ひもろぎ逍遥

lunabura.exblog.jp ブログトップ

「とひ」と「かひ」(2)纒向遺跡の場合


「とひ」と「かひ」(2)

纒向遺跡の場合


c0222861_2110343.jpg

(復元想像図 『邪馬台国 九州と近畿』より)

纒向遺跡に大型建物があった痕跡を示す柱穴があり、その中心線が東西を向いているという話があるので、
今回はその中心軸を確認してみたいと思います。

c0222861_21104037.jpg

図を見ると、東西線が右肩上がりでした。
春分秋分ラインは完全に東西でなくてはならないので、
この纒向の建物群の中心線は春分秋分の太陽祭祀線ではないことになります。
意外でした。
やはり自分の目で確かめないといけませんね。
この斜めのラインは夏至冬至の角度でもありません。

う~ん。
この傾きは「日拝塚古墳」と似ているな~。

c0222861_19374171.jpg

と思って日拝塚古墳を見ると、こちらの傾斜は意外に小さいですね。
纒向遺跡の方が傾斜が大きいのが分かりました。

次は西日本新聞の記事です。(2011.4.28)

c0222861_21141313.jpg


左下の図をみてください。
日拝塚古墳の東西線が右肩上がりなのは地殻変動によるズレかもしれないと思ったので、
纒向遺跡もその可能性があるかなと思って新聞の図を見ると、
四棟の建物のさらに東側に柱列があって、それが南北をきちんと意識しています。
ということは、このラインは地殻変動によるズレでもなく、太陽祭祀線でもないと思われます。

太陽祭祀線でなければ何でしょうか。
ラインの延長上に山の頂でもあれば山から気脈を引いたと解釈できるけど、
これは現地の人に観察をお願いするしかありません。

星かもしれない
もし山でもなく、やはり天体を意識したのではないかとこだわると、
あとは星の信仰の可能性が残っています。
一年の特定の日に東から姿を見せる守護星があったのでしょうか。

例えば、エジプトではシリウスの星の出がナイルの洪水を知らせるというように、
何かの星のイベントがあって、それを祀ったのかも知れません。

真鍋大覚は、「天皇は太陽を祭祀して、皇后は星を祭祀した」と伝えています。
香椎宮の場合、その星はスピカでした。

ベガという星があります。織姫星のことです。
古名で榧星(かやのほし)と呼んでいたそうです。
「カヤ」。

「カヤ」について「韓人倭人は織女を祈る天壇を伽耶と唱えた」と真鍋は伝えています。
                             (『儺の国の星』p158)

「伽耶」というのは朝鮮半島の南部の古代の国の名と思っていましたが、
「ベガを祀る天壇」もまた「伽耶」と呼んでいたというのです。
ベガはかつては北極星だった時代があるんですよね。
ざっと1万2000年前のことです。
今の北極星より強烈な光を発していました。
ベガが北極星の座を譲っても、その信仰は残ったかもしれません。

一方、神功皇后は背振山頂で双子座のカストルとポルックスを祀りました。
http://lunabura.exblog.jp/18632955/

このようなケースがあることから、何らかの星信仰を考えてもよいのかも知れません。
年に一回~数回、特定の日に、ま東より北にずれた方角から昇ってくる星。
1700年ほど前の星。
丹念にステラナビゲータなどを見て行けば分かるかもしれませんね。

「とひ」か「かひ」か、という点では現在の出土だけで判断すると、
槇向の人たちは「どちらでもない」ということになります。
でも南北の柱列があるのですから、その先に東西線が見つかるかも知れません。
もし別の建物が出てきたら、また推理を楽しみましょう。


ところで、槇向に景行天皇の伝承があり、都があったとしたら、
東征した神功皇后は最初にこの宮殿を目指したかもしれないな~。

亡き夫君・仲哀天皇の祖父の宮なのですから、縁故を頼るとしたらここしかないでしょう。
まずは祖先たちを祀るのが彼女のやり方ですから。
そう考えると、纒向遺跡の楽しみが新たに加わりました。
神功皇后はそののち、吉方を選んで稚桜宮に遷宮したのかもしれませんね。


※「かひ」とは夏至を元旦とする氏族であり、「とひ」とは冬至を元旦とする氏族です。


「とひ」と「かひ」(1) 吉野ヶ里は「かひ」族
http://lunabura.exblog.jp/20267331/

で説明しています。






いつも応援ありがとう。
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村
c0222861_15184581.gif


[PR]
by lunabura | 2013-05-27 21:18 | 太陽祭祀線 覚え書き | Trackback | Comments(14)
トラックバックURL : http://lunabura.exblog.jp/tb/20278517
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 前立腺隊じっちゃマン at 2013-05-29 21:59 x
太陽暦と太陰暦との軋轢など、かねて調べたいと思っていました。「とひ」と「かひ」。初めて知ることばで、部族対立から解けるようでもあり、もっと複合的な要素を含むようでもあり、楽しく拝見しました。

真鍋氏の言に似て、原田氏は「夜明けまでシャーマンが祭祀を司り、明けて大君が実務を司った」という意味の記述をなさっていたと思います。
天皇の上位、つまり日本のトップにあった階位は神祇官。でも実態として従二位が就任する形骸化したものだったようで、それは祭祀の衰退・形骸化に依る、と説明されます。天皇こそ形骸化しているのに、すこぶる腑に落ちません。「とひ」と「かひ」、なにか関係するのでしょうか。

中東の天文技術・宗教・芸術の影響が日本にも波及していること、素晴らしいと思います。が、出張明けの疲労を残したまま、また明日出撃しますので、これにて。
Commented by lunabura at 2013-05-29 22:36
前立腺隊じっちゃマン 、こんばんは。
またまた出張だったのですか?
お疲れ様です。

>天皇の上位、つまり日本のトップにあった階位は神祇官。でも実態として従二位が就任する形骸化したものだったようで、それは祭祀の衰退・形骸化に依る、と説明されます。天皇こそ形骸化しているのに、すこぶる腑に落ちません。「とひ」と「かひ」、なにか関係するのでしょうか。

についてですが、もう少し説明をいただけますか?
ちょっと分かりづらかったので。
Commented by 前立腺隊じっちゃマン at 2013-05-30 00:52 x
書類整理の後、ふと見れば早速のお返事、有難うございます。

皇室内及び周辺の覇権について、教科書的事象しか知りませんので、遠く太陽信仰に発する系譜と、熊信仰の系譜との関係がどのようであったか、知りたいと思っています。
日本人が「日輪様」を拝む行為が、中東発祥なのかゾロアスターのそれか、はたまたゾロアスターの影響を受けた仏教による間接伝播なのか、知りません。まして、山岳信仰のようなカラスをシンボルとする熊信仰の系譜となると、不勉強もいいところ。でもそれらの対立が、なにか日本の権力構造に関わっているのではないか、と思ったのです。古代周に発する官位十二階は近畿王朝だけオリジナルと異なる、という古田記述?!も気になっています。
まったく無知の丸投げをするようで、すみません。

流入した文化を捨てないところが、日本の魅力なのでもありましょうが、理解が難解でもあります。そこに惹かれるわけですが・・・
呉服が「呉」の服であること、隋のファッションやオーケストラ関係者まで殺した唐が、困り果てて採用したウイグル様式が日本の雅風として渡来していることなどを知ると、陶然となってしまいます。
Commented by lunabura at 2013-05-30 20:04
>古代周に発する官位十二階は近畿王朝だけオリジナルと異なる、という古田記述

>唐が、困り果てて採用したウイグル様式が日本の雅風として渡来している

など、興味深い話をありがとうございます。
Commented by 前立腺隊じっちゃマン at 2013-05-30 21:34 x
「かひ」とは「伽耶」の謂いでは、と考えています。昨夜は、昔氏新羅・早期渡来の百済人を含めて、太陽信仰の総称であるような気がして抵抗があり、飽和のあげく、混迷極まる表現となりました。先ほど仮眠の後、気分的にケリがつきました。

昔氏新羅である蘇我を、なぜ「とひ」と表現するか、今はちょっと発想できません。同じ太陽信仰ながら、異なる天測を用いること、興味深いことです。ともあれ、熊信仰との対決前夜のことでありましょう。

私は推測航法などを学んだのですが、天測航法を知りません。星の記事、興味深く拝見しています。

   北の宿泊地にて
Commented by lunabura at 2013-05-30 22:40
「とひ」と「かひ」は「冬日」「夏日」ではないかと、単純に考えております…。
固有名詞でなく、祭祀パターンのことではないでしょうか。
「とひ」「かひ」以外にも、春分祭祀パターンもあるはずで、この纒向遺跡がそうではないかと考えた訳です。
そうしたら、春分ー秋分ラインが出て来なかったので、ちょっと驚いている次第です。

ところで熊信仰とは、どのようなものですか?
Commented by 前立腺隊じっちゃマン at 2013-05-30 23:59 x
熊をグループ意識の表象とする原始集団を「熊トーテム族」と言うのであろうと理解しています。太陽信仰に対して、干魃を嫌い、黒い雨雲などを連想させる熊を表象としたのだと。
日本の有力氏族の渡来は、韓半島熊族の増殖を嫌ってのもの、という韓人の見解があるのですが、さなるか、それ以前の植民地開拓としての移流は考えられないのか、私には判断要素がみつかりません。後代、壬辰の乱を経て、熊族の世となるのですが。
Commented by lunabura at 2013-05-31 20:00
前立腺隊じっちゃマンさん、こんばんは。
たびたびの質問で済みませんが、
>壬辰の乱を経て、熊族の世となるのですが。
について教えて下さい。
この時代のこと、よく分からないのです。
牛とか猪とか鹿とかは、これまで出て来たので分かるのですが。
熊をシンボルとした氏族って誰かなあ。
Commented by 前立腺隊じっちゃマン at 2013-06-01 15:32 x
るな様、こんにちは。昨日杜の都で昏倒の後、御下問を頂戴した様子。
国内事情は疎いので、半分納得している韓人説を受け売りします。
熊トーテムは高句麗の檀君神話を生じ、半島で普及の主役を務めたのは百済、という内容であったと記憶します。
それによって追い出されたのは太陽族なのでしょうね。伽耶前期の豪族、昔氏新羅など。壬申の乱の負け側は、そうなのだろうと思う所以です。勝ったのは百済系。なので、熊族と申しました。
「クマ」「クロ」を地名とするところ、関係が濃いと思えるところ多数です。天智朝とクマソとの親和性も、含めてよいのかもしれません。

とはいえ、単なる抗争の果ての後付け解釈、という印象も拭えないでいます。たとえば、仏教を奉じた物部と神道を奉じた蘇我との戦い、などと習いましたが、機能の異なるものがポスト争いをする訳もなく、単なる政争の後のゴシップと感じられます。
Commented by lunabura at 2013-06-01 21:58
詳しく説明いただいてありがとうございます。
歴史はいろんな角度で見直す必要があるのですね。
少しずつ学ばせていただきます。
Commented by ヨシュア at 2014-08-07 13:19 x
冬至に大型建物跡から三輪山の方向をみると、朝日は三輪山山頂からのぼるんですよ。
Commented by lunabura at 2014-08-07 20:01
これは耳より情報ですね。
山頂から朝日が昇るとは!
ありがとうございます ♪
Commented by ヨシュア at 2014-08-07 21:05 x
耳寄りでしょう!この場所で、太陽の動きをよんで「冬至立春春分夏至立秋秋分」を知っていたようです♪
Commented by lunabura at 2014-08-07 22:02
何か論文が出たのですか?
研究が進んで面白いことになってるんですね。
line

綾杉るなのブログ 神社伝承を求めてぶらぶら歩き 『神功皇后伝承を歩く』『ガイアの森』   Since2009.10.25


by lunabura
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー