ひもろぎ逍遥

lunabura.exblog.jp ブログトップ

妙見神社・平成の夢枕に龍神が現れた


妙見神社
福岡市西区小戸
平成の夢枕に龍神が現れた 

小戸大神宮から東の駐車場に戻る途中、岬に鳥居が見えました。

c0222861_19594410.jpg

鳥居を見れば見過ごせない…。

c0222861_200117.jpg

近づくと真新しい鳥居です。
すぐに山道になりますが、コンクリートで最近整備されたようすです。

c0222861_2001968.jpg

頂に出ると、露天の祭祀場がありました。
岩は直方体に近い形で、中央に突起があります。
(小戸大神宮の突起の岩と関係あるのでしょうか。)

盤座(いわくら)には注連縄(しめなわ)が張ってありました。
後ろの立札には「御祭神  北辰明神(天之御中主神) 北辰妙見菩薩 青龍王神
と書いてあります。
筑前国続風土記の「小戸の西を妙見崎という  則妙現の社あり この地 平らなる岩なり」
というのがこれでしょうか。

c0222861_20141.jpg

祭祀場の上に「小戸 妙見神社」がありました。
石祠が祀られています。写真がいっぱい飾られています。

この宮の由来が書かれていました。
小戸 妙見神社の由来小戸の西を妙見崎という  則妙現の社あり この地 平らなる岩なり 
(筑前国続風土記巻20)
小戸の西の山を妙見山という 山上に石祠あり  (筑前国続風土記巻43)

 今を去る千数百年前、奈良、平安にかけ庶民の間に親しまれ、全国的に熱烈な信仰を記録したのが妙見信仰である。しかし、時の流れに衰微し、往時を偲ぶよすがもなく、数年前まで御名を残すだけのありようであった。

 さて、この聖地にあって、今年(2003年)より十数年前、或る人の夢枕に龍神が瑞験し、霊告により導かれ、地中に埋没していた現社殿の屋根である古石を掘り出したのが発端である。

しかし、事情あって、地面に放置されたままであったのが、2002年の1月、心ある人々の手によって再建され、更に本年(2003年)4月の改築となり、現在、妙見神社として御鎮座なさっている次第であります。

御祭神
 北辰明神(天之御中主神)
 北辰妙見菩薩
 青龍王神


そもそも北辰妙見とは北辰北斗の星辰信仰に発した菩薩で、奇瑞の霊徳を示現する神妙星とされ、この神を祭れば災厄を免れ、長寿富貴に恵まれると云われる北半球中心の神であり、又、人の善悪の行為を見、禍福を分け、生死を定めるという。

  再建以来、数々の霊験奇瑞あり、念ずれば願い叶う強い霊力を顕現される神であります。 心よりご祈願下さい。
                       畏敬記す  合掌
「妙見崎」という地名が示すとおり、古くから北極星信仰があって、
祠も置かれていたのが、いつのまにか忘れられ、
平成になって再び復興したもののようです。

今、生き生きと神威を発動されている神様のようです。
平成にもこのような奇瑞があるのは本当にありがたいですね。


その周囲を見渡すと周囲の海域が手に取るように見渡せます。
c0222861_2022086.jpg

能古の島が見えます。

c0222861_2025921.jpg

糸島も見えます。

c0222861_2032025.jpg

これは左の絶壁。

c0222861_2033720.jpg

突端から海を見下ろしたもの。

c0222861_2035361.jpg

そしてひときわ聳える大松。
踏みしめられた地面は長年、見張り所として活用されたのがよく分かります。
ここからも北極星を眺めた事でしょう。

紀元前には龍座のツバーンが連星を従えて輝いて、その不動の位置を示したでしょうが、
時が経つに連れて、ツバーンは中心から離れて行きました。
私たちの北極星・ポラリスがその位置に移動するまで北極星はありませんでした。
その間北極星への熱烈な憧れが失われるのにはそんな事情もあったのかも知れません。

今、こうして再び北辰の神が現れる事は有り難いです。
神々が降臨される聖域を何としても守りたいなと思います。
伝承とともに。

地図 妙見神社








ときどき、ポチっと応援してくださいね。
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村
c0222861_15184581.gif


[PR]
by lunabura | 2012-03-06 20:09 | (マ行)神社 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://lunabura.exblog.jp/tb/17615489
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by csaオアシス at 2012-03-06 20:43 x
わぁ~ここの神社は、知らなかったです。。
露天の祭祀場があるところといえば、
宗像大社の下高宮祭場ぐらいしか知らなかったので、
とても新鮮な発見です!
”突起の岩”が、とても気になりますね~!^^
Commented by lunabura at 2012-03-06 21:06
そう、この岩にはあるかも!
ずっと昔から神聖な盤座で、最近こうして改めて祭祀が出来るように
ととのえられたのでしょうね。
こんなプロトタイプに出会うとワクワクします。
line

綾杉るなのブログ 神社伝承を求めてぶらぶら歩き 『神功皇后伝承を歩く』『ガイアの森』   Since2009.10.25


by lunabura
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー