ひもろぎ逍遥

lunabura.exblog.jp ブログトップ

小戸大神宮(1)筑紫の日向の橘の小戸の阿波岐が原の候補地


小戸大神宮(1)
おど
福岡市西区小戸
筑紫の日向の橘の小戸の阿波岐が原の候補地

神功皇后の伝承のある小戸の浜に小戸大神宮があるので出かけました。
祝詞(のりと)に出て来るイザナギの禊(みそぎ)の場所とも言われる所です。
小戸ヨットハーバーがある所と言う方がピンとくる人も多いと思います。

c0222861_1626312.jpg

ナビは山の東側の方に導いてくれましたが、神社の山に登る入口は
通行止めになっていたので、そばの駐車場に車を置いて歩いて行きました。
小山をぐるりと反対側に歩いて行く形になるのですが、気持ちのいいこと!
海に突き出た小戸公園はラグビーやサッカーやバスケットなどなど。
いろんなスポーツをする人たちが場所を分かち合って自主練習をしていました。

c0222861_16262658.jpg

その隣はこんな渚です。

c0222861_16263967.jpg

振り返ると小山。この山に目指す小戸大神宮があります。

c0222861_1627117.jpg

鳥居を探しながら歩くと山の麓を半周してしまいましたが、
散策路の素晴らしさに遠廻りで良かったなと思うほど素敵な所です。
そして松林の奥に鳥居が!

c0222861_16271875.jpg

一の鳥居です。
そのそばに説明板がいくつかあるのでじっくりと読んで行きましょう。

c0222861_16273419.jpg

石段をいくつか上ると拝殿に出て、それから左右にある石段をさらに登ると神殿です。

まっしろな祠に赤い扉がとても瀟洒です。
御祭神は
天照皇大神(あまてらすおおみかみ)。
手力雄命(たぢからおのみこと)。
??幡千々姫命(たくはたちぢひめのみこと)です。

珍しい組み合わせですね。
アマテラスが岩戸に籠ったとき、その戸を開いたのがタヂカラオですが、
??幡千々姫命は万幡豊秋津師姫(よろずはたとよあきつし姫)と同じ神とも言われ、
アマテラスから見たら、息子の嫁に当たります。

??幡千々姫はまた別に瀬織津姫とも言われ、
アマテラスの荒御魂(あらみたま)もまた瀬織津姫とも言われています。
瀬織津姫は祓い戸の四神の一人で、祝詞の中に読まれています。
水の神なので、この地にふさわしい女神ですね。

次は大祓の祝詞を訳したものです。
天つ神は天の岩戸を開いて祓い清め、国つ神は高い山から低い山まで祓い清め、風の神があまねく吹き渡って、残っている罪穢れはないかと祓い清め、早川の瀬にいる瀬織津姫がそれを大海原に持ち出して、大海原にいるハヤアキツ姫が呑み込んでくれる。

それを息吹き戸主の神が根の国底国に吹き飛ばして、根の国底国にいますハヤサスラヒ姫という神が背負ってさすらって無くしてしまう。

こうして罪という罪がないように祓い清めて下さいと、天つ神、国つ神、八百万の神々に申し上げる。 
ですから、ここに祀られた??幡千々姫は水の神として祀られているのかも知れません。
この三神の組み合わせは粕屋郡の伊野天照皇大神宮と同じです。

さて、小戸大神宮の由緒書きはこうです。(一部ひらがなに)
小戸大神宮は神代の昔、伊邪那伎命が御禊祓(みそぎはらえ)の神事を行われた尊い地であり、皇祖天照皇大神を始め、住吉三神、他神々が御降誕され、神功皇后の御出師および凱旋、上陸された実に由緒深い神社であります。
全国の神社で奏上されております祓詞の中に小戸の地名が入っております。


その祓詞を訳してみると
筑紫の日向(ひむか)の橘(たちばな)の小戸の阿波岐原で
イザナギの大神が禊祓いをされた時に生まれた大神たちよ。
いろいろな災難や罪や穢れを祓ってください、清めて下さい。
とある、その小戸という地名がここに残っている訳です。

c0222861_1630488.jpg

禊祓いをするにふさわしい穏やかな美しい入り海です。
しかし、実はご祭神を見てアラっと思いました。
肝心のイザナギの命が祀られていない。
アマテラスが祀られているなら月読命やスサノオとの組み合わせの方がふさわしい。
そんな思いがしたのです。

次の文はイザナギの神生みのシーンのあらすじです。(再掲)

イザナギの大神は、亡くなった妻に会いに黄泉の国に行って、妻の亡骸を見てしまいます。
その腐りかけた姿を見て、驚いて逃げて帰ると、身を清めるために、竺紫(つくし)の日向の橘の小門の阿波岐(あはき)原に行きました。
そこで、身に付けていた服や杖などを脱ぎ捨てると、
そのたびに、神々が生まれ出て、十二神になりました。

それから、イザナギの大神は初めて瀬の中に入って行きました。
そして、中の瀬に潜ってすすいだ時に、十四柱の神々が次々に生まれました。
初めて中の瀬に潜って、すすいだ時に生まれた神の名は
八十禍津日(やそまがつひ)の神。
次に大禍津日の神。

神直毘の神。
大直毘の神。
次にイヅノメの神。

次に水の底にすすぐ時に生まれた神の名は、底津綿津見の神
次に底筒の男の命。

中にすすぐ時に生まれた神の名は、中津綿津見の神
次に中筒の男の命。

次に水の上にすすぐ時に生まれた神の名は、上(うへ)津綿津見の神
次に上筒の男の命。
(略)
左の目を洗う時に生まれた神の名は、天照大御神
次に右の目を洗う時に生まれた神の名は、月読の命。
次に花を洗う時に生まれた神の名は、建速須佐の男の命。
このシーンを読んで私の心に浮かぶのはやはり志賀島です。
志賀海神社の元宮がある所です。そこも小戸です。
そこにはイザナギの命が禊をした時に生まれた海の三神がそのまま祀られています。

やはり志賀海神社の三つの元宮が囲む海が原初ではないか。
そこは遠く海を隔てて誰も近づけない聖地なので、
こちらに二次的な伝承の場にしたのではないかという思いを強くしました。

次のリンクは 志賀海神社の三つの元宮を訪ねた記事です。

志賀海神社(2)沖津宮と小戸 海の神々が生まれた美しき聖地
イザナギの命が禊をした所だったよ
http://lunabura.exblog.jp/13586252/


志賀海神社(3)仲津宮 今も昔も航海の安全を祈る宮
浜辺の異世界へ、ちょっぴりトリップ気分
http://lunabura.exblog.jp/13596327/


志賀海神社(4)表津宮跡 祈りの原風景に出会った
http://lunabura.exblog.jp/13622832/


いずれにしろ、どちらもお勧めスポットです。(^o^)/

(つづく)

地図 小戸大神宮








ときどき、ポチっと応援してくださいね。
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村
c0222861_15184581.gif


[PR]
by lunabura | 2012-03-04 16:36 | 小戸大神宮・おど・福岡市 | Trackback | Comments(12)
トラックバックURL : http://lunabura.exblog.jp/tb/17597166
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by カメサクハハ at 2012-03-04 19:22 x
はじめてコメントいたします。阪神電鉄の御影駅近くの高架下の青いプールのような、沢の井の案内板に神功皇后が姿をうつした事から、この地がおんかげ、御影となったとありました、神功皇后?って誰と 私は神戸生まれで名前は長田神社で頂き、大阪育ち、学校は京都とどっぷり関西ですが、只今遠賀在住です。
せっかく九州にいるのだから、神功皇后のゆかりの地へ行ってみたいと思いました。
ただ見事な報告音痴で、よたよたしながらです。
るなさんの詳細な記事、すごくありがたいです。
小戸のヨットハーバーも以前迷いこみました。
神社は全然気付きもしませんでした。
今度ぜひ行ってみたいです。
Commented by csaオアシス at 2012-03-04 19:54 x
ご無沙汰しています~^^;
今回の”小戸大神宮”ですけど・・

昨年、吉田先生と、調査に行ってきました~
いちばん奥の白い神殿の左側に四角い岩が二つありますよね~
これらは、”磐座”、”磐境”ですよね~って話をしました。

上の画像にもアップしてありますが、穏やかな美しい入り江が
とても印象的な、素敵な場所でした。
そのあと、近くの姪浜・住吉神社にも行ったんですよ!^^
Commented by lunabura at 2012-03-04 20:05
カメサクハハさん。はじめまして。
阪神電鉄の御影駅にも神功皇后の伝承があるのですか。
と言っても、私は関西はてんでダメです。何県かも分かりません(・.・;)
(よかったら教えて下さいね。)
神功皇后も私もこのブログを始める時はちっとも分かってませんでした。
遠賀は地形が残っているし、伝承も沢山残っていて魅力満載です。
これからもぼちぼち出没するので、よろしくお願いします。 (^-^)
Commented by lunabura at 2012-03-04 20:10
csaオアシスさん、こんにちは。
小戸大神宮のあの岩ですね。次回写真を出します。
上の二つはとりあえず安産石と書かれていたのですが、
下の突起のある岩とか、気になりながらも何も書いていなかったので
どうしようもないのですが、何か言われていましたか?

住吉神社には行っていないのですが、気になります !(^^)!
Commented at 2014-03-13 12:28 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by lunabura at 2014-03-13 22:56
非公開さん、こんばんは。
ここに下山門という地名があるのが不思議に思えたのですよ。
都もあるんですね。
お話しありがとうございます^^
Commented by るる at 2016-10-15 08:47 x
色々な記事を楽しく拝見させていただきました。ありがとうございます。

あくまでも私の解釈ですが、小戸はおそらく宮崎市の小戸だと思います。
なぜなら、筑紫の…までは文字どおり福岡が舞台ですが、日向の…で、宮崎に舞台が移ったと解釈する方が素直です。そして、宮崎市には橘(繁華街である橘通りが有名です)、小戸(小戸神社があります)、阿波岐原という地名が現在もそのまま残っています。
ちなみに、阿波岐原の公園には、イザナギノミコトが亡くなったイザナギノミコトを追って行った黄泉の国の穢れを払うために、みそぎを行った「みそぎ池」が今も残っています。
是非、宮崎に行ってみられてはいかがでしょうか。
Commented by るる at 2016-10-15 09:07 x
亡くなったイザナミノミコトですね、失礼しました。
ちなみに、みそぎ池のすぐそばに、イザナギノミコトとイザナミノミコトをまつってある「江田神社」があります。もし、機会があれば是非お薦めします。
Commented by tukifune83 at 2016-10-16 03:40
この御祭神の組み合わせは、伊勢の内宮と同じなのですね。今更、知りました。
内宮の御祭神は、天照大神、配神が手力男、そして万幡豊秋津姫。ふ〜む。(^_^;)
天手力男の御子は天日鷲命なのですね。それも今更知りました。ありがとうございます。m(_ _)m
Commented at 2016-10-16 03:57
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by lunabura at 2016-10-18 20:15
るるさん、こんばんは。
宮崎は大好きでよく行ったものです。
でも、山の方が多かったかな。
もう一度、海岸沿いに下ってみたいです。
コメントありがとうございます。
Commented by lunabura at 2016-10-18 20:17
月船さん、伊勢の祭神、私も考えたこと、無かったです。
天照皇大神だけでした。
何だか不思議ですね。
ヒントをいつもありがとうございます。
line

綾杉るなのブログ 神社伝承を求めてぶらぶら歩き 『神功皇后伝承を歩く』『ガイアの森』   Since2009.10.25


by lunabura
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー