ひもろぎ逍遥

lunabura.exblog.jp ブログトップ

宮地嶽古墳のガラス板・百済産か?国産か?


宮地嶽古墳

ガラス板は百済産か?国産か?

先日、古代ガラスの話を聞いて来ました。
古代ガラスは現在、6種類に分類されているそうです。

宮地嶽古墳の出土物に、板ガラスがあります。

これを九州国立博物館でようやく見たのですが、
サイズはCDケースより、少し大きめ。厚さは1.5センチほどのもので、
紺色の神秘的な色でした。
(撮影禁止なので、写真はなしです)

なかなか宮地嶽古墳の出土物を実見する事が出来ないのですが、
九州歴史資料館の田中幸夫コレクションにその破片がありました。

c0222861_2147114.jpg

左は緑色ですね。右が紺色っぽいのですが…。


分類は鉛ガラスに属します。


で、古代の鉛ガラスは一時途絶えましたが、復活して百済で生産され、
百済滅亡の時に亡命した工人が日本にやって来て、
全く同じ技法で飛鳥池遺跡で鉛ガラスを生産したそうです。

言いかえれば、鉛の同位体を調べれば、産地が簡単に分かり、
百済産か、国産か、特定できる時代になっていました。

百済(346-660)


国産だとすれば、660年以降になるので、7世紀も後半のものとなり、
宮地嶽古墳の造営時代がより明確に絞れることになるはずです。
また、飛鳥で作られた製品が当古墳に早々と奉納されたこととなり、
被葬者の影響力は近畿にまで及んでいたことになります。

現在の評価では、宮地嶽古墳は7世紀前半とされています。
そうすると、このガラス板は百済で作られた可能性が高いです。
古墳の被葬者か縁者に、直接贈られたなんて妄想もできますね。


ただし、もう少し調べてみたら、
「発掘されたガラスとアクセサリー」岡山市埋蔵文化センター 谷一 尚
http://www.city.okayama.jp/contents/000104774.pdf
に、

c0222861_21482677.jpg

とあったので、隋の製品の可能性もあるかと思いました。

隋(581-618)


c0222861_21485014.jpg

これが宮地嶽古墳のガラス板です。

ガラスの生産地を調べるのは簡単になったらしいので、九博や九歴はすでに調査済みかも知れませんね。
もし、まだだったら、早く調べてくれたらいいな。

それにしても、宮地嶽古墳の出土品がどんなものか、
パンフレットでいいから、
収蔵する九博と東京の資料館は作ってくれたらいいのに。

それを、古墳に参拝する人や地元の小中学校に配布して、
宮地嶽古墳の存在を伝えてほしいなと思いました。
(知っている人はとても少ないのです)
それが、出土品を収蔵する各館の責任だと思います。

これは福岡の各地の出土品に言えることです。

例として、竹原古墳は見学できても、出土品の写真一枚ありませんでしたし、
どこに行けば見られるかも分かりませんでした。(福岡市内にあるということまで分かりましたが)
このような例はいくつもあります。

本来地元にあるべきものを、各大学や資料館が持ち出したなら、
写真で良いから地元に還元し、
子供たちに伝えることで、地元の歴史を伝えてほしいです。

それが歴史資料館へ足を運ぶ人を育てることにもなると思います。





いつもポチっと応援ありがとう。
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村
c0222861_15184581.gif


[PR]
by lunabura | 2013-10-27 21:51 | 宮地嶽神社と古墳・福津市 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://lunabura.exblog.jp/tb/20880867
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by エゾリス at 2013-10-29 19:03 x
るなさんこんにちは。
本当にるなさんのいうとおりです。
竹原古墳も宮地嶽古墳にも行きました。古墳は見る
ことができましたが、出土品の説明もまた竹原古墳は
入場料を取りますから説明を求めましたが何も聞き出す
ことはできませんでした。
古墳の近くに資料館を設けるべきだと思います。
札幌の近くに「カリンバ遺跡」という縄文後期の遺跡がありますが
近くの埋蔵文化財センターで出土品を見ることができ、糸魚川の
翡翠の勾玉も出土しています。
縄文時代の北海道でこんなすばらしい勾玉を持っていた人々
はどんな人達だったのかきちんと保存してくれているだけ
で嬉しくなります。専門の学芸員もいます。
これは地元の人たちの熱意ではないでしょうか?
香椎で求めた「香椎東」という本ご存知ですか。
この本は香椎東校区の方が作られたと書いてありますが
縄文時代から近代までまとめられたすばらしい本です。
まだ全部読み切れないほど内容が深いです。
香椎地区の人はこの土地を愛してやまないのでしょう。
古代の海岸線まで載っています。
筑紫舞ですが宵宮の練習だったので竹筒が並べられ蝋燭が
入っていたので幻想的な舞を想像しました。
Commented by lunabura at 2013-10-29 21:52
エゾリスさん、北海道の話をしてくださって、ありがとう。
素晴らしい環境ですね。
竹原古墳は残念な環境です。
今思い出したのですが、地元の方が運動したら、一日だけ出土品が公民館あたりで公開されたとか。
怒ってましたね…。

福岡はかなり早くから出土品が出ていて、偉い学者さんたちが貸してくれと言われたら断れない風土とかが災いしているようですね。
鏡が8枚出土した時、どこに持って行っていいか分からず、各神社に奉納したとか、いろいろ聞きます。
その話を資料館で話しても、相手にしてもらえませんでしたけど。
出土地も、鏡の種類も分かってるのにね…。
歴史を故郷に戻さないといけませんね。
line

綾杉るなのブログ 神社伝承を求めてぶらぶら歩き 『神功皇后伝承を歩く』『ガイアの森』   Since2009.10.25


by lunabura
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー