ひもろぎ逍遥

lunabura.exblog.jp ブログトップ

ひめちゃご34 巫女舞に秘められたもの



ひめちゃご34

巫女舞に秘められたもの
 


宮地嶽神社の筑紫舞は昼間の祭事だが、
前夜祭があっていて、その夜にも同様に舞われている。

ウメとタケはその前夜祭に行ったという。

ウメ「タケが巫女舞で気づいたのよ」
るな「何々?」

タケとウメが交互に説明してくれた。

それは見えない世界の話だ。

しかし、心の奥に深く染み入った。

二人から聞いた話そのものは上手く表現できない。
私が感じたままその世界を描いてみたい。

画像は3年分を混ぜている。

舞手は5人の時もあれば6人の時もあった。






c0222861_22185829.jpg

巫女たちは神楽鈴を手にして四方に向かい、音を鳴らす。





c0222861_22221951.jpg

その鈴の音は人々に届き、その中の「カタチのモト」を呼び出す。


宇宙の一元から生まれた「カタチのモト」は、
時と共に次第に本来の姿を変形させている。



c0222861_2222532.jpg

変形しながらも「カタチ」に留まっている「カタチのモト」は
巫女の鳴らす鈴の音に呼び出されて集められる。







c0222861_22233896.jpg


そして、それらは天に返され、再び「本来のカタチ」に戻される。
  








c0222861_2224263.jpg

「本来のカタチ」に整うと、
巫女たちは扇を手にして、それらを「かたち」に戻していく。




こうして境内に集う人々は本来の姿に戻る。



これが巫女舞の在り方とタケは言う。


目に見えない粒子の世界。
感情によって歪められた「カタチのモト」が正されて再び肉体に留まる。

神道の祓いの奥義。







いつもポチっと応援ありがとう。
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村
c0222861_15184581.gif


[PR]
by lunabura | 2016-12-01 22:27 | 「ひめちゃご」 | Trackback | Comments(9)
トラックバックURL : http://lunabura.exblog.jp/tb/26194458
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 七色 at 2016-12-02 10:10 x
連日お世話になっております。
昨日 ご縁あるメンバーにて
那珂川へお参りへ行き急遽、
宮地嶽神社へ行く運びとなりました。
偶然にも1日に…
参拝後 宮地嶽の階段を降る時、なんとも言えない 
これからの強き課題の風を感じました。
すごい風でした。

ありがとうございましたm(_ _)m
Commented by lunabura at 2016-12-02 21:04
この記事をUPした日日に参拝されたのですね。
これまたシンクロですね。
Commented at 2016-12-03 07:11 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2016-12-03 17:04 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by lunabura at 2016-12-03 19:44
非公開1さん、了解です。
でも、私にもそこに連れていくと言われましたが(笑)
( ..)φメモメモ
Commented by lunabura at 2016-12-03 19:46
非公開2さん、ありがとうございます。
Commented at 2016-12-04 21:43 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by lunabura at 2016-12-04 21:56
何が「ということ」でしょうか(笑)
Commented at 2016-12-10 05:18 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
line

綾杉るなのブログ 神社伝承を求めてぶらぶら歩き 『神功皇后伝承を歩く』『ガイアの森』   Since2009.10.25


by lunabura
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31