ひもろぎ逍遥

lunabura.exblog.jp ブログトップ

(10)姫古曽神社3 彗星の化身・市杵島姫

佐賀県東部(10)

姫古曽神社3

彗星の化身・市杵島姫

荒ぶる姫古曽神の名が市杵島姫だったとは。
驚かずにはいられない。

実は、真鍋からの引用でよく分からなくてスルーした部分があります。

それは(6)媛社の鄕「荒ぶる神」で引用した文です。前回、触れなかった一文を赤字にしてみます。

姫子星(きしのほし)
 肥前風土記 基肆郡姫社の鄕の条に曰く
珂是古、即ち、幡を捧げて祈祷みて云ひしく、「誠に吾が祀を欲(ほ)りするならば、此の幡、風の順(まにま)に飛び往きて、吾を願(ほ)りする神の辺に堕ちよ」と。

太宰府から見ると、この中空あたりに彗星が出てくる。宗像の神々は天津息吹に生(あ)れました。頃は前九〇三年であり、この物語は後四七六年の時である。
 (略)
 彗星は最初にその姿をみせる所は、水平線に近い赤道上空である。倭人は彗星を大気都比売(おおげつひめ)とよんでいたかと思われる。「おほ」は長大と同時に形だけでなく、人間の呼吸、即ち「いをき」と通ずるところから伊吹星(いぶきのほし)とも呼ばれていた。
 (『儺の国の星拾遺』p78 姫子星)

今回は
「太宰府から見ると、この中空あたりに彗星が出てくる。宗像の神々は天津息吹に生(あ)れました。頃は前九〇三年であり、この物語は後四七六年の時である。」を解読したいと思います。

「太宰府から見るとこの中空あたりに彗星が出てくる。」という文は、真鍋の祖先が太宰府の天官であり、常に太宰府から天体を観測していたことを意味し、基肆郡はそこからは南に当たるという地理関係を理解する必要があります。

南の空低く現れるのがカノープスでした。気象を占うのに、カノープスの出現は洪水の前兆を示していました。

しかも、76年に一度の彗星が姿を表すと、夜な夜な角度を変えながら拡大し、カノープスの光を隠す時、古有明海(中つ海)は荒れ狂うのでした。

その彗星を姫子星と呼んだ人たちがいました。またオオゲツヒメと呼ぶ人たちもいました。オオゲツヒメの長く白い尾を見て、冬の白い息を思い浮かべる倭人だったのでしょう。


「宗像の神々は天津息吹に生(あ)れました。頃は前九〇三年であり、」
という部分は三女神が剣を三つに分けて噛んで吹き出した「息吹」から生れた神々ということを示しています。

剣というものは細長く白々としているので、彗星を見て剣と息吹を連想する人もいたということです。

c0222861_23545520.jpg


これを見て、女性の下着を思い浮かべるか、幡を思い浮かべるか、白い息を思い出すか、白い剣の刃(やいば)を思い出すかで、呼び方が姫子星、風子星、息吹星と変わったということでした。

『日本書紀』には三女神が生まれたのは十握剣に限らず、九握剣、八握剣から一柱ずつ生れたとする神話も紹介されていて、驚いたことがあるのですが、彗星の姿の象徴だったと考えると、ナルホドですね。

「宗像の神々は天津息吹に生(あ)れました。頃は前九〇三年であり、」
という一文は、三女神が彗星の象徴で、紀元前903年に既に観測されたということを示しています。

紀元前903年。
これもまた、物部氏にとっては引照とする年だったのでしょう。

「いちきしま」姫(市杵島姫)の語源は「斎く」(いつく)から来ているとするのが一般的ですが、それでは三女神が剣から生まれたことを説明できません。

剣のように冷たい白い輝きの彗星が爆発して三つに分かれて飛び散った時の輝きを神格化したのが三女神だとすると、神として崇められ、荒ぶる神として畏れられた理由を良く説明してくれます。


これまでの女神像、何だったのかと思ってしまいました。

市杵島姫とは彗星のことで、その白く長い輝きを冬の白く吐く息になぞらえ、息吹の女神として畏れられた女神でした。この原形を良く伝えるのが姫古曽神社の荒ぶる神だったということになります。

星の名をつけた人物がいます。
例えばシリウスの名をつけたのが安曇の長・磯良。
彗星の名がついたのが市杵島姫。
ちなみに獅子座流星群は稲目星と呼ぶそうです。そう、蘇我稲目もまた星の名前が付けられた人でした。


-------------------------------------------------------------------------------
◆ 『神功皇后伝承を歩く 下巻』が天神エリアでもうすぐ店頭に並ぶそうです。帯の色が二種類あり、古代の朱色と山吹色のものが出ているそうです。画像と印象が違うので、びっくりしないでくださいね。

また、予約の方からは到着したという連絡がそろそろ届いています。ありがとうございます♪


下の「佐賀東部の神社と古墳」をクリックすると、シリーズで読めます ♪


いつもポチっと応援ありがとう。
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村
c0222861_15184581.gif


[PR]
by lunabura | 2015-04-15 20:25 | 佐賀東部の神社と古墳 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://lunabura.exblog.jp/tb/23922892
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
line

綾杉るなのブログ 神社伝承を求めてぶらぶら歩き 『神功皇后伝承を歩く』『ガイアの森』   Since2009.10.25


by lunabura
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー