ひもろぎ逍遥

lunabura.exblog.jp ブログトップ

能登半島か…。



今日はみかさんと久し振りに会った。

るな 「ねえ、みかさんの実家、能登半島じゃなかったっけ。」
みか 「そうよ。はくいし。」

るな 「はくい?どう書くの?」
みか 「羽咋市。」

るな 「ああ、あのUFOが出るという。」
みか 「そうそう。」

るな 「ところで、気比神社って知ってる?」
みか 「気多神社が近くよ。」

るな 「気比神社と気多神社の違いがよく分からない。
  神功皇后の実家が近くにあって、仲哀天皇が宮を建てたんだけど。
  竹内宿禰も行ってる。」
みか 「神功皇后の名は出て来るよ。竹内宿禰?聞いたことある。」

るな 「神功皇后の妹と結婚したんだけど。宗像市の織幡神社知ってる?」
みか 「聞いたことあるなあ。」

るな 「そこに沈鐘伝説があって、鐘が沈んでいると言われていて、
    能登半島の方に同じ地名があって、沈鐘伝説もあって、それが逆さまなんですって。
    鐘崎の海女たちがそっちに行って、アワビを売ったりしてるの。
    土器もそっちに出て来る。」
みか 「え~?そんなに遠いところまで?縁が深いの。どんな土器?」

るな 「遠賀川式土器っていって、赤いの。弥生土器よ。よく見かける土器。
    それがね、神功皇后の子供を竹内宿禰がそちらに連れて行って名前替えしてるの。
    さらに、その子の仁徳天皇は竹内宿禰の子供と名前替えしてるの。」
みか 「え~?そんな話があるの。是非じゃあいらっしゃい。」

るな 「行く行く。今度帰ったら、道の駅で観光パンフレットを貰って来てちょうだい。」
みか 「道の駅?そんなの、ないない。」

るな ー唖然。「飛行機で行ける?」
みか 「ダメ。新幹線と電車。でも空港があるんだよ。すごいでしょ。」

るな 「福岡と通じてるの?」
みか 「いえ。羽田とだけ。」

彼女は頼もしいガイドだった。能登半島には飛行機では行けない事が分かった。
それだけでも、有力情報だ。

一度能登半島に出掛けようとして、案内人も見つけたけど、
日程が合わずに行けなかったのを思い出した。

あの当時は何故能登半島に行きたいのか良くわからなかった。
今ならやっぱり神功皇后の伝承調べだな。

う~ん。神功皇后はるなのライフワークになるのかなあ。
早く行きたいけど、我慢がまん。福岡の伝承を書きあげてから。
と言い聞かせるのであった。








ときどき、ポチっと応援してくださいね。
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村
c0222861_15184581.gif


[PR]
by lunabura | 2012-12-24 00:10 | にっき | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://lunabura.exblog.jp/tb/19039745
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
line

綾杉るなのブログ 神社伝承を求めてぶらぶら歩き 『神功皇后伝承を歩く』『ガイアの森』   Since2009.10.25


by lunabura
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー