ひもろぎ逍遥

lunabura.exblog.jp ブログトップ

ひめちゃご84 マエズ・ハウⅡスコットランド オークニー島&スカイ島



ひめちゃご84

マエズ・ハウ(メイズハウ)Ⅱ

スコットランド 
オークニー島 & スカイ島の小島
 


82回の続き。ひと月以上も経ってしまった。






c0222861_22423859.jpg

スコットランドのオークニー島にある5000年前の墓「マエズ・ハウ」の測量図だ。
横から見たら日本の古墳そっくりだが、チェンバーが三つあり、
内容はかなり違っていた。










c0222861_2243292.jpg

冬至の夕陽が入っている画像ではないかと思う。







c0222861_22431939.jpg

落書きされたルーン文字。
これはバイキングによるもの。


5000年前の文化とはいったいどれほどのものか。
このようなものを見ると、自分の想像力の小ささをいつも痛感する。




さて、82回に書いていた「とんでもないもの」を今見直してみると、
大したものではなかった。

答えはスカイ島の小島の様子だ。
相島の鼻栗瀬とそっくりなのだ。








c0222861_22434372.jpg

ホテルからすぐ目の前にある小島が目に入った。









c0222861_2244040.jpg

島のピークにダン・ベーガン城があって、そこからも良く見えた。

私は洞穴があるのを確信して、ギリギリの所まで歩いて行った。


そして撮った画像がこれだ。








c0222861_2245314.jpg

こうしてみると、鼻栗瀬のようであり、志賀島の二見岩のようでもある。



どうやら、「相島とケルト」は私の心の中では一つの導火線に当たるようだ。
これからも、この導火線が一つの物語を紡ぎ出すのだろう。

メモを見ると、
このダン・ベーガン城で偶然、一人のアメリカ人(?)に遭遇していた。
彼は日本で8年間修行し、ここに呼ばれて来たのだという。

この日、こうして出会ったことも今では何か意味があったのかと、懐かしく思う。


そして、夜中にUFOが出たのもここ。

スコットランドはこうして心の中にいつも生きていた。

日本―エジプトースコットランド

というラインで。


(画像はアルバムを撮ったので、光が写りこまないように斜めになったりしています。
きれいにしようとすると、さらに記事が遅れるので、このままUPしますね)

<2017年8月6日>











いつもポチっと応援ありがとう。
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村
c0222861_15184581.gif


[PR]
by lunabura | 2017-08-06 22:47 | 「ひめちゃご」 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://lunabura.exblog.jp/tb/26871151
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by g22 at 2017-08-09 13:12 x
バイキング文字 入手しとります。私がいった島は、そこまでないですが、そこより古いのは確か。
Commented by lunabura at 2017-08-10 21:41
バイキング文字、面白そうですね。
line

綾杉るなのブログ 神社伝承を求めてぶらぶら歩き 『神功皇后伝承を歩く』『ガイアの森』   Since2009.10.25


by lunabura
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31