ひもろぎ逍遥

lunabura.exblog.jp ブログトップ

三女神社4  三柱石は御許山を見ている

宇佐・安心院トレッキング(23) 

三女神社4
 三柱石は御許山を見ている

境内に戻って来ました。拝殿の右手に石があります。
c0222861_21415713.jpg

皮籠石と書いてあります。

皮籠石(かわごいし)
当社西約百メートルに皮籠石なる名の字(あざ)あり。そこに皮籠大明神といわれる当社の末社があったが、明治初期、この玉垣内に移し祀られた。
奈良時代、仁聞菩薩(にんもんぼさつ)が三女神社に参拝し、ここに皮籠を下ろし、前面の岸壁に仏像を刻んだと伝えられる。また一説には神武天皇東征の時、この石に皮籠を置かれたとも伝えられる。


直方体の石で、背中に背負う籠のような形をしていますが、
嘉麻市にも同じ字の石があり、それは「こうご」と読ませていました。
「神籠石」と発音が同じなので、気にしていたのですが、山の中なので探しだすのはもう難しそうでした。

石には神が籠るので、この皮籠石もそうなのかな、なんぞ思うのですが、どうでしょうか。
写真の石も御神体と考えていいのかな。大明神というのですから、
どんな信仰があったのか気になりますね。

神武天皇の名前もそろそろ出て来ましたよ。




c0222861_21432385.jpg

これはその横にあった斜めの石です。

三柱石(みはしらいし)
三女神天降りの遺跡と伝えられ、地上に突出すること二メートル余り。
「古来、試みにこれを穿て石根を見んと欲すれば、
宇宙闇然、風雨到り、大地震動してその声、雷の如し、と言う。
後人恐れて、触るものなし」と言い伝えられる。なほ三柱石は安心院七不思議の一つとされている。

この石を抜いて根っこがどうなっているのか見ようとしたら、真っ暗になって嵐となり、地震まで起こったといいます。

この石について、安心院のHPにはこう書いてありました。
三柱石は、三女(さんみょう)神社の境内にあり、石の玉垣を廻らしてある。
天照大神が三女神をこの国に降されるとき、高天原の石を取られて「この石の落ち止まる所に鎮座せよ」と 言って投げられた石という伝説がある。
大地から生えたように三本の石が棒状に立っている。

この石は高天原から投げられた石でした。

さらに、一の鳥居の横にあった由緒の一部。
境内は古代の祭祀の面影を漂わせ、幾多の史跡と伝説とを有し、特に三柱石始め多くの陰石を有し宇佐神宮の元宮お許山(大元山)の御神体となり三個の女陰を形どる巨石の組み合わせと対照的に男根的存在を現わしているところに神秘さを蔵している。応仁天皇元年に社殿を改修したという記録がある。


読点が省略されていて、文脈が分かりにくいのですが、
どうやら御許山の磐座は巨大な女陰石で、こちらは男根石として、
広大な祭祀の仕組みの一画を担っているようです。

安心院は磐座が多くて、謎だらけなんです。



そして、HPをクリックしていたら、「水沼井」が出ていました。
三女神社の崖下の川からほど近くに井戸がある。
この井戸の水はいかなる干ばつにも涸れず、いかなる大雨や洪水にも満ちもせず、濁りもしない。
文化6年(1809年)宇佐の大蔵という者が足の病のため宇佐八幡に参籠して平癒を祈り、37日で霊夢を受けた。
白衣の神翁が現れて言うには、「これから南に3里木裳の里、水沼(みぬま)の神水がある」と。
夢覚めて水沼井に来て教えの通り潅いだら、果たして病は平癒した。
そこで、乗ってきた車を三女神社に奉納して帰ったが、このことによって世に現れ病気平癒を祈る者が引きも切らず、そのため木裳村では、旅宿を営む家がたくさなったという。
この井戸は三女神社が産湯を使った「天の真名井(まない)が三女神の後を慕って高天原から降ったのだという伝説があり、神格化して「お水様」と称して水沼宮として祀っている。

写真がついていました。やはりあの石段を降りた平地にあったみたい…。(・.・;) 

何だかわけ分からなくなってきました。




c0222861_21471326.jpg

これは山門から見える盆地の眺めです。素晴らしいですね。
明らかに正面の山への祭祀意識が見られるのですが、地図を何度見ても、
山の名前が分かりません。

これから向かう妻垣(ともがき)神社なのかなあ。
そうだとすると、そこもまた比売神の降臨地なのです。
ただし、この比売神は三女神とは別の神でした。

だんだん、謎のスパイラルにハマっているような…。
そんな気がしてきました… (+_+)

ミウさん、山の名前をコメントで教えて下さいな…。(非公開でいいので)



三女神社

写真モードにすると、盆地の形がよくわかります。





いつもポチっと応援ありがとう。
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村
c0222861_15184581.gif


[PR]
by lunabura | 2013-09-02 21:54 | (サ行)神社 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://lunabura.exblog.jp/tb/20691180
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented at 2013-09-03 16:39 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by lunabura at 2013-09-03 20:21
ああ、そうなんですか。竜王山ですか。確かに、地図を見ると綺麗な同心円を描いていますね。
神武天皇がこの三女神社で上陸されたというのは、川筋からみて、納得できるルートですね。
米神山には登ったことがあるんですよ。
安心院はホント面白いですね。
情報ありがとうございます。 (^-^)
line

綾杉るなのブログ 神社伝承を求めてぶらぶら歩き 『神功皇后伝承を歩く』『ガイアの森』   Since2009.10.25


by lunabura
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー