ひもろぎ逍遥

lunabura.exblog.jp ブログトップ

珍敷塚古墳・天鳥船の壁画だけど外観のみ


珍敷塚古墳
めずらしづかこふん
 外観のみ


前回の浅田古墳群から西、久留米方面へ約6キロの所に、珍敷塚古墳があります。6キロという距離は氏族も別になるでしょうが、例の天鳥船があるので、現地を確認しに行きました。

前回、資料がないとボヤキましたが、うきは市の観光協会から戴いた資料の中に、「うきはの装飾古墳」という優れ物が入っていました♪

発行は、うきは市教育委員会です。重定古墳の壁画は、ユギがずらりと整列している様子が飯塚の王塚古墳に似てたり、行けなかった楠名(くすみょう)古墳の入り口が福津市の手光古墳と似てたりしていて、ワクワクしてます。

で、本題の珍敷塚古墳ですが、石室は見られなくても、福岡県大阪観光協会の発行したリーフレットに載っていた、あの天鳥船の現場ということで、行ってきました。
c0222861_14171916.jpg



あれ?
あれれれれ?
あれじゃない?
行きすぎました!

古民家カフェのような瀟洒な看板があって、通り過ぎながら「珍敷塚古墳」の字を確認。
車をバックさせて、現地に立ちました。

c0222861_22582677.jpg

ここは屋形古墳群と言って、四つの古墳があるということです。

壁画を観察すると、珍敷塚古墳と原古墳、鳥船塚古墳の三つが「ミサキ鳥」を舳先(へさき)と艫(とも)に一羽ずつ乗せて、帆柱などが描かれています。

エジプトのラ―の船と共通する画があるのはここです。
c0222861_21285924.jpg

(福岡県大阪事務所発行 無料で送ってくれますよ)


c0222861_22585377.jpg


この古墳は小さな家屋で墳丘もなく、古墳には見えないので調べて行くと、破壊されていて、奥壁だけが残されたもようです。

当地はフルーツ観光で有名ですが、造園業も盛んなので、古墳を壊して畑に造成し、石は庭石に使われていったのではないかと思います。


小郡市では、家の塀代わりにおびたたしい数の石室っぽい石が山積みされているのを見ました。

ここも、石を持ち去ろうとした時、この画の躍動感にただならぬものを感じた人が残してくれたのでしょうか。

この天鳥船のモチーフを描いた古墳が三つ並んでいる点では、一族の墓が次々と造られたんだろうなと、想像させてくれます。




c0222861_22592495.jpg


少し離れて写しました。裏手に三つの古墳が並んでいるはずです。少し坂になっていました。もう暑くて断念。

冊子からは、珍敷塚古墳の次の世代の人は力不足で、モチーフを描くのがやっとという印象を受けます。逆の意見を持つ人もいるかも。
四つ目の古畑古墳の絵は日岡古墳と似たタイプだと指摘されています。

時代については記述がないので、想像することが出来ません。








c0222861_22594194.jpg

これは反対側の風景です。

果樹園の先に立つと、筑後平野が見渡せます。筑後川は一夜川というほど、流れが変わる川で、いつも氾濫しました。

正面の山並みは朝倉です。3世紀の初頭まで羽白熊鷲が活躍し、神功皇后に滅ぼされました。それから400年以上経って、斉明天皇が神功皇后の足跡で祈り、朝倉橘広庭宮を造りました。

この珍敷塚古墳の被葬者はその間の人です。
周辺の神社は鷹取宮、天満宮、熊野神社、宮地嶽神社。

何か手掛かりはないか。
やっぱり歩かないと駄目ですね。



珍敷塚古墳







いつもポチっと応援ありがとう。
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村
c0222861_15184581.gif


[PR]
by lunabura | 2015-09-19 23:03 | <古墳>手光は宮地嶽へ | Trackback | Comments(10)
トラックバックURL : http://lunabura.exblog.jp/tb/24703856
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 侑子 at 2015-09-20 16:44 x
珍塚古墳の壁画を残してくださったのは田中幸夫氏です。
『旅路』(菊竹金文堂 発行)という随想にその時の様子が少し書かれています。
本当に間一髪だったようで、失われたものを思うと残念ですが、これだけでも残ってくれたのはありがたいことです。
Commented by lunabura at 2015-09-20 20:50
そうすか。
田中幸夫氏だったのですか。田中コレクションを見ましたが、素晴らしかったのを記憶しています。学んだあと、もう一度見直したら、もっとその重要性が理解できるでしょうね。
九歴で見たのですが、今は何処に預けられているのでしょうか。久留米に戻ってきているのかな。
Commented by 蕨手文男 at 2015-09-22 12:22 x
珍敷塚古墳と日ノ岡古墳は、役場に事前に申し込んでおくと、資料館の型の案内付で見学すること出来ますよ。
最近は古墳の方にもかなり興味が向かれておられるようで、ブログまでご相談いただければ、助言できること色々あると思いますので遠慮なくどうぞ
Commented by lunabura at 2015-09-22 21:00
珍敷塚も、日の岡も!
豪華過ぎですね。
一度、じっくりと取り組みたいです。
Commented by 侑子 at 2015-09-22 22:19 x
珍敷塚には少々思い入れがあり、つい反応してしまいました。
言わずもがなのことを失礼いたしました。
ご存じかもしれませんが、九歴が「田中幸夫寄贈品目録」を出しています。山北の皮袋型須恵器は驚きでした。
Commented by lunabura at 2015-09-22 23:14
侑子さん、こんばんは♪
人によって観点が違うので、多角的に捉えるためにも、どんなコメントも歓迎です。
コメントいただいて、思い出すことも多々あります。

過去記事を書いてたのを思い出したので、再掲しておきます。^^
浮羽はよくドライブしたんですが、まさか歴史に載っている古墳の側を走り抜けていたとは(^_^;)
なんてこったい。
Commented by 侑子 at 2015-09-25 15:44 x
過去記事の再掲ありがとうございました。
小さな事ですが、再掲してくださったおかげで数年来の疑問が思いがけず解けました。
感謝いたします。
Commented by lunabura at 2015-09-25 23:12
そうですか?
何か疑問が解けたんですね。
お役に立てて良かったです^^
Commented by あき at 2015-09-27 06:45 x
蕨手文男さんのコメントにもありますが
わたしの場合は、一昨年の春
資料館を訪ねた際に
事前予約なしで
日岡、月岡、珍敷塚の各古墳+α
をご案内いただきました。

それぞれ施錠はされているのですが
必ずしも保存状態は良いとは言えない状況です。
Commented by lunabura at 2015-09-27 23:40
そうですか。
資料館の存在も知らなかったので、もっと調べて準備しないと再訪出来ない感じですね。
情報ありがとうございます。

文化財保護の国の予算が奈良に集中していて、他県には回らない話を時々聞きます。奈良は建物や公園やレプリカなど、潤沢な予算のようですが、こちらは発掘もままならず、学芸員のいない市町村も沢山あるのが現状で、問題がありますね。
line

綾杉るなのブログ 神社伝承を求めてぶらぶら歩き 『神功皇后伝承を歩く』『ガイアの森』   Since2009.10.25


by lunabura
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー