ひもろぎ逍遥

lunabura.exblog.jp ブログトップ

賀茂神社(2)足一騰宮1・神武天皇は安心院からやって来た?


賀茂神社(2)
足一騰宮1
 

神武天皇は安心院からやって来た?


賀茂神社、昨日再び行って来ました( ´艸`)

ここには神武天皇がやってきましたが、近くには景行天皇が来ています。そちらも確認したかったのです。

うきは市の賀茂神社は京都や脊振山よりも、はるかに古い伝承を持っています。

神武天皇や景行天皇の味方であり、鉄を産み出せるというで、天皇たちは武器調達のためにここまでやって来たのだろうと思われます。

ウィキペディアを見ると、ここ「山北」に来る前には宇佐にいたことが書かれています。

当社の行直大宮司が慶安4年(1651年)に誌した旧記には、

「賀茂大神は最初にこの地に天降り鎮座され、神武天皇が日向から大和へ御東遷のみぎり、宇佐から山北へ来られ賀茂大神は八咫烏(やたがらす)となって御東幸を助け奉られたので、今も神武天皇と賀茂大神を奉祀する」

と述べている。(略)
(ウィキペディア)

この宇佐の方にも神武天皇の伝承が濃厚に残っているんですね。そして、実際に行ったところ、神武天皇がいたのは宇佐というより、安心院(あじむ)でした。

周防灘から駅館川(やっかんがわ)を遡って、水沼の君と関わる三女神社(二女神社)に上陸し、葦の生える沼を渡って足一騰宮(あしひとつあがりみや)に足跡を残しています。現在、足一騰宮は妻垣(ともかき)神社という社号に変わっています。

過去記事ですが、賀茂氏、八咫烏について考えるために、この足一騰宮(妻垣神社)のシリーズをしばらく再掲していきたいと思います。




 妻垣神社(足一騰宮)1
ともかき・あしひとつあがり
 神武天皇が母君・玉依姫を祀らせたという

三女神社の次に妻垣神社に参拝しました。
「妻垣」はいろんな読み方があるようですが、神社の由緒書に「ともかき」と書いてありました。

コメントによると、神武天皇三女神社から当社に向かったという伝承があるそうですね。
(同じルートを辿ったんだ!!)

三女神社(二女神社)は周防灘から駅館川(やっかんがわ)を遡上して
安心院(あじむ)盆地に入った時、最初に舟を泊めるような地形でしたが、
そこからさらに支流を遡上していったのでしょう。

平坦な地形から、当時は湖沼で、葦原だったのではないかと思われました。

c0222861_2265490.jpg

今はそこに青々とした稲が風にそよいでいます。
目指す妻垣神社は正面の烏帽子型をした妻垣(ともかき)山の三合目あたりにありました。

c0222861_2271724.jpg

一の鳥居です。かつては石段を登っていったのですね。
今はその横に車道が通っています。
ヘアピンカーブをぐっと登ると神門前に出ますが、駐車場はそれをやり過ごして先の方にありました。

c0222861_2273886.jpg

車から降りて神門に向かいましたが、この参道から入ると、
当社もまた横から参拝するような配置になっていました。

c0222861_2275691.jpg

一旦神門に出て、入り直ししました。

c0222861_2281132.jpg

深い紅色の拝殿です。
当社は二礼二拍手一礼です。
御祭神は
比咩大神(玉依姫命)八幡大神 神功皇后です。

当社は宇佐神宮を中心とした八ヶ社の一つですが、
このように、比売大神に関しては「玉依姫命」と明記してあり、他社と一線を画しています。

その由緒について、書き写しましょう。(一部改変)
妻垣山(ともかき山)は太古、比咩大神の御降臨された霊地にして、宇佐神宮第二殿と言われる。

八幡大神は称徳天皇、天平神護元年宇佐八幡、此の地に行幸、駐輦の地に同年十月八日、勅使石川豊成に八幡の神託有り、神殿を創建し奉祀。

神功皇后は淳和天皇、天長年間に御勧請し奉祀。 

この山は比咩大神の降臨地で、宇佐神宮の第二殿ということです。

当社が玉依姫を祀る事情について、さらに詳しく書いてありました。
足一騰宮
神武天皇、御東遷のみぎり、宇佐国造の祖、莵狭津彦、この処に宮殿を建立、奉賛餐せる旧跡で、当時、天皇、天種子命を以て、神武天皇の母后玉依媛命を祭らせ給う。

当社は比咩大神を祀って八幡社と号し、かつては普賢寺以下四坊の神宮寺を擁し、当郡、中津、島原の領民百余村の氏子を有し、宇佐郷の宗社として崇敬され今日に至る。

神武天皇が東遷の時に、莵狭津彦が宮殿を建てて、もてなした旧跡で、
天皇が母君を天種子命に祀らせたということですね。
それゆえに、比咩神とは玉依姫だということです。
思いがけないところで、玉依姫に再会しました。

さて、足一騰(あしひとつあがり)の宮。
この不思議な名前の宮は『古事記』に出て来ますが、
いつかは行って見たいとかねがね思っていた宮でした。

神武天皇と宇佐津彦の伝承と共に、こうして現地が残っているとは感激です。
『古事記』の神々から抜粋してみましょう。

イハレビコの命は同じ母から生まれた兄のイツセの命とお二人で、
高千穂の宮で話し合いました。
「どこに行ったら、平らかに天の下にあるこの国の政治をして、
臣下たちの奏上する話が聞けるだろうか。やはり、東に行こう。」
と言われて、日向を発って、筑紫に行きました。

そこで、豊の国の宇佐に着いたとき、
その国の人で、名前はウサツヒコ、ウサツヒメの二人が
足一騰宮(あしひとつあがりの宮)を造って、たいそうもてなしました。

そこから移動して筑紫の岡田の宮に一年滞在しました。
またその国より、上って、安芸の国の多祁理(たけり)の宮に七年刊滞在しました。
さらにまた上って、吉備の国の高島の宮に八年間滞在しました。

イハレビコが後の神武天皇ですが、母が玉依姫ですね。
イハレビコを迎えて食事をもてなしたのがウサツヒコ、ウサツヒメですが、二人は兄妹だそうです。

当宮から岡田宮に移動しています。
岡田宮は一宮神社という名で、熊鰐一族が現代に至るまで、
その磐境神籬(いわさかひもろぎ)を守っていましたね。

どちらもその神籬を守っているのですから、素晴らしいです。

神武天皇もまた、祖神を祀って神助を得る事が大移動の一つの目的でした。
ほかには、物部氏に迎えられて馬見山の祖神を祀りにも行きましたね。

そして、ここは?
縁起からは、神武天皇が玉依姫を祀らせたのですが、
もともと別の目的があって来訪したはずです。

当地は真鍋大覚の記述から、鉄を作っていた所と考えています。
神武天皇は武器の調達に来たのではないか。

それは「足一騰」という言葉そのものが教えていました。

(つづく)


妻垣神社




一宮神社や岡田宮については、ガイドブック上巻2に書いています。
サイドバーからもどうぞ。

安心院シリーズ全体を読み通すにはサイドバーの「宇佐・安心院トレッキング」からどうぞ。






いつもポチっと応援ありがとう。
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村
c0222861_15184581.gif


[PR]
by lunabura | 2015-08-16 21:25 | (カ行)神社 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://lunabura.exblog.jp/tb/24561942
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by チェリー at 2015-08-24 00:02 x
lunaさん、こんばんは。
妻垣神社については、米神山と位置関係があるようです。
米神山頂上から224.9°、または妻垣神社から44.9°です。南西・北東の関係ですね。
米神山の頂上部にはストーンサークルがあるようですが、その正確な位置はわかりません。
Commented by lunabura at 2015-08-24 22:05
チェリーさん、こんばんは。
米神山が出ましたか。
登ったことがありますが、磐座群は発見できませんでしたが、ネットで画像をUPしてあるのを見ました。
麓には京石という細長い石が300ほど立っていたといいます。現在も数十は残っています。
それとベンベン石が山を指している。
とても不思議な所です。
Commented by チェリー at 2015-08-25 23:59 x
安心院の盆地からよく見えるようですし、米神山、関係ありそうですよ。
米神山山中から柱状の石がたくさん取れるようですが、300も立っていたのは壮観だったでしょうねぇ…スコットランドの巨石群に似てるみたいですねぇ…どちらも見てないのが残念ですけど…
ベンベン石というのは四角錐の石なんでしょうか?どのあたりにあるのかなぁ…
「足一騰(あしひとつあがり)の宮」は妻垣神社の奥の院の石のところになるのでしょうか?
Commented by lunabura at 2015-08-26 22:52
チェリーさん、アンテナバリバリですね。
京石は「風と共に去りぬ」のラストシーンで主人公が海を見て決意するシーンの後ろに、そっくりさんが立っていました。タラだったと思います。
足一騰宮が妻垣神社に変更されたということです。
ベンベン石、ほか、画像が無いと説明しにくいですね。
在庫調べます♪ 
ゴソゴソ。
line

綾杉るなのブログ 神社伝承を求めてぶらぶら歩き 『神功皇后伝承を歩く』『ガイアの森』   Since2009.10.25


by lunabura
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー