ひもろぎ逍遥

lunabura.exblog.jp ブログトップ

一歩ずつ


新しい年が始まりました。
昨年はブログを通して多くの方と出会えました。
ブログを書いててよかったなと思っています。

昨夜は久し振りに紅白歌合戦を聞いて、たくさん涙を流しました。
3.11が起こって、だれもが今のままでいいのか悩みながら、
自分には歌しかない、今やっている事しかない、と歩み出しています。

私もブログなんか続けていいのかと一時、歩みを止めました。

それでも、私には私の道しかない。
目の前に与えられたものを掴み取って行くしかない。

この悩みと結論はすべての日本人が乗り越えて来たものでした。

沢山の故郷を思う歌と絆のメッセージソングを聞いて、
自分を振り返ると、
この神社ブログを書いていく事で、
故郷の福岡がどんどん好きになって行くのを感じていました。
そして日本のことも。

いただいたコメントやメールの数々で、
日本の各地の人とのつながっている思いが深められました。

私たち日本人のルーツを求めていく衝動は、
日本人が世界の各地からやって来て、そして一つになった証しへと
つながっていくという思いをさらに強くしました。

とどまって掘り下げていくことで次々に現れる古代の姿に、
毎回、自分の固定観念をはずす日々です。

ゆっくりとですが、この歩みを続けて行きたいと思います。

さて!
紅白を聞きながら、おせち料理も作るんですよ。

夕食が終わって作るのが恒例なんだけど、
昼に作ってもいいんじゃないかなと昨日はふと気づきました。
皆さん、おせちはいつ造ってるんだろ。

こんな、るなさんですが、今年もよろしくお願いします。










ときどき、ポチっと応援してくださいね。
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村
c0222861_15184581.gif


[PR]
by lunabura | 2012-01-01 00:31 | にっき | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://lunabura.exblog.jp/tb/17267046
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 筑後国造 at 2012-01-01 05:55 x
明けましておめでとうございます。
るなさんのブログで、神社に対する視点が変わりました。
古墳を探す時、わからなければ、まず神社を探し、その周辺を探索するということぐらいしか利用していませんでした。
興味を持って見ていくと、その数の何と多いことか。
それぞれに、由緒があり、長い間引き継がれた歴史があり、興味を持てば持つほど、はまりそうです。
さて我が家では、大晦日の午後は、家族はおせち作りで忙しいようです。そして、作り終えて、紅白を見ながら年越し蕎麦を食べるのが恒例です。
おせちの試食、つまみ食いで、すでに、お腹いっぱいのため、蕎麦が丁度いいようです。
ブログとともに、本の出版も楽しみにしています。
Commented by lunabura at 2012-01-01 10:19
明けましておめでとうございます。
神社に興味を持っていただいてうれしいです。
古墳の副葬品と神社の御神体は同じものなので、平行してみて行けるし、
古墳の被葬者が祀っていた神が神社の原型だと思っているんです。

だから、古墳が保存されている所の神社はとてもありがたいです。
今年は筑後地方をテーマにしているので、筑後国造さんのブログのお世話になります。
よろしくお願いします。(^-^)

おせち、午後に作られるんですね。つまみ食いが一番おいしい!
私も、今年の年末はそうしよう。(早すぎますね)
line

綾杉るなのブログ 神社伝承を求めてぶらぶら歩き 『神功皇后伝承を歩く』『ガイアの森』   Since2009.10.25


by lunabura
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー