ひもろぎ逍遥

lunabura.exblog.jp ブログトップ

今は吉備ではなく太宰府なんです


   吉備団子か…。
目の前のお土産を見て思った。
   またもや「吉備」だ…。
   今週は何故か吉備週間?

数日前、吉備によく行く人と吉備の話をした。
そして、その翌日、ユキさんが、吉備の古代史の本を貸してくれた。

その前に、吉備の古墳を調べようとしたばかりだった。
本棚には、もう一冊、届けられた吉備の考古学の本が読まれるのを待っている。

ここまで来たら吉備に行くべし!
と思うのですが、今は身動きが出来まっせん。

昨日の磯良の話の余韻が残るまま、
ガイドブックの仕上げに心を切り替えました。

そして、まだお知らせしていませんが、今月末に久留米大学で
お話をする予定が入っています。

多分、久留米大学の公開講座に出席された方には、
明日ごろからハガキが届くと思います。

私自身、どうなってるのか、よく分かっていないので、
届きしだい、案内をブログにUPします。

公開講座では真鍋大覚の描く筑紫の古代を再現する予定です。
「ありなれ川」
数年前の発表では「針摺の瀬戸と水城」をメインテーマとしましたが、
さらに太宰府や古代氏族の領地、朝倉橘広庭宮の推定位置など、
の話もする予定です。

真鍋の伝える太宰府については、「ダウ」「タウ」「カリヤック」「カラヌ」など、
古代の船に関して理解ができなかったのですが、
黄當時氏の話を聞いて、真鍋の口承と補完しあうことが分かり、
水城や太宰府の前の風景が分かってきました。

作業は大変ですが、古代の風景が自分の中に描き出せれば、
皆さんにも伝えられるだろう、という夢に向かっていきます。

c0222861_20545198.jpg

右は太宰府政庁。左は蔵司。その間を流れる疎水と水田。




いつもポチっと応援ありがとう。
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村
c0222861_15184581.gif


[PR]
by lunabura | 2014-11-04 20:55 | にっき | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://lunabura.exblog.jp/tb/22966184
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ぱら at 2014-11-05 22:33 x
るなさんこんばんわ( ´ ▽ ` )ノ

お話会ご苦労様でした。今回は龍神の都で海神の風に吹かれながら弥栄盛会のご様子。よろしゅうございました。今回はお話会パスした後ろ髪引かれながらも三度目の吉備路レイラインハンターでした。
吉備津彦神社 吉備津彦陵 中山磐座 八大竜王 吉備津神社 鬼ノ城 鬼の差し上げ岩 楯築遺跡 高松稲荷 造山古墳に作山古墳 石上布都魂神社
冬至に夏至そして今回 夜明けとともに動き出し日没まで山の中をぶらぶらと、 三度行くとおっしゃる通り光線が違うので見える景色が違います。思いっきり雨が降ってくれたおかげで空気が澄み切って真っ青な空でしたよ おまけに太閤水攻めの舞台となった備中高松のど真ん中で 見上げた時に天空を横切る流星?火球を始めから終わりまで見物出来たのも感慨深いものでした。
磯良の海さんのブログに温羅と吉備津彦で「行ってきます」をシンクロで 吉備団子をお土産にるなさんの陣中見舞いにしようかと冗談言っていたのに吉備団子をだけは早々に届けられ「ただいま」をシンクロ (^◇^)はは 暢気だね。
伝承を拾い集めてぶらぶらしていると埋もれているものが名乗りを上げてくる。お勉強させていただいたことが此処で筋肉痛と共に実践出来たようです。ありがとうございました。
Commented by lunabura at 2014-11-06 21:36
ぱらさんたちが吉備に行ってあったとは (@_@;)
こんな共時性も有りなんですね。
行かれた場所の三分の一ぐらい行ったでしょうか。
でも、位置関係がさっぱり分かりません。

効率よい回り方を御伝授いただくことになりそうですね^^
line

綾杉るなのブログ 神社伝承を求めてぶらぶら歩き 『神功皇后伝承を歩く』『ガイアの森』   Since2009.10.25


by lunabura
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー