ひもろぎ逍遥

lunabura.exblog.jp ブログトップ

ひめちゃご43 狩尾岬の天智天皇



ひめちゃご43

狩尾岬の天智天皇
 


バスハイクで千畳敷を案内したいと思い、再び訪れた。









c0222861_22431194.jpg

行けども行けども、知らない光景だ。










c0222861_22433838.jpg

ここは山鹿半島から響灘(ひびきなだ)に突き出た狩尾岬。










c0222861_224414.jpg

ぐるりと「なみかけ遊歩道」があって、海岸沿いに歩くことができる。


あとで調べると、結局、もう一か所、同じ千畳敷という海岸が存在したのが分かった。

例の如く、勘違いして訪れたのだが、そのお陰で天智天皇の伝承に出会った。






天智天皇がこの岬の山で狩をしたという。そこから「狩尾」の名がついた。

狩は軍事訓練の一つだ。
遠賀水軍や陸軍など多くのものが関わったのだろう。

時期は遠賀川中流域の中間市「磐瀬」にある行宮(あんぐう)に
滞在している時と考えられる。
まだ中大兄皇子と称した頃だ。

斉明天皇も元気だった。









c0222861_2245545.jpg

帰り道に視界に入って来るのが「洞山」(どうやま)の「洞穴」。
神功皇后が矢で射た穴が大きくなったという。

このような地形は世界中にあるので、海人族の湊の印だろうと考えている。

この穴がいつ頃、掘られたのかは分からないが、
同じ光景を中大兄皇子も見たのではないか。







c0222861_22452797.jpg

二つの小山の左が「堂山」右が「洞山」だ。
どちらも「どうやま」と読む。
思いがけず、先日のバスハイクの時、この堂山で遊んだ。

もう三度も続けてこの芦屋の磯で遊んだことになる。




                       <2016年12月21日>









いつもポチっと応援ありがとう。
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村
c0222861_15184581.gif


[PR]
by lunabura | 2016-12-21 22:48 | 「ひめちゃご」 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://lunabura.exblog.jp/tb/26255356
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
line

綾杉るなのブログ 神社伝承を求めてぶらぶら歩き 『神功皇后伝承を歩く』『ガイアの森』   Since2009.10.25


by lunabura
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー