ひもろぎ逍遥

lunabura.exblog.jp ブログトップ

ひめちゃご48 八所神社3 古代天文の民がいたのか



ひめちゃご48

八所神社3 

古代天文の民がいたのか
 



さて、縁起のもう一つの注目点は星の描写である。

<叢雲の中から、宝剣の形をした光が燦然(さんぜん)と輝き、
南斗、北斗破軍星、太白、鎮星、九曜、七曜、二十八宿の諸星が
光る宝剣を守るように八方から照らし、南の方をさして進んで行った。>

これを見て、その星々をイメージできる人が何人いるだろうか。

私は北斗と太白と鎮星は分かったが、
あとはネットのお世話にならねばならなかった。

このヤマトタケルの物語を愛した里人たちは、
星の意味が分かっているので、こんな派手な振り付けをしたのだ。

この「二」の人たちは天文学の知識に長けていたと言わざるを得ない。
天文占いをしていたのだろう。




さて、せっかくだ。
この機会にこの里人たちに負けないように調べておこう。

「南斗」
南斗は北斗七星と似ているが、六星で構成されている。



c0222861_21172019.jpg

(画像出典 ウィキぺディア)

<北斗は死をつかさどるとされ、白い服を着た醜い老人の姿で描かれる。
南斗は生をつかさどるとされ、赤い服を着た醜い老人の姿や、
逆に若い美しい男の姿で描かれる。>ウィキペディアを改変

真鍋も北斗と南斗について書いている。

<祖先は北斗を末期の水をすくう匙、南斗を復活の薬を汲む匙とみていた。>
<北斗は人間の死を登録する神。南斗は人間の生を延命する神。儺p20>

北が死の世界、南は生の世界というイメージは遠い昔からあった。
ただ、この縁起では何らかの瑞祥として描かれている。



「北斗破軍星」
北斗七星の剣先にあるアルカイド星。




c0222861_2118850.png

(ウィキペディアより)

<北斗七星の柄先の星 (おおぐま座ηイータ) をさす中国名。
これを剣先に見立てて,その方向に向って戦うものは勝ち,
逆らって戦うものは負けるとして吉凶を占った。>ことばんく

<この星の守護を得ると戦に勝つと信じられていた。>ウィキペディア
破軍星は勝利のシンボルだった。


「太白」金星

「鎮星」土星

「九曜」
<インド天文学による9つの天体。
このうち七曜は実在する天体で、残りの二つは月の交点のうち、
昇交点(ラーフ)、降交点(ケートゥ)のことで、日食と月食に関わる。>
ウィキペディアを改変。


「七曜」火星・水星・木星・金星・土星・太陽・月

「二十八宿」
中国古代での、星座の区分。黄道(こうどう)を二十八に分けて、星座の所在を示した。

以上、簡単にまとめてみた。



こんな難しい専門用語が縁起で普通に語られるのだから、
この「二」の里人は天文の話は日常だったのだ。

占星術を行い、天文観測も実際にしていたのだろう。
ここも地形的に東西や北の目安の山を探すと面白いのかもしれない。

以上から推測すると、
ヤマトタケルもここにやって来たのは吉凶を占ってもらうためだったのかもしれない。

それがのちに、剣から立ち昇った叢雲の中に光り輝く宝剣が現れ、
それを囲んで諸星が宝剣を囲んで南に進んだという華やかなストーリになった。


当地にはその占星術が継続され、
斉明天皇もまた、吉凶を占って貰いに来たのかもしれない。

ふと、そう思った。








いつもポチっと応援ありがとう。
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村
c0222861_15184581.gif


[PR]
by lunabura | 2017-01-23 21:20 | 「ひめちゃご」 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://lunabura.exblog.jp/tb/26344612
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by くみりん at 2017-01-24 11:24 x
ご無沙汰してます。
何故か…見つかる仕事が水巻ばかりで、ここ5年ほどはずっと水巻で仕事してます。
これも何かご縁があるのでしょうね~
この八所神社のお話に興味津々です。
Commented by lunabura at 2017-01-24 21:34
そうですか。水巻の縁ですか。
八所神社の祭神を調べると、天皇を守護する八神でしたよ。
かなり由緒のある御宮です。
改めて参拝してみたいと思いました^^
ひめちゃご49に書いています。
line

綾杉るなのブログ 神社伝承を求めてぶらぶら歩き 『神功皇后伝承を歩く』『ガイアの森』   Since2009.10.25


by lunabura
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー