ひもろぎ逍遥

lunabura.exblog.jp ブログトップ

高良御子神社(9)二つの妙見(宗像と久留米)

高良御子神社(9) 

 二つの妙見(宗像と久留米)

いにしえの高良大社は北向きだった


妙見神社(宗像市安ノ倉)は北斗七星への祈りの宮。
聖なる滝で祈れば龍が星に祈りを届けてくれるという。

満天の星々の中、「北」に憧れる思いが「妙見」には込められていました。

この記事を書いた後、高良山の古地図を見ていると、そこにも「妙見宮」がありました。
それは、あの高良御子神社の「南」にありました。

阿志岐の「南」に妙見?
「北の星の神」を南に祀るのは変だな…。
もしかしたら、中心地がもっと南に存在するのでは。

そう思って地図を見ると、妙見宮は山の中の谷に鎮座していました。
宗像市の妙見神社と似た地形の所に鎮座しています。

そして、すぐ東には古宝殿が鎮座していました。
これは動乱蜂の時に紹介しましたが、急な階段を延々と上った所に鎮座する宮です。

神託によって、そこに九躰皇子が祀られたのですが、
その石段を延長してみると、そのラインは思いがけず高良玉垂宮に届きました。



地図





結果、高良玉垂宮から見て北に妙見宮が存在しているのが分かりました。
これから考えると、妙見宮は高良玉垂宮の北の守り神として、
祀られた可能性が出てきました。

九躰皇子を祀った古宝殿も、高良玉垂宮から下った所にあると考えると、
それほど特異な場所に託宣されたのではないとも思われてきました。

ここまでは、単に「妙見」=北斗七星→北に祀るという関連性で
見ただけの話ですが、思いがけず安ノ倉(宗像)と阿志岐(久留米)が
私の中で接点を持ち始めました。



タイミングよく届けられた「高良山雑記」を見ていると、
阿志岐村には次のように、銅を掘った跡があるのが分かりました。
 
「銅採掘の跡 吉見岳の麓阿志岐の北大塔(ウーダーウ)という所に銅を採掘した跡ありという。」

宗像市の妙見神社の緑の湖で銅を連想したことと符合してきました。

c0222861_205658100.jpg



高良御子神社を戦国時代まで安曇族が祀っていたという点と、
妙見神社(安ノ倉)のそばに安座神社という安曇の名を残す神社があったという点もまた、
「安曇」でつながっていることを示しています。

安曇族は高良山にも八所宮にも入っています。
八所宮には神武天皇の頃?
高良山には神功皇后の頃?

安曇族はもっと古くから入っていて、そこなら天皇家を安全に迎えられることを
知っていたに違いありません。




木札の神名の謎
「木札の謎」があったのですが、覚えていますか?
    元気水徳の神 (もとけみずとく)
    一徳元水の神 (ひととくもとみず)
    元気火徳の神 (もとけほとく)
これは高良御子神社に残された木札に書かれた神の名の一例ですが、
この名が八所宮縁起にも書かれています。
珍しい神名なので高良山麓に存在するのが謎だったのですが、
安曇族が両地方に関わっているなら、突飛な事でもないように思われてきました。

「木札」の場所を氏子さんに尋ねると、
「神殿の屋根裏」ではないかということでした。



高良玉垂宮の社殿は北向きだった

「高良山雑記」には更にこんな一文がありました。

「昔時の神社
山本村観興寺画縁起に高良山の社殿は昔し北向き別所の西にあった追分より社殿に上るとある(山本常寛咄)」

これは、観興寺の縁起図に描かれていた玉垂宮は北向きになっていて、
昔は追分から参拝したということです。
地図を見ると追分は阿志岐村の北の方にありました。

玉垂宮が北向きだった時代は不明ですが、
大宰府から船に乗って筑後川を南下して阿志岐村に着くとそこで上陸。

東西に鎮座する坂本神社を通り、山を登って参拝すると、
玉垂宮の正面に出たといううことです。
古代の高良山を考えるには北からアプローチする必要が出てきました。


c0222861_20582595.jpg


阿志岐に鎮座した二つの坂本神社は現在、御子神社の右隣に遷っています。

そして「坂本」という姓が志賀島の古い家柄にあり、
これまた安曇を連想させる名前なのです。

高良御子神社の氏子総代に安曇族のことを尋ねると、御存知ありませんでした。
もう安曇の記憶は消えているようです。

その代わり面白い話を聞きました。

小学4年生なると、火薬や鉄粉などの配合を教わって鉄砲玉を作り、
山の中に入ったそうですが、今では危険だとして禁止されているそうです。

十歳という記憶力の盛んな年代に村の伝統の技術を伝えていたのですね。
今でも動乱蜂を作るときには寄り合って作るそうですが、危険を伴うそうです。


それを聞いて思い出したのは、火薬の材料の硝石(?)。
志賀島で聞いたのですが、安曇族の重要な輸出品だったということです。

安曇族が九州王朝に届けたという資材の中には
このようなものも含まれていたのかもしれませんね。


高良御子神社と八所宮。
全く別々に取り組んだのですが、思いがけず、深いつながりがあるのを
目の当たりにすることになりました。
不思議なタイミングです。



高良御子神社 花火動乱蜂(どうらんばち)
http://lunabura.exblog.jp/21833879/


妙見神社(宗像市安ノ倉)龍神と北斗七星
http://lunabura.exblog.jp/21964236/







いつもポチっと応援ありがとう。
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村
c0222861_15184581.gif


[PR]
by lunabura | 2014-04-09 21:01 | 高良御子神社 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://lunabura.exblog.jp/tb/21974410
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by くじら at 2014-04-10 05:55 x
高良玉垂宮を挟んで南北に妙見宮があり、北では高皇産霊神、南では天津赤星神が祀られています。どちらも物部氏に因むお宮ですね。杉ノ城(住厭城)は高良大社裏の本宮山と毘沙門岳の間の尾根を利用した長大な中世山城で、毘沙門岳城と共に高良山諸城の中核的存在でした。元は玉垂宮(高良大社)が鎮座していましたが、築城に当たって神社を移したとのことです。
Commented by lunabura at 2014-04-10 22:29
くじらさんが復元中の古地図が大変役に立っています。
新たな資料と古地図を突き合わせているんです。
おかげで時代の変遷も少しずつ見えてきました。
いろいろと教えてくださいませ (^-^)
line

綾杉るなのブログ 神社伝承を求めてぶらぶら歩き 『神功皇后伝承を歩く』『ガイアの森』   Since2009.10.25


by lunabura
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー