ひもろぎ逍遥

lunabura.exblog.jp ブログトップ

思考に疲れたら






c0222861_21573083.jpg


思考に疲れたら







c0222861_21575270.jpg


こんな事をやってみる




色の世界


布に触り

一針ずつ縫っていく

内なる声に耳を澄ますひととき


やりたいことを、やってるかい?

ってね





もちろん、やってるよ (^_-)-☆







いつもポチっと応援ありがとう。
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村
c0222861_15184581.gif


[PR]
by lunabura | 2016-05-13 22:00 | にっき | Trackback | Comments(40)
トラックバックURL : http://lunabura.exblog.jp/tb/25604322
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by チェリー at 2016-05-15 02:14 x
lunaさん、考えるのに疲れたときこそ、私のブログです!
今回のupは、六ヶ岳に十字架があったというお話です!
「地図でつなぐ聖地の旅 「鞍手」その8 六ヶ岳山行記録(4)」でございます。 
Commented by 星読 at 2016-05-15 05:25 x
六ヶ岳グランドクロス!!

霊山に頭拝
Commented by チェリー at 2016-05-15 13:33 x
星読さん、まさかとは思いますが、
十字の交点の場所に、行こうとしないでくださいね。
とんでもない斜面のはずですから。真っ直ぐに立てないと思います。
Commented by 星読 at 2016-05-15 18:03 x
チェリーさん、大丈夫ですよ

そんな無理するような歳じゃありませんから^^)/
Commented by こけこま☆ at 2016-05-15 18:31 x
カナダの少年が遺跡と星座の配置から新しい遺跡を発見したニュースがありましたね
福岡市周辺でも古代の人々が星の動きから祈りを捧げたとか想像するとワクワクしますね
Commented by lunabura at 2016-05-15 22:01
チェリーさん、六ケ岳調査、本当にありがとうございます。
不思議世界になってきました。
ラインに込められている祈りに少しでも近づけたらいいなと思います。
星読さん、いつもありがとうございます。

Commented by lunabura at 2016-05-15 22:02
こけこまさん、マヤと星の関係、興味深いですよね。
福岡にもそんなのないかなと、ついつい思います^^
Commented by チェリー at 2016-05-22 22:41 x
lunaさん、気分転換が必要なときこそ、私のブログです!
今回のupは、六ヶ岳に関連したピラミッド?のお話です!
「地図でつなぐ聖地の旅 「鞍手」その9 六ヶ岳山行記録(5)」でございます。
Commented by lunabura at 2016-05-22 22:44
チェリーさん、待ってました。
タイトル、おっきい!
Commented by 星読 at 2016-05-23 21:52 x
チェリーしゃ~ん--
話についていけまっしぇ~ん 

出穂もピラミッド・・・なの???
Commented by チェリー at 2016-05-24 01:36 x
星読さん、ラインから見ると、出穂も人工のピークだという可能性があるんですが、実際に登った印象では、そんなことはないですねぇ…あくまで自然の山です。だから、わからないです。
出穂と鉾立山の関係など、大騒ぎするところなんですが、私もかなり感覚が麻痺してきました。何があっても驚かなくなってきました。
全くなんという土地なんでしょう、鞍手は!
全国の一宮とか、一応調べ終わってるんですが、こんなラインの密集地帯は初めてです。
まだ、半分くらいしか書いてないんです。
北九州市から筑豊地域というか、このあたりは、まるで「幾何学地区」なんです!
Commented by 星読 at 2016-05-24 02:19 x
チェリーさん、そんなにスゴイの???鞍手は・・・

謎解き・・・・・
Commented by lunabura at 2016-05-24 22:21
久山町の遠見岳は、一緒に登った人が、ピラミッドだと言っていました。つまり、頂上付近を削って形づくっているということだそうです。
多くのピークがライン上に乗るということは、加工した可能性があるんですね。
福岡市より東の山はピーク直前に急斜面なのが多いなと思ったことを思い出しました。そういうことがあったのかもしれませんね。
Commented by tukifune83 at 2016-05-24 23:37
こんばんは。
だから昔からそちらの方はUFO目撃が多いのかもですね。昔話を銀が良く話していたのを思い出しました。銀のお兄様は連れて行かれそうになったとか何とか。(^_^;)関係ない話題で申し訳無いですが…。Σ(´∀`;)
Commented by チェリー at 2016-05-25 02:04 x
lunaさん、そうですね。そんな可能性がありますね。頂上近くに古墳を造る場合も、同じような意味があるのかもしれません。
ブログの鉾立山の地図中に「英彦山中岳から300°」というポイントがありますけど、到着するところが「遠見岳」です。
「英彦山南岳が120°に見えるポイント」もありますけど、それも延長すると「遠見岳」です。

星読さん、鞍手周辺というか、遠賀川流域というか、福岡県北部かなぁ…やっぱ多いです。
鞍手中心にということになると、いいですねぇ…
Commented by チェリー at 2016-05-25 02:14 x
月船さん、そんなことが多いんでしょうか?
ラインを引いてネットワークを造って、その目的は何なの?
と言われると、祈ることに関係するのは間違いないんでしょうが、
何か、その、コミュニケーションのツールっぽいこともあるんでしょうか?
謎ですねぇ…
Commented by tukifune83 at 2016-05-25 08:36
おはようございます♪
チェリーさん、そうらしいんですよ。どこのお山か等の詳しい事は銀に聞かなくては分からないのですが、当時は新聞に載ったり出店が出て見物客で賑わったりしたらしいです。
チェリーさんのご報告を見て私が気になったのは、三角錐に拘るのはやはり古代エジプト方面かな?と。
ピラミッドにも沢山のUFO目撃証言あったと思います。
という事は、遠賀川流域に早くからエジプト→中東→という感じで日本に来た民族が繁栄したのかもと。
すると、そこから厳島神社や出雲に繋がる様な…。確か厳島神社の神楽に中東の顔を思わせる面で舞うものがあった様な…。べルシア人とか…。うろ覚えですが(汗)
先日、TVで見た青い目のエジプトの方も思い出したりしました。ついつい夢想に耽ってしまいます…(;´∀`)
Commented by lunabura at 2016-05-25 23:09
チェリーさん、すごい精度なんですね。
月船さん、UFOで夜店が出た話、当ブログにも書いてます。
嘉麻市でしたよね。峠。名前忘れましたが。
英彦山の絵巻はユダヤ系の顔です。テレビに出ていました。
Commented by tukifune83 at 2016-05-26 00:14
そうでした。(汗)るなさんの記事と銀の話がゴッチャになってしまっていたかもしれません、すみません(;´∀`)
銀のお母様も興奮気味にお話してくださったので断片的に記憶にありました。
なので嘉麻市なのでしょうね。銀のお祖父様が嘉麻市の記録を詳細に残されてあるので(元先生なのでそれはそれは几帳面に…(;´∀`)実家に帰った時にまた見直してみます。(*^_^*)
Commented by lunabura at 2016-05-26 23:28
水月さん、それは楽しみ。
お聞かせくださいね。
Commented by チェリー at 2016-05-28 23:55 x
星読さんへ
やはり鞍手が中心かもしれません!
何と、熱田神社から出雲大社まで 45.01°でした!
でも、距離が250km以上ありますね…本当かなぁ…
lunaさんがおだ山を見ていた場所は、このライン上になりますねぇ…
Commented by チェリー at 2016-05-29 04:09 x
lunaさん、お暇なときこそ、私のブログです!
「鞍手」その10 六ヶ岳(6)upしました。
でも、お暇な時ができるんでしょうか…
いつの日か、また歴史カフェにお伺いできればと願っております。
Commented by lunabura at 2016-05-29 23:08
チェリーさん、ご案内、待ってましたよ。
歴史カフェもお待ちしています^^
Commented by furutsuki at 2016-05-30 00:58 x
チェリーさん、
「鞍手」その10 六ヶ岳(6)拝見しました。
なんかスゴイですね。

こちらも少しずつ進展しています。
「ホ」の末裔を追いかけて嵐山でドラゴンカーブを
探したら、ありました。
後の平安京の条理の間隔とも関係していて
ビックリです。お暇なときに ご覧ください。
「ドラゴンカーブ 4 嵐山-嵯峨野」です。
Commented by チェリー at 2016-05-31 23:47 x
furutsukiさん、こんばんは。
拝見いたしました。これはまず、グラフィックとしてすごいんじゃないでしょうか。
航空写真にこんなに見事な図形を重ねた絵を見たことがありません。
これは見飽きないですねぇ~
京都の記事と一緒にゆっくり拝見します。
わたしも、福岡の次は京都に飛ぶ予定なんですよ。でも、いつのことになるのかわからなくなってしまいました…
Commented by チェリー at 2016-06-06 01:43 x
lunaさん、こんばんは。
「地図でつなぐ聖地の旅「鞍手」その11 脇巫女の皆さんへ」をupしました。
お疲れの時にご覧ください。と思いましたが、もっと疲れるかもしれません…
Commented by lunabura at 2016-06-06 23:29
チェリーさん、こんばんは。
ラインを拝見すると、クラクラしそうです。
三郡山がその中心という理解でよいですか?
実は、三郡山から少し下ったところに鬼岩(あいまい)という磐座があって、探しにいったことがあります。
その鬼岩を中継点として、各地にラインがあったような。
結局は見つからず、さらに下ったところに神社を見つけましたが、磐座の上に建っていました。
梵字が彫られていましたよ。
全体が曖昧な記憶なので、あまり深入りなさらぬよう(^^;
Commented by チェリー at 2016-06-07 23:58 x
そうですね~というか、ネットワークという見方をしていますので、最強クラスのポイントのひとつだと思います。航空路線図の中の大きな空港みたいなイメージかなぁ…
話は変わりますが、初代と二代目のヤマトタケルは、双子の兄弟という可能性もあるのでしょうか?
尾張周辺の地方にはお兄さんの「おおうす」の伝承も多いんです。
Commented by lunabura at 2016-06-09 20:38
そのネットワークは、地方ごとに簡潔するのですか?
それとも、列島全体に敷き詰められているのですか?

ヤマトタケルの双子の兄弟。
記紀では早くに死んでいますが、そうではなく、
それぞれに活躍したのかもしれませんね。
そうすると、何かを隠蔽したかったのかも。
Commented by チェリー at 2016-06-10 00:38 x
全国を貫く幹線があってというような支配的なものではなく、各地方のどこかここかで繋がっているというような、インターネットみたいなイメージです。鞍手と出雲のつながりを次回記事にしますが(これがまたとんでもないことになって、さすがに心が折れる寸前なのですが…)出雲は私たちの地方ともつながりがありました。
といっても、トンデモサイトの私のとこが主張するだけですけど…

ヤマトタケルは西征と東征とでは性格が全く異なると、よく言われますが、そんなことがあったのかもしれません。
Commented by 星読 at 2016-06-10 05:22 x
はい!! キマシタ!!  

「出雲と鞍手」の繋がり

期待してます。

Commented by lunabura at 2016-06-11 20:42
チェリーさん、こんばんは。
伝承や祭神を見ると、出雲の関わりがいつもでできます。
祭祀線で具体的なものが見えてきたらありがたいですね。
Commented by チェリー at 2016-06-20 02:05 x
lunaさん、星読さん、こんばんは。
とりあえずupしました。「地図でつなぐ聖地の旅「鞍手」その12 脇巫女の皆さんへ(続)」です。
出雲大社へのラインを書いたのですが、長距離ラインの間に、ほとんど何もない状態です。
あまり参考にはならないと思いますが、とりあえず…
Commented by lunabura at 2016-06-20 20:53
チェリーさん、興味深く拝見しました。
続き、楽しみにしています ^^
Commented by チェリー at 2016-06-25 02:32 x
lunaさん、こんばんは。
ラインを説明する方法が、神話によるしか無くなってしまいました。人の営みではないのです。
やっぱ、私のブログはトンデモサイトなんだなぁ…
でも、見えないものを感じる脇巫女の皆さんなら、少し話を聞いてくださるかなぁ…
「地図でつなぐ聖地の旅「鞍手」その13 脇巫女の皆さんへ(続続)」です。
少し頭を冷やすことにします。
Commented by lunabura at 2016-06-25 23:17
チェリーさん、力作だったので、仕切り直して読ませていだたきました。
干珠満珠は龍神が持っていた珠で、その秘法を磯良が神功皇后に与えたことが、和布刈神社の和布刈神事となっています。
岐神については、拙著『神功皇后伝承を歩く』6飛幡八幡宮で調べたのですが、仲哀天皇が北西の岬で祀っています。
そこでは「ふなと」と読みましたが、出雲祖神なら、なんだか合点がいくような思いがします。
干珠満珠島が出て来て、ちょっと驚いています。

Commented by チェリー at 2016-06-28 01:04 x
lunaさん、読んでいただいてありがとうございました。
7 若松恵比須神社の地図を見ました。名籠屋の千曳の岩は跡形もないようですね…(熱田、小牧に続いて「なごや」と聞くとドキッとします)

たどり着いた干珠島・満珠島へのラインの説明がつかないので、不思議なお話で終わってしまいそうです。
とりあえず、スピルバーグの映画「レイダース」の最後のように、木箱に収めて倉庫にしまいます。
歴史とか学問に関係なくなってしまいました。つくづく思うのですが、やっぱ、うちは、本質的にトンデモサイトだなぁ…
Commented by lunabura at 2016-06-28 22:32
説明はつかなくても、事実は事実だし。
チェリーさんのは、図が分かりやすいです。
スピカと月が出ていれば経度で50キロまでは分かると言う話なので、(何が分かるか分かりませんが)後から説明が出きるかもしれませんし、楽しみにしています。
Commented by チェリー at 2016-06-29 00:24 x
ありがとうございます!宿題ができたと考えることにします。
遠賀川周辺という言い方でいいのかどうか、また順番に書いていきますので、UPしたら、お知らせしますね!
Commented by lunabura at 2016-06-29 22:31
はい、お待ちしています^^
line

綾杉るなのブログ 神社伝承を求めてぶらぶら歩き 『神功皇后伝承を歩く』『ガイアの森』   Since2009.10.25


by lunabura
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー