ひもろぎ逍遥

lunabura.exblog.jp ブログトップ

天鳥船 何故かクスノキ・パーティー (^o^)/


天鳥船

何故かクスノキ・パーティー (^o^)/


 変光星「ミラ」が光を増した頃、天草の乱が起こったそうです。
そして、「ミラ」を「天草星」と呼んだそうですが、「あまくさ」という言葉の謂れは「天鳥船」(あめのとりふね)から来たものだそうです。それはクスノキで造った船のことでした。
今日は、神々の乗り物、空飛ぶUFOの話ではありません。(^^ゞ
真鍋大覚から

天鳥船
 「あまくさ」とは古事記神代記に出てくる天鳥船またの名は鳥石楠船(とりのいわくすふね)、のちにこれを合して天盧樟船(あめのいほくすのふね)の略であった。

「いはくす」とは盤石のごとく根株を地上に盛りあげ、しかも枝を水平に広くさしのべた樟や楠の古木老樹を云う。

今も未だ然りであるが、樟の筏を海に浮かべると、水に溶けた芳香は大小の魚から蝦の類まで集めるので、漁師は労せずして居ながらにして水揚げができた。
『儺の国の星拾遺』p1

「天鳥船」は「鳥石楠船」とも言い、「石楠」は石のように根が盛り上がった古木で造った船だといいます。

クスノキは神功皇后伝承の宮々でよく遭遇します。船の材料になるので、意図的に植えられたのかも知れないなあ、と次第に思うようになりました。クスノキは大きくなると空洞化するので、そのまま刳り船(くりふね)に利用できるとのことです。

クスノキの空洞を利用したボートに波よけの板を並べれば「準構造船」になります。

クスノキで造った(いかだ)は、その芳香が水に溶け、魚が集まったそうです。
芳香って、あの樟脳の匂いのことかな…。う~ん。タンスの香り?(@_@;)

で、多分、真鍋が言いたかったのは、神功皇后の船に大小の魚が集まって来て、酒を流すと魚がしびれ上がって採れたという話が『日本書紀』に挿入されているけど、あれは特別な出来事でなく、普通の事だ、ということじゃないかな ( ´艸`)
そのエピソードがこれ。仲哀天皇が下関の豊浦宮(忌宮神社)に遷宮し、皇后が遅れて向かう途中の話です。

夏、6月10日に、天皇は豊浦の津に停泊しました。一方、皇后も角鹿を発って、ヌタの門に着いて、船の上で食事をしました。その時、鯛が沢山船のそばに集まりました。

皇后は酒を鯛に注ぎました。すると鯛は酔っ払って浮かびました。それで海人(あま)は魚をたくさん獲って喜んで「聖王の与えられた魚だ」と言いました。

こういう事から、この辺りの魚は6月になると、いつも酔っ払ったように口をパクパクさせるようになりました。

クスノキで造った船なら、どの船でも魚が集まって来るんですね。魚をしびれさす漁法というのもあったらしいし。神功皇后を神格化しようとした文でしょうが、魚が集まるのはクスノキのせいだと真鍋は言いたいんですね。

クスノキが船材になるということで、神社の境内では注意して見ますが、神功皇后伝承の宮々のクスノキは古過ぎて、使い物にならないくらいに空洞化しています。^^


クスノキは若いうちは(数百歳)真っ直ぐ伸びていますが、何百歳でしょうか、二股に分かれて左右に枝を伸ばし、根の所には大きな洞ができ、ついに枝を落としてしまう、という印象を持っています。



そうだ。今日はクスノキ・パーティにしよう。



c0222861_21302243.jpg

下関市 住吉大社




c0222861_21304699.jpg

古賀市 五所八幡宮 上巻35   ムーミンの木





c0222861_21312038.jpg

朝倉郡筑前町 松峡八幡宮 上巻41





c0222861_2131445.jpg

筑紫野市 松尾宮 下巻54





c0222861_21343834.jpg

大川市 風浪宮 下巻77







c0222861_21351145.jpg

宇土市 大歳神社








c0222861_21353797.jpg

佐賀市 與止日女神社 







c0222861_2136682.jpg

武雄市 川古








c0222861_2136413.jpg

武雄市 武雄神社

神!




いつもポチっと応援ありがとう。
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村
c0222861_15184581.gif


[PR]
by lunabura | 2015-02-17 21:37 | <真鍋大覚儺の国の星> | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://lunabura.exblog.jp/tb/23522392
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 磯良 at 2015-02-20 12:21 x
RUNAさん こんにちは
クスノキの生命力には 魂が宿っていますね
福山雅治 の 歌に「クスノキ」という歌があります
長崎の山王神社にある 被曝クスノキを歌った歌です
「我が魂は この土に根差し 決して朽ちずに 決して倒れずに」
とても いい歌です 機会があれば 聴いてみてください
Commented by lunabura at 2015-02-20 21:53
なになに。磯良殿が竹内宿禰の歌の情報を (^^ゞ
聴いてみました、ホント良い詞ですね。
ありがとうございます♪
line

綾杉るなのブログ 神社伝承を求めてぶらぶら歩き 『神功皇后伝承を歩く』『ガイアの森』   Since2009.10.25


by lunabura
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー