ひもろぎ逍遥

lunabura.exblog.jp ブログトップ

丸ノ口古墳公園(1)那の国を見晴らす装飾古墳たち


丸ノ口古墳公園(1)
福岡県筑紫郡那珂川町後野
那の国を見晴らす装飾古墳たち

丸ノ口古墳公園はJR博多南駅から車で約10分の所にあります。
(へえ。そんなに近い(驚))
「丸ノ口・北中入口」の信号から山の方に登って行くのですが、
ナビなら「那珂川町北中学校」で行くと、隣なので分かりやすいでしょう。

c0222861_22423899.jpg

手前の駐車場から遊歩道を上ると円墳が!いきなりテンションが上がります。
ところが、左の草むらがすでに古墳。しかも、こちらがメイン。

丸ノ口古墳群Ⅵ群2号墳

c0222861_22431791.jpg

正面に廻って遠景を撮るとこんな感じ。入口は防護されています。

c0222861_22433574.jpg

扉の隙間から撮ってみました。円文が写りましたよ!

c0222861_22435718.jpg

これがそのイラスト。
イラストは円文と波と舟です。う~む。舟はどうして空にあるのだ。
よくよく考えると、高い所から見た大海原を描こうとするとこうなるかな。
あるいは遥か彼方からやって来た?
それともあの舟に乗って旅立つ?
装飾古墳は妄想出来るので、やっぱり楽しい。

しかし、問題は中央にある円文。さらに上にもある。
かつて王塚古墳で円文を見て、何も考えず人の説を採用したけど、
あれは反省。最近は少し慎重になった。

c0222861_2244112.jpg

これが出土品。さて古墳の時代は?
6世紀の後半だそう。
すると、磐井の乱後、古墳が小さくなったというのがこれ?

さてさて、一か所にこだわるには古墳が多い。先を急ごう。

丸ノ口古墳群Ⅴ群5号墳

c0222861_2245331.jpg

これは一枚目の写真の中央に見えていた円墳。廻り込むと、石室が露出していた。
おお、入口から既に円文が見えている。

c0222861_22451927.jpg

あれれ。この強化ガラスみたいな保護板は蕨手さんがレポートしていた古墳だ。
そうか。この古墳だったのだ。これは装飾古墳なのだ。
c0222861_2247825.jpg

石を打って模様を刻みこんでいる。
いたずらしないように覆いをしているのだろうけど、
ここだけ湿気がひどくなって、却って石の劣化が早くなるかも。

c0222861_22454569.jpg

と心配したけど、この解放感からすると、保護板で済ませたい気持ちもよく分かる。
天井石がないので、よく観察できるのだ。
パンフレットを見ると、何々?これは移築復元したんだって。
そうか。そうなんだ。
直径14mの円墳で、「円文」が3つ描かれているのが特徴。
ふむふむ。

c0222861_22515254.jpg

説明板がすぐそばにあるのでありがたい。
いつの頃かな?
6世紀代。さっきの2号墳と時代は重なる。

c0222861_22474199.jpg

ここから出土したのは玉類。
他の所からは武器や馬具が出ているので、ここにも、かつてはあったかも。
それとも夫人?
この時代は女性も同等に埋葬されたのかな…。

さて、この二つの装飾法は敲打法というのだそうだ。
ここだけなのかなあと思うと、こんなイラストまであった。

c0222861_2248337.jpg

福岡中南部に多いんだ。技術が伝播したのか、技術者が移動したのか、
偶然の一致なのか。誰か研究してないかな。
この古墳群が町の史跡に指定されたのが平成11年という事で、
カラーの説明板がすぐ傍に在るのは理想的でした。
(あとは出土品の所在地があれば完璧かな。)

そして、ここから見た景色がこれ。
c0222861_22481920.jpg

那の国全体が見渡せた!

正面に見えるのが若杉~宝満山系。左のずっと奥は犬鳴山系かな。
宝満山系の手前の低くて丸い山が乙金山、その右が最近話題になった大城山(大野城)のようだ。
大城山の麓には大宰府がある。その左は水城で仕切られている。

さらに左の低地から今立っている所も、かつて「天の原」と言われたという。
ちょうど白い飛行機が降りて行くところが板付。那国の王墓がそちらにもある。

ここは北東部が開けているのだ。
古墳の被葬者の背景を知るのに大切なのは場所だと思う。

この見える範囲に磐瀬宮候補地の梶原があり、日拝塚古墳があり、
三笠の山の稜線を伝って月が昇る天体ショーを見られる「月の浦」もある。
ここは何だか凄い所だ。
こんな見晴らしのいい所に古墳を作れるのは、この地を熟知して那の国を愛した人だ。

と思って反対側を見たら、あれ?磐座じゃない?
(つづく)

丸ノ口古墳公園





ときどき、ポチっと応援してくださいね。
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村
c0222861_15184581.gif


[PR]
by lunabura | 2012-07-25 22:58 | 丸ノ口古墳公園・那珂川町 | Trackback | Comments(3)
トラックバックURL : http://lunabura.exblog.jp/tb/18253374
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 隠居 at 2012-07-22 06:18 x
おはようございます。

さすがに弥生銀座と言われるだけあって,古代遺跡が密集していますね。

しかしながら,古墳はお墓なのです。古代の人々の平安な眠りを妨げられませんよう。

なお,最後に登場する“盤座”というのは,イワクラのことでしょうか。

だったら,文字は磐座(イワクラ)ですね。
Commented by lunabura at 2012-07-22 08:38
おはよございます。
イワクラー確かに誤字でした。変換文字が盤になってしまっていました。御指摘ありがとうございます。
これからも、チェックお願いしますね~。

古墳は発掘時の事故をいくつも聞いています。日本では開口時に、弔いの祈りとかあってるのでしょうか。
確かに、眠りを妨げるのは問題ですね。

こうして公開されている所は、少しでも被葬者の暮らしや思想を知るために、アプローチさせていただきましょう。
Commented by 隠居 at 2012-07-22 10:03 x
◎これまで発掘の前に,神官もしくは僧侶を招んで,お祓いのような事をやっているという話は聞いたことがありません。

本来,そうすべきだと思います。
事故のことは,初耳です。

・なお,磐座(イワクラ)の件,念のためにと思って“盤座”で検索すると,ちゃんと磐座がヒットしますが,そこに登場する文字は“盤座”ではありません。

いったい,どのような仕組みになっているのでしょう。

==============
@先日より,あらためて過去記事を拝見させていただいております。

また,気付き等ありましたら,コメントさせていただきます。
line

綾杉るなのブログ 神社伝承を求めてぶらぶら歩き 『神功皇后伝承を歩く』『ガイアの森』   Since2009.10.25


by lunabura
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー