ひもろぎ逍遥

lunabura.exblog.jp ブログトップ

三つの共時性



この共時性は何だろう。

昨日、お知らせしたように、2月にお話をするための準備に入っているのですが、
鞍手郡の木月の剣神社の所で、一休み。

鞍手には天智7年に草薙の剣盗難事件があり、盗まれた剣が古物神社に光って落ちてきたので
一時保管した伝承があります。
盗んだのは新羅僧・道尭(道行)。

岡垣の高倉神社で草薙の剣のコピーが七振り造られ、
それが配られて八つの剣神社が出来たと言われています。
高倉神社が嶋戸物部なら、他もみんな物部だろうか、などと想像しています。

そして、一つ疑問がありました。
どうして、大阪でも同じ話があるのだろうか、と。

現地調査は簡単にできないから、ま、その前に鞍手の状況も明らかにしておきたいな…。
なんて思ったのですが。

そのすぐ後、友人が来て、私がお願いしていたお土産を持ってきてくれました。
私の好物は「神社のリーフレットと地図」。

「ありがとう (^o^)/」
手にしたのは「阿遅速雄神社 御由緒」というものでした。
その住所は大阪市鶴見区放出(はなつてん・はなてん)。

なんと、盗人の新羅僧・道尭(道行)が盗んだ剣を放り出したという場所だったのです。
むうう。
時空を超えて繋がってる…。

何で、今の今、考えていた情報が手に入るの? (・.・;)



そして、お土産にはさらに三輪神社の「三輪明神縁起」が入っていました。
「三輪山なら、るなも山頂に登頂したよ」と言いながら、目が点。

え?
「山の辺の道」って三輪山の麓にあるの?
え?箸墓古墳もこの近く?
それぞれ、バラバラに行ったので、全然繋がっていなかった (´・ω・`)
(地元の人、笑ってるだろうな…)

るなは 中学を卒業すると、奈良に何度か通ったのです。
福岡からね。おませさんだったなあ。


そして、次に目に入ったのは狭井川(さい)。
先日、イスケヨリ姫のイラストの手に持たせたのが、このサイ(ゆり)。
狭井川の近くには神武天皇聖蹟碑も描かれています。

c0222861_053355.jpg


ああ、ここが神武天皇がイスケヨリ姫と結ばれた事になってる地?

これもまた東西二か所にサイ川があるんだなあ。

ということで、この二つの共時性、何と解く?


しかも、昨日、真鍋の本を読んでいて、「三輪山の白蛇」と「ヤマタノオロチの草薙の剣」について、
誰も書かない話を見つけたのです。
これで、三つ目の共時性。

いったい何処から手をつけたらいいの?
そんなこんなで、地に足がつかない一日でした。




※ 非公開コメントの皆様、ありがとうございます。 (^-^)





いつもポチっと応援ありがとう。
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村
c0222861_15184581.gif


[PR]
by lunabura | 2014-01-14 00:08 | にっき | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://lunabura.exblog.jp/tb/21466510
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
line

綾杉るなのブログ 神社伝承を求めてぶらぶら歩き 『神功皇后伝承を歩く』『ガイアの森』   Since2009.10.25


by lunabura
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー