ひもろぎ逍遥

lunabura.exblog.jp ブログトップ

ひめちゃご56 ムナカタモノノベ


ひめちゃご56

ムナカタモノノベ
 



「脇巫女」のあらすじを書いていると、次々に疑問が湧く。
随時、星読に確認しながら詰めていったが、
資料を整理していると、一回目の結願のメモが出て来た。

結願の途中、「ムナカタモノノベ」が出て来た。
当時は理解できない内容だったので、書くことが出来なかったが、
今なら話が分かる。

そのあらすじは「脇巫女43―物部サンジカネモチ」に書いているが、
やはり分からずに書いていて、訂正が必要な部分があるようだ。
しかし、いまだに分からないというのが正直な感想だ。

今日はその時の対話を具体的に書いてみる。

足りない部分があるが、そこは関係者たちにコメントを入れてもらおう。

サンジカネモチは熱田モノノベの一員で、六ケ岳を守っていだが、
鞍手にはその前に開発者がいた。
それがムナカタ族だった。
のちにムナカタモノノベとなるようだが、
この日出て来た男は怒り心頭に達していた。


***


2016年2月23日。

ムナカタ「我の怒りをそなたは聞いておろう。
我らの思いを踏みにじるのが人間。
この地はそなたらものか。
この地を守るという我らの先人たちの思い。
何をもってもこの怒りはおさまらず。
守ろうとしたものが分かるか。

ムナカタを押さえるモノノベ。

我らムナカタ。

モノノベが分裂したのは知っておるな。
我らムナカタ族が大事な鉱山から採れるものをモノノベが奪い、
熱田神社の裏手に武器を隠しておった。
四方八方から狙われている。
ムナカタのものをモノノベが奪った。

フルベモノノベ358人。リーダーだ。
モノノベはヤマトタケルの出現で二手に分かれた。
思いを一つにしてまとまっていたのが、ヤマトタケルのせいで。
鉱山の武器の開発で思いがバラバラになった。

フルベモノノベはヤマトタケルについた。

何故モノノベが守っていた物をヤマトタケルに譲らねばならぬ。
我らはここを耕し、鉱山を見つけて暮らせるようにした。

ヤマトタケルは正義の味方か?
討ったわれらは悪役か?
ヤマトタケルは何人殺した。」

菊如「役がすり替わっているのですね。
ひもろぎに人が集まっています。
真実を解き明かしたいのです。
資料がないのです。
お手伝いさせてください。
モノノベの真実を知りたいのです。
知らなければ守れないのです。」

ムナカタ「九州は今の半分の大きさだった。
モノノベがいた。
この島国を狙い、シラギ、クダラらが船で目を盗んで住んだ。
日本を国外から守ることがせいいっぱいだった。
いつも戦い火薬や武器を造った。
元からの農耕の者とは仲良くやっていた。
戦闘が激しくなり、武器を持ち、隣国と戦った。
ヤマトタケルが統治するというが、全然違う。
モノノベは古くから日本にいた。

ムナカタモノノベの神はスサノオ。
三女神は熱田モノノベ。
鉱山には黒玉という貴重なものがあった。
相手を討てば一撃。ヤリ、カタナ、弓の矢、一撃で死ぬ。

星読「私の名前は分かりますか」

ムナカタ「サンジカネモチ。熱田だ。
お前が一番知っておろう。
サンジカネモチがヤマトタケルを殺した。
倒れて水を飲んだ。
血だらけで泉水で水を飲んだ。水銀の水。
鎧塚で死ぬと、鎧を埋めた。
五人のの守り人は中山の剣山にヤマトタケルを埋めて死んだ。
ミヤズヒメは熱田。
ヤマトタケルは日本人ではない。
ジングウは日本人。」
るなを見て
「そなたはヤマトタケルを。
どんな思いか、それは言えぬのう」
意味深な顔をして言った。
思いのたけを述べた男は「ああ、良い日だった」
と言って去った。

***

鞍手を開発したのはムナカタ族だが、
のちにモノノベに吸収され、ムナカタモノノベとなったようだ。
シラギやクダラの国名はずっとのちの時代のものだ。
現代人に分かるように代表する国名で表現されるのは、
よくあることだと理解している。

三韓を馬韓・辰韓・弁韓・伽耶諸国といわず、
百済・新羅・高句麗・任那というようなものだ。

楽浪郡と言っても分からない時には古代中国と言えば分かるのと同じ。

<2017年2月6日>











いつもポチっと応援ありがとう。
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村
c0222861_15184581.gif



[PR]
by lunabura | 2017-02-06 21:33 | 「ひめちゃご」 | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://lunabura.exblog.jp/tb/26383704
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented at 2017-02-06 23:01 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by lunabura at 2017-02-06 23:18
今ならよくわかりますね。
全体を見通す内容だから、当時は分からなかった。
当時の有力者は見通す力があったのですね。
Commented at 2017-02-07 07:24 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by lunabura at 2017-02-07 08:53
男性です。
Commented by gokuuan at 2017-02-08 13:25
お久しぶりですね。
あれから一年経つのですね。
振り返り わかったきた事が あります。
まったく今の世の中と同じで 登場人物の目線や
体験 考え方で 受け取る認識は違うのですね。
人に伝える時 思惑で語るのか ありのままで
伝えるのか? 受け取る人の 読み取り方‥‥など。
サンジカネモチも 人に利用されていた部分もあると この頃読めてきました。
世の中も思惑で動いているかもしれないなあ〜。
未だ 姿を現さない登場人物‥‥絡んだ糸が 解けるかなあ?
Commented by lunabura at 2017-02-08 23:22
いつの間にか一年経っていたんですね。
ちょっと驚きました。
Commented at 2017-02-09 18:26 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by lunabura at 2017-02-09 22:58
連絡が届いて良かったです^^
line

綾杉るなのブログ 神社伝承を求めてぶらぶら歩き 『神功皇后伝承を歩く』『ガイアの森』   Since2009.10.25


by lunabura
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー