ひもろぎ逍遥

lunabura.exblog.jp ブログトップ

 三女神社 1 不思議な「二女神社」と 水沼の君

宇佐・安心院トレッキング(20) 

三女神社

 不思議な「二女神社」の扁額 と 水沼の君


今朝は夢の中で一枚の映像を見ていました。
高原の展望のよい所に二人の女性が向こうの山を見ています。
向こうの山は台形の形をした緑の美しい山でした。
二人はレギンスをはいたスレンダーな姿で伸び伸びと手を広げ、
とても気持ちよさそうでした。

二人の女性…。
夢の話をしながら、あれ?と思いました。
これは昨日記事にした二女神のシンボルでしょうか。
現代の女性だったのですが、何となくそう感じられました。
後ろ姿だったので、これから顔が見えたり、名乗りがあったりしたら、
逍遥の道程が一歩進んだということかも知れないな…

そんな事を考えたのですが、今回の三女神社の一の鳥居の扁額の
金色に縁取られた文字は何故か「二女神社」だったのです。

トマコさんからもコメントで指摘があったのですが、その通りなのです。
「三女」神社なのに「二女」と書かれた扁額。
これを掲げた人の強いメッセージを感じずにはいられません。


c0222861_21214047.jpg


ここは「家族旅行村 安心院」の隣にあります。
隣といっても、山ですから、10分ぐらいは歩いたかな。
舗装道路に面したいかにも古社の風情。

c0222861_2122169.jpg

これが一の鳥居の拡大です。「二女」神社と書かれています。謎めいた扁額です。


c0222861_21221671.jpg

石段を上ると、広い参道。
土の道で、とても心地よいのですが、るなの頭はまたもや何故?
どうして参道がこんなに広いのだろう。
土の道なのに草が生えていないのはよほど踏みしめたのか。
回りに人家のない所に、これほどの参道を作るのは何故?
るなの何故?なぜ?が始まります。

c0222861_2123070.jpg

次々と石段を上りながら、当然、扁額に意識が行きます。
これは「三女神社」。とてもがっしりとした鳥居です。
他の鳥居も全部「三女神社」でした。

c0222861_21231842.jpg

ようやく神門前に着きました。
ここもまた正面でなく、脇から参拝するようになっていました。

c0222861_21234254.jpg

神門の正面にまわりました。

c0222861_21235958.jpg

思いがけず大きな本殿でした。

祭神は 田心姫命 湍津姫命 市杵島姫命 他十柱です。
宇佐神宮の比売神、宗像三女神と同じです。

一の鳥居の所にあった由緒を写します。
由来 鎮座地 宇佐郡安心院町大字下毛字三柱

そもそも三柱山三女神は日本書紀神代巻に曰く
「即ち日神(天照大神)の生みませる三女神を以て、葦原の中国の宇佐島に降(あまくだ)り居さしむ云々…」とあり、即ち宇佐島とはこの地宇佐郡安心院邑、当三柱山一帯とされ、安心院盆地を一望する聖地で、宇佐都比古、宇佐都比売は三女神を祖神とするが故に、全国唯一の三女神の御名前をもつ社であるにして、水沼の君等がこれを祀る、爾来一貫してこの地に鎮座して今日に至ると伝えられる。(略)


ここは三柱山といって三女神の降臨地ということですね。
宇佐都比古、宇佐都比売三女神を祖神としています。
そして、驚きの名が…。
「水沼の君が祀る」とあるのです。
まさか、こんな所まで水沼の君の祭祀圏があるとは。

これって、まさか、るなの仮説「水沼―三女神―宗像のライン」をつなぐ証し?

(つづく)


地図 三女神社






いつもポチっと応援ありがとう。
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村
c0222861_15184581.gif


[PR]
by lunabura | 2013-08-30 21:28 | (サ行)神社 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://lunabura.exblog.jp/tb/20680094
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by トマコ at 2013-08-30 22:39 x
こんばんは♪
やっぱり、るなさんはご存知だったんですね!
私のつたないコメントを取り上げて下さって、有難うございます^^
夕暮れに偶然見かけて、とにかく由緒だけ読んでおこうと思って
そこだけ見た次第でした^^;
宗像三女神の降臨地といわれる場所には、宗像大社の高宮斎場と
六ヶ岳(一般的な六ヶ岳山頂にに登りましたが、山頂標識意外は見当たりませんでした)
に行きましたが、降臨地って何か所もあるものなんですね。
二女神の事も、深い意味があるのですね。
わからないなりに、ワクワクしています♪
そうそう、私もカシスのいいちこを買って帰りました(^^)
私は、るなさんのブログとはだいぶ畑違いの、畑が主なブログを主人としています^^;
時々、北九州の史跡なども記事にしているのですが、三女神社を見かけた記事を
そのうちUPしようと思っています。
恐れ入りますが、その時はるなさんの記事をリンクさせて頂いても大丈夫でしょうか?
私の記事は、内容はまったく簡単なので恐縮なのですが・・・
もしよければ、よろしくお願いいたします。
お忙しいところを、長々とすみません<m(__)m>
Commented by lunabura at 2013-08-30 22:57
トマコさん、こんばんは。
降臨地というのは、氏族が移動した時に、新天地の秀でた山に信仰する神々を招いて、神事をするのではないかと思っています。
ですから、降臨地は複数あるわけで、それが氏族の移動ルートを明らかにするのではと思っています。

畑ですか!!
私もしばらくは有機栽培で畑をしてたんですよ。
どうぞ、今からでもリンク、お願いします。
アドレス教えてくださいね。  (^-^)v
Commented by トマコ at 2013-08-30 23:38 x
早速のお返事を有難うございます。
るなさんも、野菜を作っておられたんですね♪
私達も、無農薬で無化学肥料で作っています^^
お言葉に甘えて、ブログの方にリンクを頂きました。
こちらのアドレスは、トマコの名前をクリックして頂ければ大丈夫と思います。
また、記事にリンクさせて頂いた時にはご報告に参りますね。
降臨地の事、なるほどです~有難うございました!
これからも、どうぞよろしくお願いいたします♪
Commented by lunabura at 2013-08-31 21:46
トマコさん、こんばんは。
素敵なブログですね!
写真がクリアー!
熊鰐さんのお寺の噂を聞いていたので、記事を読ませてもらって
ありがたかったです。
これからもよろしくお願いします。 (^-^)
line

綾杉るなのブログ 神社伝承を求めてぶらぶら歩き 『神功皇后伝承を歩く』『ガイアの森』   Since2009.10.25


by lunabura
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー