ひもろぎ逍遥

lunabura.exblog.jp ブログトップ

ありがとうございます




今日は、沢山の方に来ていただいてありがとうございました。


織幡神社でも大変心地よい時を過ごしました。

何だか離れがたくて、不思議な感じ。

魂が懐かしがっていたのかな。

ひとまずはお別れして、新しい水平線をめざす準備に取り掛かりましょう。

この機会を与えて下さった、森のオアシスさん、
集ってくださった方々、
手伝ってくださった方々、
またブログを訪問してくださった方々ありがとうございました ♪


c0222861_1948405.jpg





いつもポチっと応援ありがとう。
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村
c0222861_15184581.gif


[PR]
by lunabura | 2014-09-21 19:49 | にっき | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://lunabura.exblog.jp/tb/22638842
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 磯良の海 at 2014-09-21 23:27 x
《 LUNA 》さん
今日は 謎だらけの 竹内宿禰 をより身近な存在にしてくれました
ありがとうございました。次回も楽しみです。
そして 《森のオアシス》さん
「楯崎神社」「少彦名命 」に繋げてくれて
ありがとうございました
最高のサプライズでしたよ!
それから 《安曇いのち》の《 皆さん 》
皆さんに会うと なぜか ほっとするんですよね 何故なんでしょうね
いつも こんな 爺様に声をかけてくれて ありがとう。
最後に 《パルさん》 貴女の霊力は
私の胃袋までも 虜にしましたよ!

素晴らしい 秋の一日
《磯良の海》は 輝いていました。
Commented by lunabura at 2014-09-22 21:26
磯良の海さん、昨日はお越しいただいてありがとうございました。
列伝に入って、だんだん、古代の人たちが生き生きとしてきました。
安曇号、象徴的でしたね。
また、11月に向けて、頑張ります。
Commented by わたつみ at 2014-09-23 11:47 x
るなさん~一昨日はありがとうございました。お話を聴いて、その場所にたつと、古代の人々がよみがえりますね。もっといえば、イソラさんがおっしゃるように、「安曇いのち」の皆さん(笑)と、お話をしていると、遠い記憶がよみがえってくるようでした。夜が大切だったこと。星のまたたきが、今の太陽と同じくらい明るかった?など思い出しました。幼い頃、志賀海神社のおまつりも、ご神幸祭や七夕祭、夜のおまつりが印象に残っているのを思い出しました。夜渡祭ってシリウスのお祭りだったのでしょうか?
Commented by lunabura at 2014-09-23 20:04
わたつみさん、こちらこそありがとうございました。
志賀島に続いて織幡神社、その地の物語を知って参拝すると、全く別次元に遊べますね。
今回、その意義を理解しました。
さて、夜渡とは真鍋によると、「七十」の筑後あたりの読み方で「よど」に漢字を当てたもののようです。
七十年に一度の津波が有明海から遡る前に、シリウスの星の出が変化して教えてくれたということです。
それに合わせて解釈すれば、シリウスの祭とも言えるかもしれませんね。
各地の淀神社は川の合流点にあったので、水害を鎮める宮だったと考えられます。
line

綾杉るなのブログ 神社伝承を求めてぶらぶら歩き 『神功皇后伝承を歩く』『ガイアの森』   Since2009.10.25


by lunabura
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー