ひもろぎ逍遥

lunabura.exblog.jp ブログトップ

ヨド姫(9)乳母神社 母なる玉依姫と海の神

ヨド姫三社めぐり(9) 

乳母神社
めのと
母なる玉依姫と海の神

上無津呂から下無津呂へ。

c0222861_2282038.jpg

どんな山の中でも、道路は見事に舗装されています。
高架から降りた所に乳母神社がひっそりと鎮座していました。

周囲に人家はありません。

c0222861_2285327.jpg

参道も??から入って行くようになっていました。
一見して古社だと分かります。

c0222861_2291799.jpg

祭神は玉依姫と大海祇神。(おおわだつみ)

そうすると、玉依姫が乳母神ですね。
姉の豊玉姫の子・ウガヤフキアエズを育てました。
オオワダツミ神は海の神。
ここにも安曇の神々が祀られていました。

c0222861_2294112.jpg

周囲が開けた境内に、ひときわ古い巨木が祀られています。
木のコブが膨らんでいます。
安産の神木のようですね。


c0222861_2210010.jpg

そして天満宮が!
道真公です。
このように大切に祀られています。
そして、縄には海藻が結ばれていました。

海人族の証しです。


道真公は思いがけない所で出会います。
九州王朝と深く結びついているのが分かってきました。
そのためでしょうか、道真公が過酷な追跡を受けた状況を耳にします。

道真公は福岡の人にとっては学問の神様として慕われていますが、
京都辺りでは三大祟り神の一つに挙げられているのをネットで見て驚きました。
道真公もまた、その真実を明らかにされるのを待つ神なのでしょう。


c0222861_22104399.jpg

その横の祠には十一面観音が祀られていました。
神社に観音さま。
珍しいですね。
どこからか合祀されたのでしょうか。
あるいは廃仏毀釈から免れたのでしょうか。

でも、十一面観音って、瀬尾律姫とも言われますよね。
禊ぎ祓いの神で、水の神でもある女神。

その真後ろには、ほら、清らかな流れが。
c0222861_22111557.jpg


「この川には温泉が湧く所があるそうです」と古川さん。
地元の人が子供の頃、ここで泳いでいて暖かい場所を見つけたそうです。


集落からは遠く離れた地に湧き出す温泉。
ふと、古代社会では産屋を別に建てる話を思い出しました。

あるいは、産婦のためにここは産屋が建てられていて、
暖かい水を汲んで産湯を使ったのかなあと、妄想しました。

そこで神武天皇の母なる玉依姫を慕って祀ったのでしょうか。
産宮神社(糸島市)の奈留田姫を思い出します。

奈留田姫もまた、玉依姫と豊玉姫に安産を祈り、神武天皇の子を無事に生んだのでした。
c0222861_2120572.gif


ここは佐賀市の北部の山の中。
しかし、さらに山の中に入ると3キロほどで雷山に出て、糸島市に出てしまいます。
雷神社までも5キロほど。

海草を取りに行くとしたら、川を遡り、長野峠を越えて糸島に出る方が早いです。
安曇族たちは、いったいこの山に何を求めたのでしょうか。

志賀島では忘れ去られた古式の祭祀形態が残っていそうに思われて、
いつまでも心に残る宮でした。

穏やかな天気は急に変わり、冷たい風が吹き始めました。

佐賀市富士町下無津呂
乳母神社の場所は不明




いつもポチっと応援ありがとう。
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村
c0222861_15184581.gif


[PR]
by lunabura | 2014-02-19 22:16 | ヨド姫の宮めぐり | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://lunabura.exblog.jp/tb/21698275
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
line

綾杉るなのブログ 神社伝承を求めてぶらぶら歩き 『神功皇后伝承を歩く』『ガイアの森』   Since2009.10.25


by lunabura
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31