ひもろぎ逍遥

lunabura.exblog.jp ブログトップ

パラマハンサ・ヨガナンダの映画を見た



パラマハンサ・ヨガナンダの
映画を見た



ヨガナンダの映画が上映されていると聞いて、天神のKBCシネマに足を運んだ。
題は「永遠のヨギー」

若い時のパラマハンサ・ヨガナンダの顔を見てその美しさに驚く。
インドの神画でよく描かれている顔が実在するとは。




c0222861_18374339.jpg

こんな表紙も絵だと思い込んでいた。


自分もかつてはヨガを学び、瞑想に憧れた時代があったが、今はやっていない。

ヨガナンダの映画を見て影響され、
再びその世界に戻るかもしれない、という懸念を抱きながらも、
自分自身の変化を確かめたいという思いがあった。


パラマハンサ・ヨガナンダはインドで生まれたが、母胎の中での記憶を持っていた。
ハイアーセルフに導かれ、導師に出会い、その道を極めた。

すると、ハイアーセルフはアメリカへ行けと命じた。




第一次世界大戦の勝利に酔い、物質文明を突っ走るアメリカに
ターバンを巻いた褐色のヨギが渡った。

宗教ではなく科学として、その世界観を広めていったヨガナンダだが、
途中からは迫害を受け、あるいは親友の裏切りを受ける。

聖人であっても、人生は順風満帆ではなかった。




ヨガナンダの教えそのものは映画では断片しか伺えなかったが、
その叡知はそこかしこに見えていた。

宇宙から地球に生まれて来て生きているという記憶を忘れずにいる人なのだ。
その瞑想の深さは凡人には想像もつかない。


理解を得られない状況にあったとき、ヨガナンダは自伝を著した。
それが数百万部のヒットとなり、
アメリカの精神世界に多大な影響を与えることとなる。




ヨガナンダがインドに帰国してガンジーと会ったシーンは印象深かった。

ガンジーはイギリスから天然塩を取り返した人でもある。
日本人が天然塩を自由に作れるようになったのは、つい最近のことだ。
そんな事を思い出した。


ヨガナンダは原爆が日本に投下されることを予知していた。
だから、第二次世界大戦の前のアメリカで
人類にとって大切な愛の思想をもたらす役目をしたのだ。

多くの人に影響を与えた。




ビートルズもそのひとグループだ。
ジョン・レノンは
「みんなが平和に過ごしている世界を想像してごらん」と歌った。
皮肉にも、戦争時にイギリスはそれを一時期、放送禁止にしたが。



宇宙は人類の思想に大きく影響を与える人物を降ろす、
という話を読んだことがある。

インドはヨガナンダを通じて思想をアメリカにもたらし、
マケドニアはマザーテレサをインドにもたらした。

こうして、高雅な文化が交流していく。

現代の歴史は地に這いそうになりながらも、
上昇するものも包含していた。


このような宇宙の仕組みを目撃すると、安堵する自分がいた。


この映画を見て、私に迷いは生まれなかった。

人がそれぞれに自分の道を歩むことは、宇宙の意思に即している。
そう確信した夜でもあった。


「永遠のヨギー」は天神では明日、2016年6月17日(金)まで上映。



c0222861_18383028.jpg







いつもポチっと応援ありがとう。
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村
c0222861_15184581.gif


[PR]
by lunabura | 2016-06-16 18:39 | にっき | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://lunabura.exblog.jp/tb/25708386
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
line

綾杉るなのブログ 神社伝承を求めてぶらぶら歩き 『神功皇后伝承を歩く』『ガイアの森』   Since2009.10.25


by lunabura
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー