ひもろぎ逍遥

lunabura.exblog.jp ブログトップ

『景行天皇と日本武尊』出版記念シンポ


『景行天皇と日本武尊』
出版記念シンポ


このたび、河村哲夫氏が新しく『景行天皇と日本武尊』(原書房)を出版されました。河村氏は神功皇后の研究でも有名ですが、新著の出版を記念してシンポジウムがあります。

その第一部「古代九州へのアプローチ」にパネリストの一人として参加させていただくことになりました。

以下、その案内文です。

「景行天皇と日本武尊」出版記念シンポ

1.日時:平成27年8月30日(日)13:30~16:30

2:場所:福岡ビル9階・大ホール(福岡市中央区天神1-11-17)

3:第一部 シンポジウム「古代九州へのアプローチ」(13:30~)
       パネリスト 綾杉るな氏(歴史作家・『神功皇后伝承を歩く』著者)
       パネリスト 東 久仁政氏(建築史家)
       コーディネーター 成瀬雅人氏(原書房・社長)
第二部 記念講演 「神々の伝承と日本人」(15:15~)
       講師 河村哲夫氏 (『景行天皇と日本武尊』著者)

4:入場料:2,000円 (資料代含む・高校生以下無料・定員120名)

○主催:ふくおかアジア文化塾・原書房
○共済:九州・アジア文化芸術フォーラム
○後援:福岡県文化団体連合会、全国邪馬台国連絡協議会九州支部

○終了後、懇親会有り(希望者のみ・会費6,000円)

※申し込み:ファックス、メール、郵便のいずれかでお願いします。
ふくおかアジア文化塾事務局
(〒813―0041 福岡市東区水谷2-20-21.S-107)
電話 080-5413-7513

訂正です。

電話 080-5483-7513

FAX 092-519-5331
E-mail : mf.takano108@gmail.com
(先着受付・お支払いは当日です)


日本武尊は仲哀天皇の父。神功皇后にとっては御舅(しゅうと)に当たります。当ブログでも時々登場しますね。その全容を知りたいと思っていましたが、河村氏が本にされました。

今、各研究者の方々がそれぞれの立場から欠史、あるいは神話とされる時代を探求して、次々と本にされています。そうすると舞台が九州になって来るんですね。とても面白い現象です。



私自身、この度は神功皇后に絞ってガイドブック『神功皇后伝承を歩く』を書きましたが、福岡には日本武尊やさらにその父景行天皇もその面影が色濃く残っています。

それを、河村哲夫氏が俯瞰できるように本にして下さったのですから、有り難い限りです。

私はパネリストとして少しだけお話することになると思いますが、詳細はまだ分かっていません。多分、シンポジウム全体で景行天皇~日本武尊~仲哀天皇・神功皇后の時代が語られることになると思います。


さて、拙著『神功皇后伝承を歩く』でも日本武尊について、少し触れている所があるので、本をお持ちの方は、是非とも本を開いてみてください。もちろん、ブログでも記事にしているので、サイドバーから、あるいは検索欄からアプローチしてください。
以下はそのポイントです。

神功皇后は、糸島の雷山で戦勝祈願したのち、下山すると雉琴(きじこと)神社に泊まります。その夜、皇后の夢枕に日本武尊が立って戦法を伝えました。(上巻31雉琴神社)

また、遡って、忌宮神社から香椎宮に遷宮するとき、遠賀川から鞍手に上陸する前に、まだ島だった剣神社では日本武尊を偲んで祈っています。(上巻17剣神社)

仲哀天皇と神功皇后にとっては日本武尊が心の支えであったことが、これらのエピソードからも伝わってきます。

さて、生前の日本武尊の恋のお話も遠賀川に伝わっています。(これはまだブログに書いてません。)

佐賀では武内宿禰と共に熊襲タケルと戦いました。これはブログで紹介しています。

その父の景行天皇は、先日紹介した湯布院の宇奈岐比咩神社など、九州山地を中心に沢山の伝承を残しています。佐賀の古墳シリーズでも何度か出てきましたね。

景行天皇から殺された女王・葛築目(くずちめ)は名前だけしか伝わっていないのですが、下巻59番、老松神社で紹介しています。境内の蜘蛛塚古墳の被葬者は葛築目とも、田油津姫とも言われています。

同じく、田川の若八幡神社では、田油津姫の兄の夏羽が神功皇后軍に殺されてしまいましたが、その母か祖母に当たるのが神夏磯媛です。神夏磯媛は景行天皇を迎え入れ、そして香春岳の開発に関わりました。(下巻60番若八幡神社)

景行天皇の伝承には哀しい弥生の女王たちの話が多いのですが、観点を変えると、九州の各部族が一つにまとまっていくキッカケとなった大王でもあると言えます。

そんな景行天皇と日本武尊の壮大な歴史を一冊にまとめられた河村哲夫氏の講演テーマは「神々の伝承と日本人」です。

今、次々に明らかになる古代の真実。そんな時代感の中に私たちはいます。
御参加お待ちしています。




いつもポチっと応援ありがとう。
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村
c0222861_15184581.gif


[PR]
by lunabura | 2015-08-26 13:26 | お知らせ | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://lunabura.exblog.jp/tb/24502125
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by こけこま☆ at 2015-08-02 23:33 x
生るなさん

キタ━━━ヽ(∀゚ )人(゚∀゚)人( ゚∀)ノ━━━ !!!

ドキドキ❤︎

早速問い合わせます☆
Commented by lunabura at 2015-08-04 09:06
参加お待ちしています ^^
line

綾杉るなのブログ 神社伝承を求めてぶらぶら歩き 『神功皇后伝承を歩く』『ガイアの森』   Since2009.10.25


by lunabura
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31