ひもろぎ逍遥

lunabura.exblog.jp ブログトップ

リラとベガの和名・ リラは伊豫・ベガは志賀


リラとベガの和名

リラは伊豫・ベガは志賀

琴座はリラ。
この美しい発音を倭人は上手く出来なくて、イヨと発音したといいます。

また、織姫星はベガ。
天の川のほとりに輝くベガも倭人が発音するとチカ、シカとなったと
真鍋は言いました。

志賀星 ベガ
 北辰が左枢(さすの)星(ほし)と右枢(うすの)星(ほし)を双方に立てた時代は、垂仁帝三十七(後八)年であった。伊勢神宮御遷座は同二十五(前五)であったから、何かこの前後に日と星の天文観測があったらしい。かつての井澗(しかの)(志賀)星であった織女が、北天に燦爛と輝いていた時代は一四〇〇〇年前のことであった。そして織女(※ベガ)が最も遠く北天から離れた時代は、一條帝正暦三(後992)年の頃であった。『儺の国の星拾遺』p154


北辰とは北極星。左枢星と右枢星とはポラリスとツバーン。
「阿氐良」(アテラ「麻氐良」(マテラ)と同じ意味ですね。

弥生時代は北極を示す星がなくて、ポラリスとツバーンを見て、
北を決めていたという話は何度か書きました。

じゃあ、何にもない、真っ暗な北を何と呼んだか?
「天御中主」と言ったそうです。
そう、志賀島の元宮三宮の沖津島。
ここには「天御中主」が祀られています。

さて北極星は時代によって変わります。
現代はポラリス。縄文時代のころはツバーン。
そして、14000年前の頃、(旧石器?)の北極星はベガでした。
「ベガは氷河を煌々(こうこう)と照らしていた」ことになります。(p157)

c0222861_20413891.jpg



 榧(かやの)星(ほし)は織女ベガの古名である。(略)
 琴座リラを倭人は伊豫とよんでいた。

 魏志倭人伝に伊邪(いや)なる国名は、何か西域の遥か彼方の神話を千七百年昔まで保存していたかのごとき響きをあたえていたものと感ぜられる。

所はいずれも肥前松浦の地で太(おほ)身(みみ)の氏族が青海原を前に逞しく生きていた地である。又の名を千顆(ちくわ)の里という。無数の島々が碧潭(へきたん)に連なる地でもある。

 昔はv,w,b,t,nは音が交って聞きとりも書きとりも難儀した時代があった。これは近東民族のきわめて珍しい先天的素質であった。

前述のベガは、この方式に則して倭人に伝えられた訛をさがすと、値(ち)加(か)、志賀或は千岩(ちいわ)などの地名を挙げることができる。

そして又l,r,yが言い別けられぬ倭人にあってはリラは伊豫(いよ)などの地名として昔生きていたことにもなるのである。 『儺の国の星』p156  榧星 ベガ


あれあれ、魏志倭人伝に出てくる「伊邪」国は松浦にあったと言ってますね。
松浦=末廬が通説ですが、これもまた見直しか…。

太身族については、他所にもいくつか見られます。
断片を繋ぎ合せて、いつか紹介できたらと思っています。

異国の人の発音は難しいですよね。
中近東の人の発音を聞いたら今でも難しい。

ベガ (vとtが混乱)→ チカ・シカ → 値加・志賀
リラ (l、r、yの区別がつかない) → イヨ → 伊豫

思いっ切り変わったもんですな。

「魚」の発音が上手くできないことを思い出します。
(ユー・イユー・イオ・イヲ)

日本人はlとrは今も区別が苦手です。
中国語のリーはジーと聞こえる時があります (^_^;)
2000年以上経っても、耳は弥生人のままの、るなでした。(´・ω・`)

それにしても、伊豫の国がリラの国だったとは、
星の名が地名になって行くのですが、これは想像つかなかった。


2015年1月6日



いつもポチっと応援ありがとう。
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村
c0222861_15184581.gif


[PR]
by lunabura | 2016-07-05 09:01 | <星の和名・天文> | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://lunabura.exblog.jp/tb/23302791
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by hiko at 2015-01-26 13:55 x
実家の近所の麻氐良山、こんな意味があったんですね。
そういえばこのマテラ山「左右良山」とも書きます。
妙なアテ字だな~と思っていましたが、こういうこと
だったのですね。
Commented by lunabura at 2015-01-26 20:29
麻氐良を左右良山と書くのですか?
これは驚き。
教えていただいてありがとうございます。
line

綾杉るなのブログ 神社伝承を求めてぶらぶら歩き 『神功皇后伝承を歩く』『ガイアの森』   Since2009.10.25


by lunabura
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー