ひもろぎ逍遥

lunabura.exblog.jp ブログトップ

東郷神社(2)フィンランドに東郷平八郎ビールがあった


東郷神社(2)

フィンランドに東郷平八郎ビールがあった

Kさんが青春時代にシベリア鉄道を通ってヒッチハイクをした時、
「北欧は親日だから日の丸をつけていったらいい」とアドバイスされ
日の丸を付けて旅をした。
そしてフィンランドに入ると、「ヤパニスカ!ヤパニスカ!」
と色んな人が声を掛けて来たという。

そして店に入ると「トーゴービール」があった。
ビールのレッテルには東郷平八郎の胸から上の肖像が描かれていたという。

c0222861_11321391.jpg

多分この写真だろう。向こうでは英雄だそうだ。
(追記 Kさんに確認したところ、帽子をかぶっていて、上半身のイラストだったそうです。)

c0222861_11322843.jpg

これは若いころの東郷平八郎。

Kさんは東郷の名前は知っていても、
どうしてフィンランドで有名なのか分からず、
出会った日本人に教えてもらったという。

フィンランドはロシアに虐げられていた。
そんな時小さな国である日本が勝利したので勇気を得たのだ。
後の独立に影響を与えた戦いだったという。

東郷神社の御祭神は東郷平八郎ですが、日本兵もロシア兵も共に祀っています。
c0222861_11325399.jpg


(渡半島から日本海海戦の海域を望む。)


地球上で一切の戦いが起こりませんように。



東郷神社(1)は サイドバー→(タ行)神社→東郷神社(1)




ときどき、ポチっと応援してくださいね。
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村
c0222861_15184581.gif


[PR]
by lunabura | 2012-09-25 11:34 | (タ行)神社 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://lunabura.exblog.jp/tb/18491749
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 愛読者 at 2012-09-25 15:10 x
大阪泉大津市にロシア人墓地があり89基の墓石が整然と並んでいます。
日露戦争では、8万人近くのロシア兵が捕虜となり、俘虜収容所に収容されましたが、大阪府高石市の浜寺俘虜収容所には、2万8千人(当時の高石村の人口の8倍!)の捕虜が収容されました。
そこでは、89名の兵士が死亡しましたが、泉大津市の人々が、自分たちの墓地のうち約600平方メートルを提供しロシア兵の墓地をつくり、代々清掃や供養を続けてきました。
古来日本には「敵を慰霊し祀る」という伝統があり、明治までは庶民の間にも根付いていました。
日本人はいつから他を慈しむ心を亡くしてしまったんでしょうね・・・
Commented by lunabura at 2012-09-26 09:45
そんなエピソードがあったのですね。
埋もれた歴史を学ぶことは大切だなと、改めて感じ入りました。
お話ありがとうございます。
Commented by 株投資 at 2012-11-17 04:31 x
とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。。
Commented by lunabura at 2012-11-17 22:51
株投資さん、ようこそ。
東郷ビール、元気でましたか?
ビールのラベルはイラストで帽子をかぶっていたそうなので、
あとで記事を訂正しておきます。
また、どうぞ。
line

綾杉るなのブログ 神社伝承を求めてぶらぶら歩き 『神功皇后伝承を歩く』『ガイアの森』   Since2009.10.25


by lunabura
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー