ひもろぎ逍遥

lunabura.exblog.jp ブログトップ

杉守神社  香月氏



杉守神社

 香月氏


遠賀川流域の物部氏の中では、香月氏の系譜がかなり詳しく伝わっている。

物部氏は文字を持っていて、記録を残す氏族だったのだろう、とよく思う。

香月氏の祖はニギハヤヒであり、かつ田道命ということなので、
物部と皇族の末裔の両方の性格を持つ。

だからだろう、
小狭田彦の代に景行天皇や日本武尊の遠征に絶大なる支援をしている。

その結果、日本武尊は小狭田彦に「香月」姓を賜ったという。

簡略な縁起はネットでも見ることが出来るが、
文脈から、どうしても分からない事があった。

それは、香月氏の本貫地は杉守神社のある所ではないのではないか、
という疑問だった。

それを確認するために、杉守神社に出かけることにした。

場所は前回の磐瀬行宮(中間市)からわずか4キロ程度の所だ。





c0222861_21544396.jpg

田園に突き出た丘陵があり、その突端に宮は鎮座していた。







c0222861_21571438.jpg








c0222861_2155191.jpg

急な石段を上りきると境内に出た。








c0222861_21551997.jpg

拝殿は左側にあった。
宇佐や熊本で見かけた横参道のようなタイプだった。







c0222861_21553555.jpg

神紋は鳥だ。
後で教えていただいたが、「白い鳥」と言う。
何か特別な鳥を指すわけではなかった。
ヤマトタケルの象徴である「白鳥」のことだろうと勝手に思った。

これまで「白鳥」を「はくちょう」と思い込んでいたが、
「しろいとり」と読むのが正しいのかもしれない。





初夏の嵐のあと、クスノキの落ち葉がおびただしい季節だ。
落ち葉掃除をしてあった宮司に話を伺う事が出来た。

それによると、やはり、香月氏はもともとここではなく、
黒川の上流、「ヨモギが原」という所に住んでいたという。
「フツ」と似ているでしょうが、とも言われた。

「ヨモギ」は一般に「ホウ」「ブ」と音読みするから、
何か特別な呼び方があったのだろう、なるほど、
物部らしいと思った。
そう、「フツの御魂」という剣神霊を信仰しているのが物部氏だ。


小狭田彦が娘の常磐津姫とヤマトタケルの縁組をしたのも、
そのヨモギが原ということになる。

戦うときには香月氏は宗像氏と共に戦ったという。
香月氏の祖に市杵島姫の名前も見えることから、
両氏は長い間共闘関係にあったのだろう。

宗像氏の動向の伝承を初めて採取した。
宗像氏は大国主を祖とするので、遠賀川流域で活躍していたのだ。
なるほど。
ミッシングリングが少しずつ繋がっていく。



さて、香月氏は何故ここに移って来たのか、伺った。

もともと黒川の上流、シラキ川が注ぐ所に住んでいたが、
水が無かったので、現在地に移ってきたという。
氏子が周辺に多いのも理由の一つだと言われた。

移ってきたのは、古代の話だ。
現在地には近年まで水質のよい井戸があったが、
炭鉱のために水が出なくなったという。

また、黒川も洪水で氾濫して、一面水浸しになるという話も伺った。

当宮はもともと「日本武尊」のみを祀っていたが、
先祖の夢で、それでは寂しいからと、新たに三祭神を合わせ、
四柱を祀っているという。
三祭神とは神功皇后、仲哀天皇、仁徳天皇だ。

まだ「スギモリ」も「杉森」から「杉守」と変わった。


家に戻って黒川の水域を調べていると、金剛山を回りこんでいることが分かった。
金剛山!
そう、そこには川上タケルの弟がいたはずだ。


「脇巫女27」でそのことを考察している。
◇◇ ◇

小狭田彦は本名は常盤津彦と言った。
幼少より賢明で、いつも山間の狭い土地を開墾していたから、
小狭田彦と言うようになった。

景行天皇が来て、しばし小狭田彦の居館に留まり、移っていく。

のちにヤマトタケルもやって来て滞在する。
小狭田彦の住まいは香月庄。現在杉守神社の所か。
あるいは寿福寺か。

小狭田彦は娘の常磐津姫を差し出した。

この近くの金剛山に熊襲が住んでいた。
そのクマソとは火国の川上梟師の弟で、江上梟師(たける)と言った。
日本武尊は黒崎より上陸して笹田の小狭田彦とともに黒川を渡り、
熊襲の軍を屠ったという。

杉守社伝に日本武尊が
「あな楽し、花の香り月清きところかな。
今よりこの地を香月のむらと名づくべし」
と名を賜ったのはこの時だろうか。
小狭田彦は香月氏となった。

◇◇ ◇

やはり、金剛山にいた江上タケルと一戦交えていた。


ヨモギが原に居た小狭田彦は娘をヤマトタケルに嫁がせた。

それから江上タケルや川上タケルとの戦いに勝ち、
褒賞として香月の姓を賜った。

その後、小狭田彦の夢に亡くなったヤマトタケルが現れて、
白鳥となって、この地に飛んで来よう、
と言ったことに因んでここに祀るようになったとする。





c0222861_2156327.jpg




杉守神社では宮司さんにお忙しいなか、お話を聞かせていただきました。

改めて、お礼を申し上げます。



杉守神社






いつもポチっと応援ありがとう。
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村
c0222861_15184581.gif


[PR]
by lunabura | 2016-05-12 22:00 | (サ行)神社 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://lunabura.exblog.jp/tb/25601289
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by furutsuki_oto at 2016-05-13 00:18
お久しぶりです。古月です。
鞍手の少なくとも古月地区では、ヨモギ餅のことをフツ餅と呼びますよ。
Commented by furutsuki_oto at 2016-05-13 00:54
中学生の頃、蘇我氏の末という子とヤマトタケルの話をしてましたら、「木月池は本当は『しらとり池』だときかされまして、「しらとりはハクチョウか、ハクチョウがおったのか」とスバッと聞いたら、彼はすかさず「鷺(さぎ)」だと答えました。 神紋の方は、白い烏(からす)じゃないかと香月一族の子がいっておりました(断定ではなかったです)。
Commented by lunabura at 2016-05-13 22:06
古月さん、こんばんは。
フツ餅って言うんですね!
びっくりです。
佐賀の人に尋ねたら、佐賀でもフツ餅とか、フツ団子って言うんだとか。
他の地域ではどうなんでしょう。

白鳥は、鳩に見えたので、尋ねたら、それも違うとか。
「特定の鳥は指しません。「しろいとり」です」
と言われました (^^;
ついつい、考えてしまいますね。
Commented by ぱら at 2016-05-15 01:02 x
るなさんこんばんわ♪ヽ(´▽`)/

ふつ餅って大分も長崎も熊本も鹿児島は北の方は言うそうです。其々地元のお婆ちゃんたちに聞きました。沖縄にいる知り合いにも聞いてみたんですが、蓬の餅を「ふーちーば」とか「ふーちー」とか言うそうです。厄を払う餅ということらしいです。
ヨモギ自体、お腹いたの時煎じて飲んだり怪我をしたとき血止めに使われたり乾かしてもぐさを作ってお灸に使ったり、五月の端午の節句には菖蒲に蓬をつけて菖蒲湯のお風呂をたてたり、難を逃れる草として親しまれていますよね。
難を払うと言うと草薙の劔も連想できます。考えてしまいますよね。
Commented by tukifune83 at 2016-05-15 03:35
ふつぬしを連想させますよね。(*^_^*)
Commented by lunabura at 2016-05-15 21:58
ぱらさん、月船さん、コメントありがとうございます。
植物由来となると、少し手掛かりが出て来て、楽しみですね。
line

綾杉るなのブログ 神社伝承を求めてぶらぶら歩き 『神功皇后伝承を歩く』『ガイアの森』   Since2009.10.25


by lunabura
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー