ひもろぎ逍遥

lunabura.exblog.jp ブログトップ

表現


「高良玉垂宮神秘書」を気持ちが乗っている間に少しでも、と思って本文を訳していました。

いくつもの発見があり、ブログで伝えたいのですが、内容が多すぎて記事にすることが出来ずにいます。

るな的にはこれまでの仮説を裏付ける内容がいくつも出て来て納得したし、「神秘書」の中で捏造されている部分も見えてきました。


自分が知っただけでは意味がないので、それを表現しようとすると、表現が出来ないでいます。


安曇磯良が正史から消されたように、高良玉垂命もまた謎をまとっています。それは同じ運命の中にあるからです。

手を広げないようにしようと思って、あまり出掛けないのですが、その一方で、新たに女神の宮への縁を得たりしています。

螺旋階段を下るように、どれもが繋がっています。
まだまだ力不足です。書くことが多すぎで手が付けられない状態でいます。








いつもポチっと応援ありがとう。
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村
c0222861_15184581.gif


[PR]
by lunabura | 2015-07-25 21:24 | にっき | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://lunabura.exblog.jp/tb/24448752
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
line

綾杉るなのブログ 神社伝承を求めてぶらぶら歩き 『神功皇后伝承を歩く』『ガイアの森』   Since2009.10.25


by lunabura
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー