ひもろぎ逍遥

lunabura.exblog.jp ブログトップ

ひめちゃご15 天道、乙姫、於保美和



ひめちゃご15

天道、乙姫、於保美和
 




ついでと言っては何だが、
ミナツキが気にしている「天道社」が太神(おおが)にもある。
祭神が「天下皇神」とだけしか分からない。

面白いことに、それは溝を隔てて「乙姫神社」と背中合わせに建っているという。

「乙姫神社」は先述のように祭神が「豊玉彦・豊玉姫」だが、
慶応4年の由来縁起には
「川上明神、祭神罔象女(みずはめ)神・瀬織津姫神」と書かれているという。

水の女神たちだ。これまでに出て来た神々である。

近くの川の名を調べると、矢部(やべ)川ではないか。

あの釜屋神社の美しい緑の水はここに流れていた。

そして、松尾弁財天の横を流れる辺春川も矢部川に注いで
この太神宮・釣殿宮のそばを流れていくのだ。
その水源の山が犬岳となる。

これまでの一連の水の女神と中大兄調査は矢部川で結ばれていた。

中大兄皇子を追ってここまでやって来たことが、
無関係ではなかったことに驚かされる。





c0222861_2164150.jpg

(釣殿宮の東側面)





今、「ひめちゃご」の旅は矢部川の中流から下流域を辿ったことになる。



ここ、みやま市は中大兄皇子の時代はまだ有明海の波に洗われていた。
点在する島の中、皇子は釣殿宮から犬岳を望んだ。

その山こそ矢部川の水源の一つであり、
春分・秋分の日の出に輝く山だった。


「ひめちゃご」で何を知らされているのか。
中大兄の足跡から、おぼろげに見えてきた気がする。




さて、この「太神」(おおが)という地名は、
「倭妙類聚抄」では「於保美和」(おほみわ)と読み仮名が付けられていたという。

「大神」で「おおみわ」と読ませるのは他に、
福岡市東区の大神神社がある。

神功皇后が船舶を集めたが集まらず、大三輪の神に祈ったと

『日本書紀』に書かれた所だ。

共通するのは鉄。

このみやま市の「太神」(おおが)にはかつて鍛冶屋がずらりと並んでいたという。
東区の「大神神社」の裏手の古墳群では古代製鉄所の跡が発見されている。
(『神功皇后伝承を歩く』下巻68大神神社参照)




さて、さらに。

チェリーによれば
犬岳と麻氐良(まてら)山には繋がりがあるという。

ちょっと驚いた。
麻氐良山からイザナミだけを降ろして祀ったのが中大兄皇子なのだ。

母の斉明天皇の病気平癒の祭祀と考えている。
そこに今なお謎とされている「橘広庭宮」の位置が書かれている。

これが9月の歴史カフェのテーマと重なって来た。

そして、「ひめちゃご」の矢部川の旅の始まりとも。


めまいのように思える水のきらめきの幻想と倭国の終わりの時。

そして、ヘバルとヤーベ。



その深淵を覗くことに、たびたび立ち止まりたくなる。
それでも、一歩ずつ、書いて行こうと、その都度心に言い聞かせている。






ちなみに、星読が行きたいと言っていた「田中物部神社」も
釣殿宮から西に300mといったところか。


矢部川










いつもポチっと応援ありがとう。
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村
c0222861_15184581.gif


[PR]
by lunabura | 2016-09-13 21:08 | 「ひめちゃご」 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://lunabura.exblog.jp/tb/25978921
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by tukifune83 at 2016-09-14 00:10
こんばんは。(^_^)
すみません、天道日女神に夢中な水月です。(笑)こちらのお宮かどうかは未確認ですが景行天皇もこの地域に立ち寄った様ですね。最近、景行天皇の巡幸を勉強しているのですが(今更。汗)まぁ、見事にというかキレイにというかこの奥八女は外しておられますね。もちろん山も険しい難所ですし、人も住まない様な場所だからかもでしょうが…。
私的には旅の終わりに久津媛にご挨拶している様に思えるのがとても興味深く惹かれています。(^_^)
by水月
Commented by チェリー at 2016-09-14 01:33 x
水月さん、こんばんは。
八女の山の中を国道が通ってると思ったら、国道3号線なんですね!
何でまたわざわざ峠を超えてと思うのですが、やっぱ、山鹿市を通って熊本市へというのがメインのルートになるんでしょうか?
Commented by tukifune83 at 2016-09-14 01:53
チェリーさん、こんばんは!
すみません、地理的な事、国道とか…。全く水月には分かりませんので、(汗)その辺りは担当の銀に代わります!(〃∇〃)
Commented by tukifune83 at 2016-09-14 02:01
チェリーさんこんばんは(^o^)
担当銀千代です(^o^)
現在の三号線ですが、川沿いに有り、古代より通り道だったようにおもえます。
沢歩き。古代人なら最高のルートでしょうね~(^^)
現在は、峠というよりも丘を越えて熊本方面に行けます。
地走りの運転手さん達は熊本からなら高速よりもこちらが多いでしょう。
銀も熊本市内からなら三号線使いますよ(^^)/~~~
Commented by チェリー at 2016-09-14 23:27 x
銀千代さん、水月さん、ありがとうございます。
かなりの山中だと思ったのが、九州の代表的な幹線道路が走っていることに驚いてしまいました。
何かヒントになりそうな、なさそうな…
バイクで走ると気持ちよさそうですね!
Commented by tukifune83 at 2016-09-16 22:40
チェリーさん!
馬道ですね~(^^)
今は鉄馬がたくさんいますよ(^o^)
line

綾杉るなのブログ 神社伝承を求めてぶらぶら歩き 『神功皇后伝承を歩く』『ガイアの森』   Since2009.10.25


by lunabura
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー