ひもろぎ逍遥

lunabura.exblog.jp ブログトップ

ひめちゃご2若宮八幡に隠された女神



ひめちゃご2

若宮八幡に隠された女神
 




年に一度、まめちゃごの日に観音像が磨かれる。




c0222861_2144451.jpg

その観音像の鎮座する所が若宮八幡神社だ。

住所は佐賀県三養基郡みやき町大字簑原1477番イ。
チェリーさんが調べてくれた。

掲載されている「神社検索で探してみましょう」というサイトを見ると、
地図は不正確だった。




c0222861_2151346.jpg


神社は中原中学校のそばだ。


参道の幅は1メートルほどしかなく、一人だけが歩ける。
参道の入り口は民家の庭を通って行かねばならないので、
一般の人は公民館への道から入るという。





c0222861_2153097.jpg

祭神は仁徳天皇。

え?
仁徳天皇?
佐賀に仁徳天皇を祀る宮があるのは想定外だった。




c0222861_2154771.jpg

その神殿の彫り物は素晴らしく、かつては多くの信仰を集めていた宮だと思われた。





c0222861_216610.jpg

神殿の門は三つ巴だが、拝殿の裏手のこの紋は何だろう。
だれか、調べてくれるとありがたい。





ここは大字蓑原ではあるが、「姫方」という地域だ。

「ひめかた」

そう、かつて紹介した姫古曽神社があるのも姫方だ。
つまり、「姫方」が二か所にあったのだ。

氏子によると、かつてはヒメコソ神社と同じ祭神だったという。

そうすると、市杵島姫ということになる。
仁徳天皇が上書きされたのだろうか。




この日、開帳された観音像は木彫りだった。
頭頂は平坦で、観音らしい飾りが無かった。

観音像なのだろうか。
もしかしたら、女神像ではないか、
そう思わずにはいられなかった。


一緒に案内してくれたミノリは、神社で参拝すると
祭神らしき人の顔が見えるという女性だった。

ここは仁徳天皇を祀る宮ながら、現れるのはきれいな女性だという。
女神が出てくるとしたら、やはり市杵島姫なのだろうか。


ミノリの説明だと、宗像大社の辺津宮本殿でも同じ顔が現れ、
その裏手にある、第二宮ではそれぞれ違う顔だったという。

辺津宮といえば、市杵島姫だ。





もし、佐賀の姫古曽神社と、小郡の七夕神社も同じ顔なら、
やはり、若宮八幡神社の古い祭神は市杵島姫だということになる。

お顔を書いて。
衣裳は?
そんな頼み事をした。





ひめちゃごのあと、近くを散策した。

この古代の岬状の台地には甕棺が400基(?300かも)ほど出ていて、
前方後円墳もある「姫方遺跡」というエリアにあたる。

その岬の突端に若宮八幡神社は鎮座する。





c0222861_217134.jpg


中原中学校のグラウンドの端に残る前方後円墳は少し高台になっていた。
約40m。6世紀中頃ということだから、
磐井と同時代の人物だ。





グラウンドはきっと多くの史跡があったのだろう。

古い小中学校は遺跡の上にあると言っても過言ではないと思う。
神社のそばで平坦な土地が選ばれやすいからだ。

ある意味、イヤシロ地が大切な子供たちのために使われるという傾向がある。



地形を眺めていると、古墳の位置が神社に対して配慮があるのが感じられる。

この時代、もし、戦いがあって占領者がいると、
示威行為として、神社を動かして築造する可能性も有るのだ。

姫方遺跡は弥生から古墳時代まで連続しているという。
これは戦いによる侵略が無かったことを意味するのだろう。




ここは物部か。
市杵島姫を祀っていたのは物部だ。

この丘陵は物部氏の掌握する工房などがあった丘ではないか。
そんな感想をウメと交わした。

すぐ西には吉野ヶ里遺跡がある。
吉野ヶ里は弥生終末と共に一時期、人がいなくなる。
油比本村遺跡もそうだ。

姫方に連続性があるとしたら、かなり豊かな、
しかも力のある豪族の配下にあったと考えられる。




吉野ヶ里の西には櫛田神社を中心とする大伴氏のエリアを想定している。
ここは東側。
吉野ヶ里を挟んで大伴氏と物部氏が繁栄していたのかもしれない。


そんな印象を持った。
曖昧な知識ばかりだ。
かつて参拝した佐賀の神社の歴史をもう一度見直す必要があった。





若宮八幡神社(宮)赤
姫方前方後円墳 青












いつもポチっと応援ありがとう。
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村
c0222861_15184581.gif


[PR]
by lunabura | 2016-08-05 21:14 | 「ひめちゃご」 | Trackback | Comments(20)
トラックバックURL : http://lunabura.exblog.jp/tb/25874743
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by tukifune83 at 2016-08-05 21:32
仁徳天皇は八女にもたくさん祀られています。私もそれが不思議でしたので、今の取り組みの後に調べようと思っていた所でした。佐賀にもですか…。う〜ん。(´(ェ)`) by水月
Commented by lunabura at 2016-08-05 23:07
同じくう~ん、です。
八女や大和、山門、予想外の展開がありそうですな…。
Commented by チェリー at 2016-08-06 00:26 x
yahoo地図かgoogle mapでも、「七夕神社(媛社神社(ひめこそじんじゃ))」を拾っていただいて、そのままパソコンの矢印で上にスクロールしていただくと、御勢大霊石神社に至ります。参道はどちらも東を向いているのですが、その先に何かを見つけることはできませんでした…
でも、七夕神社から正確に南東の方向に、久留米市の「豊姫神社」がありました。豊姫神社の正確なラインが、やっと見つかりました。
Commented by 通りすがり at 2016-08-06 03:44 x
ご紋ですが、亀に見えました。
Commented by lunabura at 2016-08-06 20:43
チェリーさん、地図が出来上がったら、お知らせくださいませ。ボチボチで結構ですので^^
Commented by lunabura at 2016-08-06 20:44
通りすがりさん、コメントありがとうございます^^
Commented by チェリー at 2016-08-06 22:11 x
はい、ポイントを増やしている最中ですので、少しお時間をください。
若宮八幡神社から240°の方向に虚空蔵山と申しましたが、何で気がつかなかったんだろう…
神埼の櫛田神社が240°にありました。誤差ないかもしれません。
Commented by lunabura at 2016-08-06 23:05
そうすると、この神社は重要な宮ということになりそうですね。引照点になったような感じ?
神崎にも物部がいたというので、彼らの独特のラインというのがあるのでしょうか。
Commented at 2016-08-06 23:12 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by lunabura at 2016-08-07 22:13
非公開さん、ありがとうございます^^
Commented by チェリー at 2016-08-08 10:20 x
屏山が60°に見える位置に若宮八幡神社を造って、反対側にそのまま直線を延長して櫛田神社を造ったというように思えます。元々は屏山が基準で、若宮八幡神社→櫛田神社の順番になるのかなぁ…
まだいろいろありそうですよ~長崎本線を超えて北側の団地の中に「姫方遺跡雌塚」がありますよね、ここの真南が物部神社です。逆に真北は九千部山の頂上三角点でした。これも誤差なしのようです…
Commented by lunabura at 2016-08-08 20:45
謎の屏山を引いているのですか(驚)
逆に見れば、屏山の謎が解けるかもしれませんね。

雌塚、雄塚があるらしいですが、その日は行きませんでした。
でも、物部神社に繋がるとは。
ここをモデルにすれば、他の場所も考察できるような地域かもしれませんね。
Commented by チェリー at 2016-08-09 00:39 x
屏山の謎って何なんですか?
とりあえず、大分八幡宮は屏山が南東に見える位置にありますけど…
書き忘れましたが、若宮八幡宮から見て、夏至の太陽は馬見山の頂上から昇るようです。
Commented by lunabura at 2016-08-09 20:36
屏山の謎というものがある訳ではありませんが、
何故か歴史に出てこないという点で謎なのです。
私と読者一名で噂しているだけですが…。

若宮八幡宮から見て夏至の太陽が馬見山から出るなんて、ドキドキしますね。天文観測所でも兼ねていたのでしょうか。

Commented by tukifune83 at 2016-08-12 23:49
こんばんは♪
屏山、私も気になっていてちょっと調べてみたらこの漢字、中国、苗族(ミャオ族)が出てきますね。この苗族、現代日本人にとても似た食生活でちょっと驚きました。餅、納豆などなど。おまけに恋愛で歌を交わす所もそっくり。アニミズムで、文字を持たなく口伝だということも古代の日本にそっくりでした。(^_^)
関係ない話ですみませんです。(汗)by水月

Commented by lunabura at 2016-08-13 21:33
ミャオ族が屏山とつながるんですか\(◎o◎)/!
どう検索したらいいのですか?
Commented by tukifune83 at 2016-08-13 22:11
銀千代です(^^)/
wikiで屏山を検索する事から始まったのですが、なんと中国の屏山が銀が育った筑豊の屏山に面影が・・・(^o^)
苗族はお顔も似てるような…食も、生活も。
しかも筑豊の屏山は他にはない名前で、お里を思い出せば里の名前をつける・・・なんてこともあるかな~って思ったりしております(^_^)
Commented by lunabura at 2016-08-13 23:44
ミャオ族は日本人とホント良く似てますね。
屏山で繋がるとなると、急にリアリティが出てきます。
何だか楽しみです。
Commented at 2016-10-24 02:48
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by lunabura at 2016-10-24 23:29
どんな感じですか?
line

綾杉るなのブログ 神社伝承を求めてぶらぶら歩き 『神功皇后伝承を歩く』『ガイアの森』   Since2009.10.25


by lunabura
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー