ひもろぎ逍遥

lunabura.exblog.jp ブログトップ

解禁


ようやく書き換えの目途がついてほっとしています。

ブログ更新をずいぶんしなかったのですが、
途中で記事を書こうとすると、パソコンの液晶画面が点滅。
こりゃあ駄目だと、画面がピカピカする間、点灯の一瞬を狙ってファイルを閉じたりしました。
う~ん。
この症状、以前も何度か出てきて治まっていたんだけど、寿命かなあ。

今日は正常に動作しています。

一週間以上の間、いろいろとありましたね。
その中でも、船原古墳から金の歩揺が出たのはワクワク。
c0222861_2251925.jpg


船原古墳の近くに小山田斎宮愛鷹神社があることから、
安曇族の活躍したエリアと考えていた所です。

この古墳は宮地嶽古墳との関わりが深いので、
磐井の君の次世代~三世代の人たちの活躍した時期と考えています。

倭王朝は磐井の君が亡くなったことで、
拠点が八女から粕屋(船原古墳もかつては粕屋にあった)に。
そして、津屋崎(福津市)へと移動。

その仮説を補強するのが、古墳群の金メッキの馬具たち。
そして、古墳を形成した石材の採取地。
これらが、少しずつ明らかになっていくことでしょう。


私事では、ガイドブックのデザインがメールで届きました。
とても素敵な感じになっていました。(*^_^*)

カラー!
次のページも。
本によっては、カラーと白黒が交互になるものもあり、
どうなるかな、と思っていたので、ありがたいです。

写真が沢山あって、青空がアクセントカラーになっていました。
神社によって、古木の色合いや、社殿の華やかな朱色、エンジや紫など、
個性があって、多彩なので、どのように仕上がるか楽しみです。

内容は字数制限なしだったので、書きたいだけ書きました。
でも、旅の通過点なんかは、書く事が無くて400字ぐらいで済ませました。
でも、それはさすがに、せめて800字くらいは、と言われて追加したりしましたけど。

字数を考えずに書いたので、構成するのは大変だろうなと思いつつ。

このあと、ドーンと校正が待ってるんでしょうね。



これからはブログの方の書きかけの記事に取り組みますが、
あまりに多分野を放置しているので、どれから書くか迷い気味。

例の如く、好き勝手な順で記事を書いて行きましょう。

いろんな方から応援メッセージをいただきました。
まさか、あの松原照子さんが磐井の君に注目したとは驚き。
でも、周囲の人に尋ねてみると、磐井の乱を知っている人がいなかったのにさらに驚き。

でも、応援コメントのお蔭で、やっぱり古代史は大切だと納得しました。

このほか、メールをくださった方にはすべて返事を書きましたが、
届かずに帰ってきたものがあります。

届かなかった方、あなたです。
グッドタイミングで情報をいただいたので、早速参ります。
ありがとうございます。

ということで、お籠り解禁です (^o^)/




いつもポチっと応援ありがとう。
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村
c0222861_15184581.gif


[PR]
by lunabura | 2013-11-27 22:09 | にっき | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://lunabura.exblog.jp/tb/21012116
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
line

綾杉るなのブログ 神社伝承を求めてぶらぶら歩き 『神功皇后伝承を歩く』『ガイアの森』   Since2009.10.25


by lunabura
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー