ひもろぎ逍遥

lunabura.exblog.jp ブログトップ

馬上の武人4 大伴金村大連 筑紫馬40匹


馬上の武人4
 WAKIMIKO
 大伴金村大連 筑紫馬40匹


金村大連が推した武烈天皇の在位はわずか8年だった。
しかも、子供がいなかった。

金村大連は天皇探しをする。仲哀天皇の五世孫の倭彦王を推挙した。
丹波まで迎えに行ったが、武装していたので倭彦王は恐れて姿を隠した。

金村大連は続けて男大迹(をほど)天皇を推挙する。継体天皇のことだ。
別名は彦太尊。継体天皇の名称を使おう。

継体天皇は誉田天皇の七世に当たる。
誉田天皇とは応神天皇のことだから、仲哀天皇と神功皇后の末裔で
天皇家の血筋ということになる。

金村大連は一応、物部麁鹿火大連許勢男人大臣らと協議する形を取るが、
実質的には独壇場で、麁鹿火大連たちは言われるがままだった。

金村大連は天皇の鏡と剣も預かっていて、継体天皇に奉っている。
手白香皇女(たしらかのひめみこ)を皇后に推挙したのも金村大連だった。

大伴金村大連は軍事力で他の豪族をしのぎ、政をほしいままにしていた。
天皇を推挙する実権を持ち、皇后選びも思うがまま。全盛期を迎えていた。

大伴氏の拠点はずっと古代には佐賀の吉野ヶ里遺跡の近くに
あったことを思い出す。
佐賀平野から玄界灘に抜けるルートも掌握していた痕跡があり、
武寧王が唐津で生まれたことが、
大伴氏の存在を抜きには考えられないようになってきた。

麁鹿火大連はひたすらイエスマンになっていた。



継体天皇即位後の体制が落ち着くと、
『日本書紀』は再び朝鮮半島の事情ばかりを書いている。

継体天皇3年2月、日本から使者を送った。
任那にあった日本の県邑(あがたのむら)に逃げ込んでいた百済人を調査し、
三、四世に遡って百済に送還した。



継体6年4月、穂積臣押山(ほづみのおみおしやま)を百済に派遣する。
この時、筑紫国の馬を四十匹、百済に与えた。

馬が四十匹だ。すごい数だ。
しかも、筑紫の馬だ。筑紫の何処に牧があるか。

一番の候補はやはり福津市の渡半島だろう。
そこを中心として、宗像市に掛けての海岸線沿いに「高田の牧」があった。

過去記事に書いている。

渡の牧跡 わたりのまきあと 神代に放ち給う馬の牧跡
http://lunabura.exblog.jp/16445440/


c0222861_12424179.jpg


この「高田牧全体」では1300頭の成牛馬がいた時期があるという。



この牧を掌握していた筑紫の長は誰か。当然ながら磐井君だ。
ここ津屋崎は九州王朝の末裔たる宮地嶽神社関連の領地だった。

この四十頭の馬を運んだ穂積臣押山は饒速日の末裔。すなわち物部系だ。
朝鮮半島の南にあった任那諸国の中の哆唎国(たり)の守(みこともち)だった。
この男はのちに問題を起こす。

この継体6年は西暦では512年。

百済王の末多王が廃位されたのが502年のことだと書いたが、
この末多王を任命したのが日本だった。それが479年のことだ。

この時、百済王の任命権を日本が持っていた。

国王となすべく、末多王を日本から送り届ける時に、
筑紫の軍士が500人も護衛して海を渡った。

この筑紫の軍士派遣から筑紫馬贈与にかけての時代こそ、
百済に前方後円墳が築造された時代(5世紀後半~6世紀前半)と重なってくる。

「百済」と書いたが、そうではなかった。
そこは「任那」(みまな)諸国の一部だった。

あの古墳群は任那に赴任していた筑紫の豪族たちが眠っていたのだ。

以下は過去記事だが、まだそこが任那だとは知らないで書いている。
百済の前方後円墳
http://lunabura.exblog.jp/i189/



これは、某考古学者(日本人)が百済として講義したのを鵜呑みにして、
そのまま百済と考えてしまっていたことに、今気づいた。







いつもポチっと応援ありがとう。
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村
c0222861_15184581.gif


[PR]
by lunabura | 2016-02-05 19:24 | 「脇巫女」 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://lunabura.exblog.jp/tb/25265898
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by のら at 2016-02-05 22:22 x
るなさん、お久しぶりです。こんばんは。
武烈天皇と聞いて、今話題の狩野英孝しか思い浮かびません。
宮城に武烈天皇の伝承がある事と、たった2人の臣下など考えると私的に天皇位を剥奪された王に思えます。
それを判っていたから筑紫野君磐井の離反にもなったんじゃないかな?何処の馬の骨とも判らない奴に仕えられっかo(`ω´*)oってね(爆)
継体天皇の皇后が武烈天皇のお姉さんなのも体裁を考えたか。でもなんやかやで彼女の生んだ欽明天皇に血と王位は繋がっていくのも面白い。
 
全然関係ない話でごめんなさ~い(>_<)


Commented by lunabura at 2016-02-05 22:32
のらさん、こんばんは。
詳しいんですね~。
私は例の「るなの知らなかったあ」状態です。

視点を変えると歴史が生き生きとしてきますね。
また、教えてください。

武烈天皇は、確かに、『日本書紀』が悪い人物として作り上げた匂いがしないでもないです。
良い天皇、悪い天皇と、書き分けが露骨ですね。

しかも、時々、「天王」と書き損じてたりしてます ^^
Commented by のら at 2016-02-06 01:11 x
るなさん、私も最初は恐ろしい天皇も居たもんだ〜位でしたが、お笑い芸人の狩野英孝の実家が宮城県の歴史のある神社だと知り、いつもの如く検索して知ったんです。
あの恐ろしい天皇を祀ってるよΣ( ̄。 ̄ノ)ノ
祭神だよΣ( ̄。 ̄ノ)ノ
安産、子育てに御利益だよΣ( ̄。 ̄ノ)ノアレレレレ〜???
結果、この天皇には色々説もあるのを知りました。

んで、昔々歴史読本で歴代皇后特集なるものを買っていたので、『武烈→継体→継体の子①→継体の子②→欽明(継体の子③←正嫡&武烈の甥)』の図も脳内作成したり面白かったですよ〜☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆
Commented by lunabura at 2016-02-06 21:31
のらさん、私も検索してみました。
びっくりどころではありません\(◎o◎)/!

『日本書紀』がうざいほど悪い記事を書くのは、暗殺したのではないかと妄想し始めていたのですが、やはりそのラインが濃厚に(^^;

狩野くん、やばくないかなあ。


Commented by のら at 2016-02-07 03:18 x
狩野くん色んな意味で話題ですからね(>_<)
なんだよ、今カノがニューハーフ?って(爆)
面白いのが、異常な程アレルギー体質らしいって事です。中居くんの番組かな?これは何食べて生きてきたの?って思うほどの数だった(^0^;)
動物アレルギーも含め…。
生まれたときから修行中みたいな数なんて!

思えば神主さんの家系って、調べたい歴史満載ですよね~(≧∇≦)
Commented by lunabura at 2016-02-07 21:17
武烈天皇も正しい歴史を知ってもらって、名誉回復してほしいのかもしれませんね。
狩野くんが有名になることで、見直しがあるのかも。
line

綾杉るなのブログ 神社伝承を求めてぶらぶら歩き 『神功皇后伝承を歩く』『ガイアの森』   Since2009.10.25


by lunabura
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー