ひもろぎ逍遥

lunabura.exblog.jp ブログトップ

「かに星雲」の和名と地震を知らせる白昼星見


「かに星雲」の和名と
地震を知らせる白昼星見
 

(牡牛座 M1、NGC1952) 
c0222861_10491563.jpg

かに星雲です。(http://www.wallpaperlink.comより)

c0222861_10493674.jpg

牡牛の右の角の先の赤丸の中、M1が「かに星雲」です。

超新星の残骸で、現在も膨張を続けています。
1054年の爆発が中国と日本で記録されている事で有名です。
またホピ・インディアンの岩刻画の星もこれではないかと言われています。
出現した時には白昼でも光り輝いていました。

眞鍋大覺は『儺の国の星・拾遺』でも、宋史と明月記の原文を引用して、
白昼に輝く新星が「かに星雲」だったと紹介しています。
九州ではこれにちなんで新しい名前が出来ました。
その一部をまとめて書き換えて紹介します。

中国の宋史の記事には1054~6年に新星が白昼の空にも見えていると書かれている。
藤原定家は明月記で、1230年に客星(見慣れぬ星)が出現したのを観察して、宋史にも1054年に客星が東南の空に数年出ていた事が書かれていると紹介している。これが今の世に知られた「かに星雲」である。

秋月の星
九州ではこの「かに星雲」を秋月の星と呼んだ。

古處の星(こしょのほし)

末法の世になって昔の聖人上人の諭すことが行われなくなった事を嘆いてついた名か。諸行無常の思いを月の明るさに託したと思われる。

筑前朝倉の「飽餐(きじき)」という地名、「姑狙(しそ)」という山名はこの時以来、
「秋月、古処」と改めたと語られている。

日本人は客星(見慣れぬ星)の出現にはほとんど無関心で、大陸の民族のように天下の大変を心配して戦々恐々とすることはなかった。来たるものは拒まず、去る者は追わずという大人的鷹揚さで眺め、秋の月の明るさと比較して鑑賞していた。

秋月の星は今も爆発した星雲が1年に0.40178秒の速度で拡散している。この星雲が満月の大きさに達するには3746年かかる。その頃になると少しずつ渦巻の模様が見えてくるかもしれない。

「あきつき」とは筑紫の古語で、「明日香舟(あすかふね)」即ち、有明の干潟を往来する「平舟(ひらはり)」の古語だった。
羽白熊鷲の根拠地である「秋月、古処山」は「飽餐、姑狙」と書かれていたのですね。
超新星がきっかけで美しい名に変わりました。

昼に星が見えることは重大な予兆です。
白昼星見と地震について
昼間に星が見えたことについて、西洋でも東洋でも枚挙にいとまのないほど、数多くの例が記録されている。人間が昼間に星影を見る事が出来ないのは、太陽が大気の分子を分散させて眩しい光の霞を厚くかけさせるからである。

しかし大地の底の異変がこの霞をあたかも科学的に溶解するような作用をする時には、昼間に光の霞が晴れて、星夜が幻のように一瞬のうちに現れる。

昭和20(1945)年1月13日の三河大地震の時には、11日に無数の星が散見した と語られる。日本の国運を支える最後の3年間分の特攻機三千機の発動機が一挙に壊滅し、もはや生産復旧の見込みは全く立つことなく、ついに米軍の琉球上陸占領を傍観せざるを得なかった悲痛な運命へと続いた。

景行帝9年(79年)のポンペイのベスビオス火山の大噴火の時には、シリウスが緑にいつまでも光を変えなかったことはローマ帝国に永く語り継がれた。

白昼星見の現象は稀だが、これから先の子孫に語り継ぐべき教訓である。
地震雲の研究の先駆けだった眞鍋大覚氏は
白昼に星が見える事を「地震や噴火の予兆」として警告しています。

地震雲については3.11以来、多くの人が関心を寄せるようになりました。
この「白昼星見」も多くの人に知らせていただけたらと思います。






ときどき、ポチっと応援してくださいね。
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村
c0222861_15184581.gif


[PR]
by lunabura | 2011-12-23 11:02 | <星の和名・天文> | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://lunabura.exblog.jp/tb/17235095
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by バーバリー 財布 at 2013-03-14 08:11 x
今日は よろしくお願いしますね^^すごいですね^^
Commented by lunabura at 2013-03-14 20:07
バーバリー財布さん、こんばんは。
本当にバーバリなんですね。 !(^^)!
これからも時々遊びに来て下さい。
line

綾杉るなのブログ 神社伝承を求めてぶらぶら歩き 『神功皇后伝承を歩く』『ガイアの森』   Since2009.10.25


by lunabura
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー