ひもろぎ逍遥

lunabura.exblog.jp ブログトップ

破壊されているのは金武古墳群?


破壊されているのは金武古墳群?


福岡県の日向峠(ひなた)峠付近で破壊されている古墳群について、
ハコガメさんから「金武古墳群」ではないかというコメントをいただきました。

「金武古墳群」で検索すると、PDFが出ていました。
現地説明会が2013年7月27日にあったようです。今年の猛暑の中、大変だったでしょうね。

http://bunkazai.city.fukuoka.lg.jp/files/ExcavationNewsParagraph27fileja.pdf
で「金武古墳群現地説明会史料」が出て来ます。

簡単な内容ですが、カラーで分かりやすいです。
住所が書いてありませんが、福岡市早良区か西区と思われます。
場所から考えて、私が見たものは「金武古墳群」で間違いないようです。

以下、PDFから一部引用します。

金武古墳群は日向峠に沿って流れる日向川周辺の山の麓ふもとに位置しており、約150基の古墳からなりたっています。この古墳群には、市指定史跡となっている夫婦塚古墳や市内では珍しい装飾古墳も含まれています。また、朝鮮半島で焼かれた新羅土器が出土していることも注目されます。

装飾古墳もある!これは見たいです。

現在行なっている8次調査は、開発に伴う発掘調査で、吉武B、C、D群の内20基の古墳を対象に昨年7月から着手しています。古墳は標高100~140mと高く急な南側斜面に造られています。弥生時代からつづく重要な交通路であった日向峠を行き交う人々からのながめを意識して造られたのかもしれません。
(略)
主な出土遺物は、床の石のすきまに残っていた土器や鉄製品の破片、金張りの耳環じかん(耳飾)、メノウやヒスイ製の勾玉、水晶の切子玉、ガラス小玉などの装飾品のほか、鉄をつくる時にできる鉄滓も見つかりました。

これら20基の古墳が造られた時代は、海外の先進文化を積極的に取り入れようと遣隋使や第1次遣唐使が派遣された6世紀の末から7世紀の前半ごろです。

やはり開発の為の調査ですね。
早くから盗掘されていたそうですが、時代的に6世紀末から7世紀前半ということで、
今話題の船原古墳と同時期となります。

聖徳太子が602年に弟の来目皇子を征新羅大将として派遣し、皇子は糸島で亡くなっています。

この古墳群の被葬者たちは、この戦いにきっと関わったことでしょう。
これが失われるのは残念です。

しかも古墳の上の家に住んで幸せになるのは難しい。
開発業者は古墳の跡だと、きちんと説明してくれるでしょうか。





いつもポチっと応援ありがとう。
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村
c0222861_15184581.gif


[PR]
by lunabura | 2013-12-08 22:57 | <古墳>手光は宮地嶽へ | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://lunabura.exblog.jp/tb/21063136
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 蕨手 at 2013-12-13 00:59 x
 やはり金武古墳群中の吉武群のようですね。チャンと学術調査もされているようで、残念ですがロクな調査もせずに葬られる古墳群も多い中でまだましな扱いとも言えますね。
 装飾古墳(吉武K7号)は説明会資料に貼ってある画像の右側に見える池の左隣の細長い森の中にありますが、入口は土嚢で塞がれています。また、近くの乙石H2号(夫婦塚)は地域を代表する大型墳と巨石横穴式石室が見ごたえ十分なので、ぜひ探索されてみてください。
私のブログの別館掲示板に位置情報を記入した画像を貼り付けておきますので参照されると良いです。 良い情報提供をありがとうございました。
Commented by ハコガメ at 2013-12-13 10:29 x
先日、現地に出向き調査の責任者の方にお話しを伺いましたら、地元の採石会社が真砂土と花崗岩を採取する為の開発で調査は来年の3月までを予定しているとの事でした。
お話しいただいた方は親切に発掘している所まで案内して下さいました。
周辺の古墳の特徴や年代を聞かせていただきここは7世紀の古墳群だと話されておりました。古墳に使用している岩も現地の岩を利用しているとの事でした。
数多くの古墳を保存はできないので調査して記録を残す‥‥と残念そうに言っておられました。
Commented at 2013-12-13 11:18 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by lunabura at 2013-12-13 22:40
蕨手さん、ありがとうございます。
装飾古墳や夫婦塚が残っていて一安心です。
初めてこの古墳群の存在を知ったのですが、装飾古墳の絵とか、
資料館があるわけではないのでしょうね。
また、一歩ずつ調べないといけないのかな…。

とにかく、情報ありがとうございます (^-^)
Commented by lunabura at 2013-12-13 22:46
ハコガメさん、行ってくださったんですね!
真砂土ですか…。
古墳って真砂土がほとんどではないですか?
下手したら、拡大して行きそうな気配ですね。
香春岳や鹿部山の二の舞は避けたいものです。
地元の方が、今、関心を持ては、そこまででストップできるかもしれないです。
私たちの世代で山を失う事になるのは避けたいですね。
連絡ありがとうございます。 (^-^)
Commented by 蕨手 at 2013-12-16 06:15 x
当該装飾古墳の報告書を所蔵しています。お時間をいただければレポートにまとめて投稿しても良いですよ。
実はまだ訪問したことがないので、臨場感は出せないですけれど(笑)
Commented at 2013-12-16 06:20 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by lunabura at 2013-12-16 22:25
おお、装飾古墳は報告書があるんですね。
是非、レポートと解説お願いします。
ずっと先で構いません。 (^-^)
line

綾杉るなのブログ 神社伝承を求めてぶらぶら歩き 『神功皇后伝承を歩く』『ガイアの森』   Since2009.10.25


by lunabura
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー