ひもろぎ逍遥

lunabura.exblog.jp ブログトップ

ひめちゃご8松尾弁財天1神社の上方から見える二上山



ひめちゃご8

松尾弁財天1 八女市
神社の上方から見える二上山
 



松尾弁財天について、ゆっくりと記事を書きたいのだが、
ここから見える遠い山の事が気になってずっと書くことができずにいる。


本殿についてはまた改めて書く予定だが、
この神社の上方に工事用の舗装道路が出来ていて、
そこから山並みの峠の向こうに二上山が見えるのだ。



c0222861_2283273.jpg





c0222861_229411.jpg

写真を撮った所は谷の上方で、道は谷に平行している。




c0222861_2292054.jpg

少し移動した所から。





現地では東北よりではないかと推測して、
山の形から英彦山ではないかと思った次第。

チェリーさんに画像を見せずに質問して迷惑をかけてしまった。

この景色は空気の澄んだ日でないと見えないだろう。

このV字の重なりを延長した所をカタカムナではイヤシロチという。

古代の人はこの景色を知って、祭祀をしたのではないかと思うと、
山の名が知りたくて筆が止まってしまった。



地名に「浦」がついているそうで、
経験から、山にある「浦」は展望が効く所に付いている。

分かりやすい例として
「月の浦」は対岸の宮地岳に月が稜線に沿って昇るのが見える所、
そんな感じだ。

ここもこの稀有な景色見えるのが「浦」が付く理由ではないか。

ところで、何の浦なのか、忘れてしまった。
きっとギン、ミナヅキがコメントを入れてくれるだろう。



マップを出そうとしたが場所も分からない。




※コメントの返事は明日までお待ちくだされ。



いつもポチっと応援ありがとう。
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村
c0222861_15184581.gif


[PR]
by lunabura | 2016-08-31 22:16 | 「ひめちゃご」 | Trackback | Comments(11)
トラックバックURL : http://lunabura.exblog.jp/tb/25944041
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by tukifune83 at 2016-08-31 23:05
銀です。
大浦ですね。大浦山、現在は名が消えているのかも・・・。
古地図には名が残っております。
弁財天社は地図上から消えております。
Commented at 2016-08-31 23:53
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by チェリー at 2016-09-01 01:50 x
lunaさん、こんばんは。
やはり石割岳と平野岳でした。
不手際があり、申し訳ありませんでしたが、画像をお送りいたしました。うまく届きましたでしょうか?
英彦山ではありませんでしたが、神秘的な姿です。
標高が1000m近くもあり、印象も強いですねぇ…
この地方のシンボル的な山なのかもしれませんねぇ…
Commented by lunabura at 2016-09-01 21:57
チェリーさん、あいにく画像が開けません(涙)
別のメアドを書いて返信しているので、そちらにお願いします。
楽しみです!
Commented by まーりん at 2016-09-02 14:43 x
弁才天 竹生島神社(都久夫須麻)、そして松尾弁才天と連想が拡がるのですが(水月さんに便乗中)、竹生島には峰が2つあること、二上山等との関連を思いついた方がいました。
ご参考まで
http://ameblo.jp/kappa1959/entry-12183604894.htm

昨日、るなさんの代わりに秩父神社にお参りし、資料代をお納めいたしました。
(お賽銭箱には、すでに「感謝」と大書した立派な祝儀袋が入っていたので、わたしももっとお納めせねばならんということか!?・・・と血の気が引きました)
その節はありがとうございました。今後もよろしくお願いいたします(^o^)
Commented by tukifune83 at 2016-09-02 23:05
るなさん、こんばんは♪いよいよですね。楽しみにしています。(^_^)

まーりんさん、こんばんは♪竹生島神社情報、ありがとうございます!ところが…。貼って頂いている何ですかね、URLって言うのかな?それがエラーが出ちゃって見れないのですが…私だけかしら⁉
便乗、大歓迎です!!!皆さん誰しもご一緒に、るなさんワールドへのめり込みましょ。(*´∀`*)
by水月
Commented by まーりん at 2016-09-03 01:58 x
水月さん、便乗させてもらってます♪
ありがとうございます♪

リンク切れですかね 記事は存在しておりますよ
「常陸国ふしぎ探検隊-それは天津甕星から始まった」
http://ameblo.jp/kappa1959/

お手数ですが、ここからブログトップに行っていただき、最新記事の一つ前の記事「87.竹生島神社(都久夫須麻神社)探検記」をクリックしてみてくださいませ。
今度はだいじょうぶなはずです。
Commented by tukifune83 at 2016-09-03 20:06
まーりんさん、ありがとうございます。m(_ _)m見れましたー!
ほんとにきれいな二上山ですね。市杵島姫は勿論ですが、摂社にオオナムチがお祀りされているのも気になりました。私には、元々は浅井姫をお祀りされていた様な感じがします。この地域の女首長だったのかもしれませんね。また一つお勉強になりました。ありがとうです! by水月
Commented by lunabura at 2016-09-03 23:54
まーりんさん、参拝してくださってありがとうございます。
まさかのご縁でした。
繋がってますね^^
Commented by lunabura at 2016-09-03 23:55
水月さん、少しずつ書いていきますね。
その節はお世話になりました♪
Commented by tukifune83 at 2016-09-04 00:08
るなさん、こんばんは♪いえいえ、とんでもないです。神秘の松尾弁財天を感じて頂いて感無量です。(泣)
line

綾杉るなのブログ 神社伝承を求めてぶらぶら歩き 『神功皇后伝承を歩く』『ガイアの森』   Since2009.10.25


by lunabura
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー