ひもろぎ逍遥

lunabura.exblog.jp ブログトップ

準備中



3月15日の八幡東区でのお話会、『神功皇后伝承を歩く』の準備をしています。今度は下巻の内容になりますが、「足跡を辿る旅のガイド」ということなので、趣向をバーチャル風に、少しでも現地にいるようなイメージでと画像を選んでいます。

突っ込んだ歴史の話は抜きにして、神社の主たる伝承と見所などの紹介をメインにして視覚で楽しんでもらえたらいいなと思っています。

思えば先日の久留米地名研ではかなり歴史の深層に迫ったので、初めての方はびっくりしたかも。久留米地名研は何年も学んである所なので、踏み込んで話す必要があったんです。

それでも、まだ話さなかったことがあります。それが高良の神・竹内宿禰の系譜などの話です。物部氏との深い縁を紐解いてお話する機会があれば両雄がそろい踏みです。

歴史って、地名すなわち土地勘がないと理解が難しいですよね。どんな歴史でも土地あってのことです。ガイドブックでは地形が少しでも分かるような工夫を入れています。例えば、長~い石段の画像とか。(笑)

石段を載せておけば、高い所にあるのがよく分かりますからね。高い所には聖地か冶金の地、あるいは天文観測所、遥拝所、見晴らし台とか、社が出来る理由がちゃんとあります。

そして、石段の無い平地の神社は陣営地とか造船所とかだったり。平地にある旗頭神社や仲宿八幡宮、御勢大霊石神社、黒殿神社は陣営地という伝承が共通項ですが、その視点で境内を見回すと、なるほどと思います。

さて、ガイドブックの下巻の方も、昨日、デザイン制作の忘羊社で大詰めがあったそうです。第二校が私の手元に届いてチェックを済ませれば、いよいよ印刷というゴールが来ます。一般の本と違い、写真と地図が沢山入っているので、かなり手が掛かるようで、予定が遅れています。お待ちの方、申し訳ありません。あと少しお待ちください。





いつもポチっと応援ありがとう。
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村
c0222861_15184581.gif


[PR]
by lunabura | 2015-03-11 08:59 | にっき | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://lunabura.exblog.jp/tb/23660981
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 愛読者 at 2015-03-12 22:40 x
 遠いので九州まで行ってお話が聞けないのは残念です。下巻が待ち遠しいですね!
 ところで、能楽「弓八幡」では宇佐八幡は欽明天皇期の創設になっていますが(社史では571年とか)、それより由緒の古い「高良の神」が「末社」にされています?。(でも能では主役なんですが・・??)。神功皇后を助けたという筋なのに変な話で、この辺に何か「秘密」がありそうです。
 また教えて下さい。
Commented by lunabura at 2015-03-12 23:53
こんばんは。能楽は興味深い史料ですね。あいにく「弓八幡」もその他も知らないのですが、高良の神は宇佐神宮でも門番になっているので、その「秘密」の謎解きが重要になるのでしょうね。
愛読者さんは、既に嗅ぎつけてらっしゃる!
下巻、あと一息です。お待たせしています。
line

綾杉るなのブログ 神社伝承を求めてぶらぶら歩き 『神功皇后伝承を歩く』『ガイアの森』   Since2009.10.25


by lunabura
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー