ひもろぎ逍遥

lunabura.exblog.jp ブログトップ

君は磐井の水を飲んだか



君は磐井の水を飲んだか


磐井の末裔についての本を書きながら、いつも心は磐井の水をさまよっていた。

高良山の登山道はいくつかあって、石段を下るのがいやなときは、
右に降りて行くルートを辿った。

麓に着いて、右に曲がると磐井の水がある。
苔むした岩の壁があり、その手前に自然石で造った水受けがあって、それを飲んだ。
その甘さを今でも覚えている。

あの時、私は磐井との縁が出来たのだろうか。
『宮地嶽神社と磐井の末裔たち』を書きながら、時々そんな思いに駆られた。


君はあの水を飲んだ?


もう一度飲みたい。

今回、その再訪の願いがかなったのだが、車で行ったせいか、全く土地勘が再現されなかった。


c0222861_20434921.jpg


しかも、そこには見知らぬ御堂が。
その左手に磐井の水がある。



c0222861_20444659.jpg

これが現状。
全く記憶が残っていない。
私はここで水を飲んだ?
信じられない。

「磐から水が湧く。磐井そのものですね」
そう言われてはっとした。

「すべては高速道路が駄目にしたんです。それまではきれいな水が湧いていたのです」
記憶が辿れないことと、磐井がこうなっていることにショックを受けていた。

気を取り直して観察すると、壁面も岩だが、水をためる所も岩盤のような印象だ。
壁から湧き出た水は畳一枚ほどの窪んだ岩に溜まっていたのだろう。

「ここの水はどこに流れたのですか」
「多分、地下でしょうね」



c0222861_20451353.jpg


そう言われて、右手に行くとまだ泉が残っていた。
ここには落ち葉や枯れ枝がびっしりとあったが、水は清らかだった。

左の泉が生きていた頃は右手の泉に合流して流れたのだろう。
その水の清らかさに安堵を覚えた。



c0222861_20453834.jpg


これが「磐井の清水」。




「磐井川はどこですか?」
その存在を先日、知ったばかり。
尋ねると、磐井の清水のすぐ隣を流れていた。



c0222861_2046120.jpg


上流は岩盤になっていて、岩の隙間を流れている。
案内してくれた氏子さんはここで泳いだそうだ。
「もっと水があったんですね」
きっと冷たい水だろう。

下流はこんな感じ。


c0222861_20462784.jpg


右上に見えるコンクリートの構造物は洗い場で、野菜を洗っていたそうだ。

三井郡の地名の由来となった三つの泉。

一つは味水御井神社。(うましみずみい)
そして、ここ、磐井の清水。
そして、三つ目は諸説あり。

久留米は「水と緑の町」ではなかっただろうか。
歴史の始まりである三つの泉は…。

かつては、満月の水を写しては、変若水(おちみず)を取っただろう。
戦に行く時は、この水を汲んで水盃を交わしただろう。


忘れ去られた聖地がここにあった。




磐井の清水






いつもポチっと応援ありがとう。
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村
c0222861_15184581.gif


[PR]
by lunabura | 2014-04-10 20:53 | 高良下宮社と周囲・久留米市 | Trackback | Comments(7)
トラックバックURL : http://lunabura.exblog.jp/tb/21979865
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented at 2014-04-11 00:49 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by lunabura at 2014-04-11 20:52
三井は御井でもあります。
当地は物部が大祝として連綿と続いているので、ニギハヤヒも見つかるのではないでしょうか。
隣の明星山辺り?
くじらさんが、詳しいんですけど。
Commented by lunabura at 2014-04-11 22:45
追加
うろ覚えですが、伊勢御祖神社がニギハヤヒではなかったかと。
当山、神籠石の近くに江戸時代に再興されています。
Commented at 2014-04-11 23:59 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by のら at 2014-04-12 10:06 x
るなさん、スマフォからおはようございます。
又々ご無沙汰しました
ノートパソコンに馴れず更新もまばらで(ToT)
磐井関連が沢山在るんですね♪
磐井の水は、どれだけの時間経過があったのか分かりませんが、もしかしたら次元の違う場所に誘われたのかも?と妄想しました(//∇//)
そんな時ありません?
Commented by lunabura at 2014-04-13 00:05
非公開さん、ありがとうございます。
同じような血が騒いでいるようですね。
ゆっくりと歩みながらも、壮大なタペストリーが出来上がったらと思っています。
これからも、お話し聞かせてください。 
Commented by lunabura at 2014-04-13 00:08
のらさんとこのブログスキン、着せ替え楽しいですね。

磐井の水。
十歳ごろの少女が何度も山の中をうろうろしたのですから、実は異界を歩いていたのかも知れませんね。
そう、考えると、気が楽になりました (^-^)
line

綾杉るなのブログ 神社伝承を求めてぶらぶら歩き 『神功皇后伝承を歩く』『ガイアの森』   Since2009.10.25


by lunabura
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー