでしたね。
ここにはもう一つ伝承がありました。
それは美奈宜(みなぎ)という言葉に込められた伝承でした。 (つづく)

地図 美奈宜神社









ときどき、ポチっと応援してくださいね。
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村
c0222861_15184581.gif


[PR]
by lunabura | 2011-11-16 22:10 | 美奈宜神社・寺内・林田 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://lunabura.exblog.jp/tb/17086467
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by csaオアシス at 2011-11-13 07:23 x

出雲三神が、神功皇后を助けたという話は、初めて知りました。
奇しくも、今月11月、私は出雲を旅しています!

大己貴命をお祀りする出雲大社の神在祭に詣で、
素盞鳴尊が鎮まる松江(旧八雲村)の熊野大社にも行きました。
事代主命の美保神社には、今回は行きませんでしたが^^;
過去に3回ほど行ったことがあります。

これも、やはり シンクロニシティ なのでしょうか?
驚いています。。
近々、熊野大社の記事を、私のブログにアップする予定です♪^^

ところで、久しぶりに
嬉野温泉に行ってみたくなりました。。^^
Commented by lunabura at 2011-11-13 22:26
そうですか。シンクロニシティはとても大切な現象なので、逃がさずにその意義をつかめたらいいですね。
記事を楽しみにしています。
嬉野温泉も、まさか神功皇后からとは…。
line

綾杉るなのブログ 神社伝承を求めてぶらぶら歩き 『神功皇后伝承を歩く』『ガイアの森』   Since2009.10.25


by lunabura
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー