ひもろぎ逍遥

lunabura.exblog.jp ブログトップ

熊野神社・人々が総出で神功皇后を迎えた・香坂王謀叛


熊野神社
北九州市八幡西区下上津役元町
人々が総出で神功皇后を迎えた
香坂王謀叛
 

熊野神社へのナビは急な坂道を登らせ、狭い狭い道をぐるぐると廻らせて
神社の境内横の公園に導きました。

c0222861_20501088.jpg

後で確認すると、写真の「下上津役2丁目」(しもこうじゃく)信号の先から
二度右折すると、もっと楽に駐車場に辿りつけるのが分かりました。

c0222861_2050384.jpg

一の鳥居からの参道はこのように、車では進入できません。

c0222861_20505577.jpg

参道を歩くと、この御神木から空気が変わりました。

c0222861_20512062.jpg

いくつか鳥居をくぐって境内に辿り着きます。

c0222861_20551433.jpg

落ち葉を急ぐ木々と緑の葉をつけた木々が混在する季節の変わり目です。
植物相がとても豊かな境内です。

c0222861_20522328.jpg

御祭神は伊弉冊尊(いざなみ)・速玉男命(はやたまお)・事解男命(ことさかお)
です。
神功皇后の足跡で熊野神社は初めてですね。
速玉男命はイザナミ神とセットの時にはイザナギ尊とするようです。

前にもちょっと書いたのですが、友人が和歌山県の熊野神社に参拝した時、
「英彦山が元宮ですよ。御苦労さまです。」と言われたという事なので、
神功皇后の時代はその下流の遠賀川流域の各地に伝わる
イザナギ・イザナミ祭祀について考える時に参考になる興味深い神社だと思いました。
熊野もまた海人族なので、ここにも拠点を持っていたのかも知れません。

神社に張られていた由緒書きにはここに来ないと分からない伝承が書かれていました。
熊野神社鎮座跡(下上津役1丁目15番1号)
伝説によればこの地は、神功皇后が三韓を征伐し、帰朝の途中、群臣を率いて当駅に入られたとき、郡首をはじめ庶民まで迎えたので、お迎いと名付けたという。

時に、皇后は二皇子謀反の事を聞き、応神天皇を紀伊の国に潜行させ、この地に祭壇を設けて紀伊国鎮座の熊野の大神を祭り、皇子の安泰を祈った。

昔は社殿を建てて祭り、神田20町余あって、神事も最も厳重であったが、多くの星霜と数度の兵火にかかって、祭事もいつしか怠り神田もなく現在に至る。

この鎮座跡より上上津役字馬場の熊野神社は天正年中(1573~1591)に竹尾の城主左衛門太夫鎮里が遷座させた。
下上津役字上方の熊野神社は延宝4年(1675)人民により遷座された。
この伝承にはいくつかの情報が書かれています。
まずこの神社は遷座していて、もともと下上津役(しもこうじゃく)にあったという事です。
そしてそこはがあり、神功皇后がやって来ると、郡首も庶民も出迎えたという事です。

これについて考えると、神功皇后が北九州に来たのはこれで3度目。
最初は皇祖の祭祀と造船の手配のためでした。
それから困難な戦いに全部勝利して皇子まで出産して戻って来たのですから、
人々の歓迎ぶりは相当のものだったと思われます。

そこが駅だったからでしょうか、香坂王と忍熊王の謀叛の情報がいち速く届き、
これからの戦略が練られたのかも知れません。
その後のようすを日本書紀はこう書いています。
この時、神功皇后は忍熊王が軍勢を起こして待っていると聞いて、武内宿禰に命じて皇子を抱かせ、迂回して南海に出て紀伊水門に停泊させました。皇后の船はまっすぐ難波を目指しました。
一歳ぐらいの皇子を竹内宿禰に預けて紀伊水門に潜行させたというのは、
この地の熊野水軍とよくよく話し合った結果の戦略だったのかも知れません。
練りに練って、正攻法を選んだ彼女は自分の命を懸けて戦って
皇子の命を守ろうとしました。
  可愛い盛りの皇子。
  この戦いに負けると一生、この子を抱く事はできない。
  乳母がいても、きっと皇子は自分を求めて泣くだろう。
  神さま。かならず皇子を守って下さい。
  必ず生きてこの腕に抱かせて下さい。
そう祈りながら祭壇を設けて、太母であるイザナミ神と熊野水軍の守護神たちを祀ったのでしょう。
  皇子の為ならどんな事も耐える。何でもする。
そんな決意が聞こえて来そうです。

c0222861_2105421.jpg

  境内の裏手から。

c0222861_20592024.jpg


地図 熊野神社





ときどき、ポチっと応援してくださいね。
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村
c0222861_15184581.gif


[PR]
by lunabura | 2012-03-28 21:02 | (カ行)神社 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://lunabura.exblog.jp/tb/17738308
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by カメサクハハ at 2012-03-29 00:28 x
八幡の熊野神社、そんな言われがあるとは全然しりませんでした。古賀の熊野神社には、以前、立ち寄った事があったのですが…。また、英彦さんが元なんて、勉強になりました。只今、千葉県の木更津にいます。日本武尊とオトタチバナヒメの別れの舞台ですが、認識不足で、仲哀天皇が日本武尊の息子だったとか、全然知らずでした。
遠賀に、帰ってから、ぜひ八幡の熊野神社、近いので行ってみます。
Commented by lunabura at 2012-03-29 08:25
私も名前は知っていても、こうして生きた人間として、その人生を考えられるようになるとは思ってもいませんでした。
バラバラのピースが繋がって行くのは、知的な興奮を覚えますね。
この上津役に駅があり、そちらが元宮だったようです。
もし何と言う駅なのか、とか、元宮に祠ぐらい残っているのかと分かったら教えてください。
Commented by 環境大学新聞 at 2012-03-29 20:03 x
皇室や糸屋ゆかりの大根焚と粕汁

昭和13年頃に長皇子と各・宮家や外国特使などと
在日陸軍・海軍・空軍の武官を
河内守様や三河守様に愛宕守様と葛野守様など
桃園親王家と三分家(陣屋/源氏)が招ての
古式道理の朗々たる若宮様.ご誕生の礼式と
太子宣下の礼式と
御祭祀様・財産・資産御相続(祭祀王践ソ)の礼式と
葛野守践ソの礼式や長皇子から菊花・桐花大綬伝達式や
各・宮家や外国特使などと謁見の礼式が
厳かに執り行れたのを御存知ですか。
Commented by lunabura at 2012-03-29 20:22
はじめまして。
コメントありがとうございます。
書かれた内容についてはすべて初耳です。
これは今上天皇の祝賀のお話ですか?
line

綾杉るなのブログ 神社伝承を求めてぶらぶら歩き 『神功皇后伝承を歩く』『ガイアの森』   Since2009.10.25


by lunabura
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー