ひもろぎ逍遥

lunabura.exblog.jp ブログトップ

七支刀(5)削り跡は二カ所


七支刀(5)
削り跡は二カ所


今日は九州国立博物館に行って、七支刀の現物を見てきました! 
神社の神宝庫にひそかに眠る七支刀。
本物と御対面です。(^o^)/
(一生見れないと思っていたので、感激!)

錆びた鉄剣の中の金の象嵌が薄暗い照明でもキラリと輝きを見せています。
私はどうしても見たかったのです。

七支刀に彫られた文字が一部削り取られているという話を確認したかった。

るな探偵、まさかの至近距離に、人目も気にせず、
薄暗い中、ためつすがめつ、上から、下から、斜めから見ました。

目が慣れてくると、二文字目が削り取られているのがはっきりと分かってきました。
展示は横になっていましたが、縦の状態として説明します。

c0222861_22293178.jpgノミ(?)は三回以上、左下から右上にすべらせています。
それは、一番左に文字の一部が縦四ミリほどの線が残っていることから推測しました。

文様に目をやると文字の右横に縦に一本、金のラインが象眼されています。
刀身の上から下まで通るラインです。
しかし、文字を削ったノミが滑ったのでしょうか、ラインも削ってしまっています。

この削った文字を通説では「和」と読んでいますが、「和」の三画目の縦のラインを残して、二画目や四画目を削る事は不可能です。
こりゃあ、「和」と読むのは無理だっぺ。

「日」とか「目」あるいは「中」のような字の一画目が残されている感じです。
真鍋の言う「化」も無理だなあ。


そして、この日、バッタリと会った友人がもう一つ削られた部分を発見しました。
それは五文字目です。
全く象嵌が残っていません。
しかも、ノミの跡らしきへこみがあります。
これは明らかに欠字なのに「五」と読んでありました。

よく見ると、右側の金ラインは残っているので、削るのが簡単な字です。
一二三四五六七八九十
の中で、右のラインを傷つけずに削り取れる文字は果して「五」でしょうか。
もう少し、簡単な字のはずです。
これは目視なら欠字とした方が、学問的な態度と言えるでしょう。

もし、X線で見たら目視とは違う結論が出るかもしれませんね。

説明パネルには「泰■」を「太和」(369年)と書いてありました。
購入した記念本で確認すると、
今回の銘文の解釈は浜田耕策氏の見解を採用しているとのこと。
やはり神功皇后摂政52年を372年と、先に決定して、逆算しています。
372年の論拠は書かれていません。


さて、七支刀の本物の展示は2月15日(日)までです。
ご覧になった方、自分の目でどう見えるか、るなの意見に惑わされず、
感じたままを教えてくださいね。







いつもポチっと応援ありがとう。
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村
c0222861_15184581.gif


[PR]
by lunabura | 2015-01-16 22:32 | 七支刀 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://lunabura.exblog.jp/tb/23342892
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 蕨手 at 2015-01-17 01:58 x
お久しぶりです。九州国博行かれたのですね。 金曜日の混み具合はいかがなものでしたか? 私も 本物の七支刀を是非見たいのですが、混雑は嫌なので何時行くべきか迷っているのです。
Commented by lunabura at 2015-01-17 10:37
蕨手さん、こんにちは。
私も混雑が苦手で、覚悟して行きましたが、3:30頃でしたでしょうか、少なかったです。
七支刀の前に長時間いましたが、数人来られただけで、
人が来ると裏に回って裏側の観察をしたので、
ず~っと、好きなだけ見ることができました。
平日の夕方は狙い目かも。
line

綾杉るなのブログ 神社伝承を求めてぶらぶら歩き 『神功皇后伝承を歩く』『ガイアの森』   Since2009.10.25


by lunabura
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー